【70代男性へのプレゼント】一人暮らしの父へ贈るグッズや脳トレ

70代は健康の別れ道で、予防がとても大事な時期と言われています。
とくに1人で暮らしているお父様の健康は気になりますよね。
そこで、健康維持について必要な知識に触れながら、プレゼントに最適な健康グッズと脳トレをご紹介します。
この記事を読むことで、さらに家族に対する健康への関心が高まり、いつまでも健康な身体でいてもらえるような助けができるようになりますよ。
ぜひ、最後まで読んでみてくださいね。

スポンサーリンク

健康維持に必要なことを知って、適切な健康用品を選ぼう

「健康グッズをプレゼントしたいけど、色々あってどれが良いかわからない」
「認知症予防に脳トレがいいっていうけど、なんでもいいの?」
このような疑問を持つ方はたくさんいるのではないでしょうか。
そこで、まずは、70代の方の健康維持に関する知識を深めていきましょう。

健康維持のためには、
「認知症の予防」
「動脈硬化などの生活習慣病の管理」
「筋力や関節の柔軟性、バランス能力」
が大切です。

2019年の厚労省のデータから、介護が必要になる原因とその割合は、以下のようにいわれているためです。
① 認知症(18%)
② 脳卒中(16%)
③ 高齢による衰弱(13%)
④ 骨折、転倒(13%)
⑤ 関節の疾患(11%)
⑥ その他

たとえば、「最近歩くのが遅くなって転びそう」と感じたら、転倒予防に大切なこととして、筋トレ、ストレッチ、バランス運動が必要となります。
また、血圧が高くて心配と考えている人には、血圧を管理しながら有酸素運動をしていただくために、血圧計が必要です。

つまり、健康を維持していくうえで、
・その人がどんなことに不安を抱えているか
・または周りの人がどんなところを不安に感じているか
で、おすすめするアイテムは変わってきます。
   

【70代男性へのプレゼント】一人暮らしの父へ贈る健康グッズのおすすめは?

では、健康維持のための知識を知ったうえで、何を選べばいいのかご紹介いていきます。
   
健康グッズでは、以下の6点がオススメです。

① ストレッチ器具
② バランス器具
③ 血圧計
④ 体組成計
⑤ 姿勢矯正チェア
⑥ ウォーキングシューズ

それぞれ目的が違うので、説明していきます。
   
① ストレッチ器具
対象:体に柔軟性がない、運動機能を維持したい方

主に硬くなった筋肉や筋膜を伸ばすことで、姿勢のバランスが整い、筋肉が伸び縮みしやすいことで筋力がアップします。
ちなみに、ストレッチは最低でも30秒以上しないと効果がなく、心地よい痛みの範囲で行うことがポイント。
   
おすすめ器具として、ストレッチポールストレッチングボードをご紹介。

◆ストレッチポール
ストレッチポールの上にほぐしたいところ、動かしたいところを乗せて転がせば、筋肉や関節の柔軟性が出てきます。
姿勢によってバランスが要求されるので、バランス運動としても有効。

例えば、猫背の姿勢をまっすぐにしたい時は、ストレッチポールの上に背中全体をのせることで姿勢を矯正できます。
   
◆ストレッチングボード(La-VIE ストレッチボード のびちゃん)
ストレッチングボードは、傾斜のついた板上の器具です。
この器具の上に足を乗せると、ふくらはぎが伸ばされ、足首が柔らかくなります。
足をのせる場所にぶつぶつがついており、足の裏を刺激。
人のカラダは、足の裏の感覚を頼りに足首でバランスをとることが多いので、ふくらはぎの柔軟性と足裏の刺激はとても重要です。
   
《ストレッチ器具の注意点》
筋肉をストレッチした直後は、リラックスした状態となり一時的に筋力が低下します。
なので、休憩をとってから動くようにしてくださいね。
   

② バランス器具
対象:運動機能を維持したい方

バランスを良くしたい時は、不安定な姿勢を保つバランス練習と、筋力をつける運動の組み合わせが必要です。
今回は、高齢の方でも低リスクでできるクッションタイプのバランスディスクを紹介します。

〈タニタ タニタサイズ バランスクッション TS-959〉
表面がすべりにくい素材で、空気が抜けにくい、ソフトなバランスディスク。
立った状態で使ってよし、椅子の座面に置いて体幹のバランス運動をしてもよしの使い勝手がいいアイテムです。

※バランスディスク使用の注意:必ず両手で支えられるところで行ってください。
初めは両方の手のひらで支え、徐々に指先だけで支えるようにして練習するのがよいです。



   

③ 血圧計
対象:血圧が気になる方

血圧計は上腕で測るものをおすすめします。
なぜなら、上腕で測定する方が正確だからです。
手首式の血圧計は、手の位置で数値が変動することがあり、上腕式の方が数値のばらつきが出にくいから。

プレゼントしたら、毎日血圧を管理する習慣をつけてもらいましょう。
測定は起床後と寝る前の2回。

また、高血圧の原因の一つである動脈硬化には、有酸素運動が効果的です。
ウォーキングの開始前と終わった後で血圧の測定を行い、運動継続へのモチベーションアップにつなげられると○。

〈オムロン 上腕式血圧計 HEM-7120〉
安価で一般的な上腕血圧計です。
カフを上腕に巻いて開始ボタンを押すだけのかんたん操作。

〈タニタ 上腕式血圧計 BP-224L〉
少し値段が上がりますが、カフにつまみがついており、片手でかんたんに上腕に取り付けられるのが特徴。
また、Bluetooth通信に対応し、スマホでデータを管理したい方におすすめ。
   

④ 体組成計
対象:健康に関心がある方全般

体組成計とは、自分の体の健康状態を測るものです。
選ぶときは、体重計型のものを選んで下さい。

重要な測定項目は、以下の通りです。
・体重     :体重の急激な減少は、要介護前の状態を反映します。
・内臓脂肪レベル:脂肪がついた内臓は機能が落ちて、糖尿病などの病気を起こします
・筋肉量    :筋肉量は歩く速さやバランス能力、虚弱体質を反映します。
・推定骨量   :転倒時の骨折リスクを知ることができます。

〈タニタ 体組成計 BC-333L〉
数値が正確で、立ったまま数値が見やすい体組成計。
値段も体組成計の中では平均的。
健康維持に必要な項目はすべてそろっているので、これで十分。



   

⑤ 姿勢矯正チェア
対象:運動機能を維持したい方、姿勢が悪くなったと感じる方

背骨が曲がり、骨盤がうしろに倒れる猫背の姿勢は、体幹の力が十分に入らなくなり、足や肩の関節症、背骨の変形を引き起こします。
体幹は体の土台部分なので、不安定になると他の体の部分が過剰に働いて姿勢を保とうとするからです。
そのため、骨盤を起こし、自然な姿勢を保持できる「姿勢矯正チェア」が注目されています。

〈MYRY ボディメイクシート〉
背もたれが高く、安定した姿勢で矯正ができるのが特徴で、「何時間でも座っていられる」と口コミのいい商品。
毎日座るだけでもよいのですが、両手をバンザイしたり、両手をあげた状態で深呼吸をしたりすると、より肋骨や背骨の動きが引き出されます。
   

スポンサーリンク

骨盤 姿勢矯正クッション 骨盤矯正チェア 座椅子 座布団 ボディメイクシート バランスチェア 猫背 洗えるカバー ゆがみ 腰痛 デスクワーク2022父の日プレゼント 送料無料

価格:14,600円
(2022/9/13 15:02時点)
感想(0件)

   ⑥ ウォーキングシューズ
対象:運動機能を維持したい方、外に出る頻度が少ない方

あまり外出しなくなったし、運動習慣もないという方は、まずウォーキングから始めるのがおすすめです。
なぜなら、ウォーキングは有酸素運動で、体だけでなく心にも良い影響を与えるからです。軽くて疲れにくいシューズをプレゼントして、運動習慣をつくるきっかけにしましょう。

〈ムーンスター MOONSTAR/MS-RP001〉
ウォーキングだけでなく普段使いにも向いている、歩きやすさを追求したシューズ。
・ソールには、クッション性があり、滑りにくい素材を使用
・防水設計
・靴ひも部分の横にチャックがあり、着脱がかんたん
・インソールは、吸湿拡散でむれにくく、抗菌防臭を搭載

【22%OFF】ムーンスター カジュアルシューズ RP001 メンズ MoonStar ブラック 24.5cm-27.0cm 4E 防水 Ag 銀イオン ウォーターロード ウェーブスリット セミオートファスナー サラリーナ 吸水拡散性素材 柔らかい 軽い【1905】

価格:5,720円
(2022/9/13 15:09時点)
感想(2件)

   

【70代男性へのプレゼント】一人暮らしの父へ送る脳トレのおすすめは?

<認知症予防に必要なことを知ろう>
認知症を予防するには、たくさんのことに気を配って生活する必要があります。
・規則正しい生活習慣(整った生活リズムやバランスの良い食べ物、運動習慣)
・頭を使うこと
・水分を最低でも1日1000mlとる
・他者との関わりをもつ
・入れ歯をつけて食事をとる

例えば、規則正しい生活は認知症にどう影響するのかを考えてみます。
それは、生活習慣病の代表である、脳卒中を起こすことで脳の機能が低下し、認知症を発症することがあるからです。
その他、アルツハイマー型認知症では、脱水症や脳を使わないことなどが原因といわれています。
   
今回は、「頭を使うこと」に対する答えとして、脳トレをご紹介したいと思います。
脳トレは認知症予防にとても大切なので、ぜひプレゼントに選んでみてください。

<脳トレの種類と選び方について>
脳トレの種類は以下の通りです。
・クイズ、クロスワード
・パズル式
・計算
・ぬりえ
・間違い探し
・点つなぎ

その中で、興味がありそうなもの選びましょう。
興味が持てないものだと継続できず、脳トレも効果がないからです。
とは言っても、興味のあるものなんてわからないですよね。
なので、1つではなく複数買って試すのがよいです。
例えば、クロスワード、パズル、間違い探しの3つを選び、続けやすいものを探ってみると、次に渡すときも選びやすいですよね。
   

スポンサーリンク

   

【70代の暮らしサポート】健康な体の維持に必要なポイント!かんたん健康チェック

人は、体と心(精神)両方の健康が必要だと言われています。
なぜなら、心と体のどちらかが不健康だと、もう一方にも悪い影響を及ぼすからです。

例えば、精神的に落ち込むと、「体を動かしたくない」「外に出たくない」と考えるようになり、活動量が低下し、体の健康が失われます。
これは逆も同様です。
   
具体的な対応として、以下の4つを挙げます。

【健康な体の維持に必要なポイント&かんたん健康チェック】
〈健康な体の維持に必要なポイント〉
① 身体を動かす
・有酸素運動    → 血管を柔軟にする、ストレス発散。夜間頻尿が改善。
・筋力トレーニング → 転倒予防や歩く速さの改善

② 外出、日光に浴びる
・セロトニン分泌により精神活動が活発になり、睡眠リズムも整う
・ビタミンDが生成され、丈夫な骨に

③ 人との関わりを持つ、孤独にさせない
・精神活動が活発になる、ストレス解消
・認知症予防にとても大切

④ 栄養の整った食事の摂取
・水分摂取     → 高齢者は喉が渇いたという自覚が少なくなり、脱水傾向に
・タンパク質の摂取 → 筋の生成にはタンパク質が必須。免疫力や疲労感にも関与
   
また、かんたん健康チェックの項目で状態を定期的に把握することで、病気の早期発見や要介護への防止に役立つので、ぜひ活用してみてください。

〈かんたん健康チェック〉
1.疲れやすい
2.1日の活動量が少ない
3.筋力の衰えを感じる
4.最近、体重の減少が気になる
5.歩くのが遅くなった
6.意欲がない、活気がない
7.人との関わりが少ない
8.転ぶことがある、最近よく転ぶ
9.ストレスを感じていないか
10.水分はしっかり摂っているか

しっかりと聞き取りをする必要はないです。
普段の会話の中で、上記の項目を意識して確認してください。
   

さいごに

本記事では、70代の男性に贈るおすすめの健康グッズと脳トレについて紹介しました。
渡す相手のことを考えて、適切なプレゼント選びができれば健康維持の助けになります。

健康維持には、たくさんのことに気を配る必要があり、家族のサポートがとても重要。
かんたんに家族の健康状態をチェックできる項目をお伝えしているので、それを活用して変化を見逃さないようにしてください。

スポンサーリンク

気になる変化があれば、健康グッズに頼るのではなく、専門の病院で受診して相談することも検討してみてくださいね。
早めの対応で要介護状態を予防していきましょう。
***********************************************************************
■ この記事を執筆したライター:ドリスPT
30代の理学療法士。様々な方の在宅支援に携わっています。
***********************************************************************
   

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!