【必見】あさりの砂抜きは真水か塩水か?砂抜き方法と保存や時短も

「あさり」は、旬の時期や潮干狩りのシーズ
ンには食べる機会が増えます。
食べることができるのは嬉しいのですが、口
の中で ”ジャリ” となると美味しさ半減です。

そこで、今回は、「あさり」の砂抜きの方法と
保存についてご紹介します。
時間がない時のための時短で砂抜きする方法も
お話していきますよ。

スポンサーリンク

あさりの砂抜きは真水それとも塩水?

あさりの旬は、3~5月9~10月と年2回あります。
この時期の「あさり」は、身がぷりぷりしていて美味しいですよね。

でも、砂が残っていると、食べたときに ”ジャリ”っとして残念な
気持ちになります。
   
なので、せっかくの旬の「あさり」を上手に砂抜きして、美味しく
いただきましょう♪
   

そこで、まず悩むのが、
「砂抜きは真水でするのか、それとも、塩水なのか?」です。

あさりは、海水に住んでいるので、塩水に浸けると、元気になって
砂を吐いてくれます。
真水だと、死んでしまい砂を吐いてくれません。
   

なので、あさりの砂抜きは、「塩水」で行いましょう。
この時の塩分濃度は、「海水程度(3%)」です。

   

あさりの砂抜きをする方法

さて、そんな「あさり」の砂抜きは、ちょっと面倒に感じますが、
方法を覚えれば簡単にできますよ。

   

では、早速、砂抜きの基本的な方法をご紹介します。
   
ここでのポイントは、「海水程度の塩水」で砂抜きすることです。
「海水程度」とは、濃度3%くらいの塩水です。
   

☆あさりの砂抜き~基本的な方法

・ あさり 300g
・ 水   300cc
・ 塩   9g・・・小さじ2弱(※ 塩 小さじ1は、約5g)

   

(1)ざるタイプのバットに 水 300cc と 塩 小2 を入れ、
   よく溶かして塩水を作ります。
   

(2)軽く洗ったあさりを重ならないように入れ、あさりが少し出
   るよう塩水の量を調節します。
   

(3)バットに箸を渡し、新聞紙をかぶせます。

   ※新聞紙・・・光を遮り、塩水の飛び散りを防ぎます。
   

(4)スーパーで購入したものなら1時間以上。
   潮干狩りでのものなら3時間以上置きます。 

   ※ 夏場は、大き目のタッパーに入れるなどして、
     冷蔵庫に入れておきましょう。
   (気温が高いとあさりが腐ってしまいます)

スポンサーリンク

   
(5)塩水の中で1~3時間以上経ったら、砂抜きは完了です。
   貝殻をしっかり洗ってから料理に使いましょう。

   

砂抜きの最中は、あさりが塩水をピューピュー飛ばします。

キッチンがびしょびしょにならないように、しっかり新聞をかぶせ
ておきましょう。

ただし、あさりが呼吸できるように少しだけ隙間をつくっておいて
ください。

生きているあさりの様子を、子供と一緒に観察してみるのも楽しい
ですよ。

   

あさりの砂抜きしたものを保存するには?

では、砂抜きしたあさりの保存方法はどのようにすれば良いので
しょうか?

保存したい期間によって、保存方法が異なります。
   

☆1~2日に食べる場合
   
あさりの水をしっかり切って、ビニール袋などに入れて冷蔵庫
で保存。
   
保存目安:2~3日程度

   

☆長期保存
   
あさりの水気を切り、フリーザーバッグに詰めて冷凍庫
に入れます。

※ 冷凍のまま調理してください。
   
保存目安:1か月程度

   

あさりの砂抜きを時短でする方法は?

あさりの砂抜きの基本方法では、砂抜き完了まで1~3時間は
かかります。

でも、潮干狩りで捕ったあさりの場合は、「すぐ食べたい~」と
なりますよね。
こんな時でも、夕食に間に合わせる方法があります!
   

ということで、時短であさりの砂抜きをする方法をご紹介しま
しょう。
   

☆時短でする方法(塩なしでOK)
   
(1)50度のお湯を用意します。
   

(2)あさりを浸けます。
   

(3)5分間そのままにしておきます。
   

(4)水道水で貝同士をこすり合わせてよく洗います。

   

50度のお湯の作り方は、沸騰したお湯に同量の水道水を混ぜれば
OKです。

この方法なら、準備から砂抜き完了まで、10分程度でできるので、
便利ですよ。

   

さいごに

旬の「あさり」は、ぷりぷりで美味しいです。
ただ、砂抜きが必要なので、ちょっと面倒・・・。
しかも、真水なのか塩水なのか?

「あさり」の砂抜きは「塩水」でします。
そして、「あさり」の砂抜きって、やってみると案外簡単です。

   
砂抜きした「あさり」の保存方法も簡単。
   

「砂抜きする時間なんて無~い」という場合でも、大丈夫です。
時短で砂抜きする方法がありますよ。
   

上手に砂抜きした美味しい「あさり」で、春の味覚を堪能しま
しょう。

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする