よく使うご紹介と紹介の正しい使い方は? ご連絡やご案内の使い方!

仕事などでメールのやりとりをする際、敬語の使い方に迷うことがありますよね。

例えば、「ご紹介」と言うべきか、「紹介」と言うべきか…といったようなことです。

敬語の使い方は、間違えてしまうと、ちょっと恥ずかしいですよね。

そこで、ビジネスメールでよく使う言葉「紹介」の正しい敬語表現についてお話します。

「連絡」「案内」についても見ていきますよ。

スポンサードリンク

  

ご紹介と紹介の正しい使い方は?

ではまず、「ご紹介」「紹介」正しい使い方についてお話していきます。

   

「ご紹介」の「ご」は、基本的に、謙譲語のカテゴリー
に入ります。

自分が相手に対して何かをした時に、自分がへりくだって、相手のことを立てる時

に使います。

例えば、自分が相手に、自社の商品を紹介するとしますね。

この場合、「弊社の商品をご紹介致します」と表現すると、自分がへりくだっている

ことの表れになるのです。

   

ところが、相手が紹介してくれた場合でも、「ご紹介」と表現する場合があります

この場合、「ご紹介」の下に来る文末表現を間違えないようにする必要があります。

例えば、「ご紹介してくれてありがとう」だと、相手に失礼になってしまいます。

この場合は、相手を立てて、文末表現を尊敬語にし、「ご紹介くださりありがと

うございます」と表現します。

または、「ご紹介いただいてありがとうございます」と表現してもいいですね。

   

スポンサードリンク

では、「ご紹介」ではなく、「紹介」はどんな時に使うのでしょうか。

「紹介」は基本的に、自分と同等・同世代の人同士で使うと考えてください。

つまり、敬語を使わなくても良い関係の人同士の間で使います

   

ご紹介だけじゃない! ご連絡やご案内の使い方

ビジネスメールなどでは、「ご連絡」「ご案内」という表現もよく使いますよね。

これらに関しても、使い方は基本的に「ご紹介」の場合と同じです。

自分が相手に連絡・案内する時は、「ご連絡致します」「ご案内致します」と表現

します。

相手が自分に対して連絡・案内する場合は、「ご連絡くださる」「ご案内くださる」

と表現します。

または、「くださる」を「いただく」という表現にしても大丈夫です。

そして、自分と同等・同世代の人同士で使う場合は、「ご」をつける必要はありません。

   

いずれにしても、「ご」をつけるべき相手に対しては、きちんとつけるように注意したい

ものです。

目上の人や取引先の人などに対しては、必ず「ご」をつけ、文末は尊敬語にしましょう

   

さいごに

「紹介」も「連絡」も「案内」も、目上の人や敬うべき相手には「ご」を付けます。

その上で、主語が自分の場合は、文末が「致します」などの謙譲語になります。

一方、主語が相手の場合は、文末を「くださる」などの尊敬語にしましょう。

また、自分と同等・同世代の人同士の間のやりとりでは、「ご」は付けません。

   

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする