大雨警報が出たら外出は?より危険な特別警報とは?すぐに避難!?

「異常気象」という言葉も聞き慣れてしまいましたが、近年さらに

その異常さに驚くことが多くなっている気がします。

大雪や大雨など、生活に多大な影響を与える気象現象・・・。

とくに、雨の降り方には恐怖を感じることがあります。

今回は、「大雨」に関しての警報や特別警報、そして、避難について

見ていきましょう。

スポンサードリンク

  

大雨警報が出たら外出は?

最近の雨の降り方は異常です。

ゲリラ豪雨といわれる短時間に局地的に強く降る雨では、とても外出して

いられないほどのどしゃ降りですよね。

また、梅雨時などの雨は、強弱を繰り返して長く降り続いたりします。

   

雨量が多くなる場合は、気象庁から「注意報」や「警報」が出されます。

この「注意報」や「警報」の発表は、流域雨量指数などの様々な気象要素

が基準となっています。

そして、災害から身を守るためには出されているのです。

   
「注意報」は、災害が起こる恐れがあるときに注意を呼びかけるものです。

   
「警報」は、重大な災害が起こる恐れがあるときに警戒を呼びかけるため

に出されます。

   
「大雨警報」が発表されると、小・中学校では待機や臨時休校になったりし

ます。

ですが、高校では通常通りの場合が多いです。

親としては子供が帰宅するまで心配ですが、「大雨警報」だけ発表されてい

る場合は、外出する機会がまだ多いほうだといえます。

ただ、公共交通機関の乱れや、今後の天候の悪化も十分に考えらえる状況です。

外出しなくて済むなら、出来るだけ外出は控えたほうが安全です。

   

大雨警報より危険な特別警報とは?

近年の大雨が大きな災害につながるケースもあります。

そんな時に発表されるのが「大雨特別警報」で、2013年8月30日より

運用が始まりました。

   

では、「大雨警報」の次のレベルとなる「大雨特別警報」とは、どんな時に

出されるのでしょうか?
   

「大雨特別警報」は、数十年に一度の降雨量が予想される場合に出されます。

また、台風や同等レベルの熱帯低気圧による雨が、数十年に一度の雨となる

ことが予想される場合にも出されます。

この「数十年に一度」というのは、「50年に一回程度の頻度で発生する」の

が目安となり、この「50年に一回程度の頻度で発生する」降水量などの値を

スポンサードリンク

求めたものが発表の基準となっています。

   
「大雨特別警報」が出されるのは、「数十年に一度」の大災害が起こる恐れ

あるという危険な状況が迫っているということになります。

これは、” 命にかかわる重大な災害” が起こる恐れがあるということです。

   

大雨特別警報が出たらすぐに避難?

「大雨特別警報」は、” 命にかかわる重大な災害” が起こる恐れがある場合に発表

されます。

なので、発表後は、だたちに身の安全を図らなければなりません。

ですが、そうはいっても、実際にどうすればよいのか悩んでしまいます。

まずは、お住まいの地域の危険度を知っておく必要があります。

普段から、ハザードマップなどで、危険な場所とともに、避難場所を確認してお

きましょう。

その際に、大雨の時の避難場所かどうかを確認しておきましょう。

避難場所となっていても、災害の種類によって、避難に適さない場所もあります。

   

そして、お近くに危険な場所があるなら、「大雨特別警報」が発表される前の「大

雨警報」の段階で避難を検討しましょう。

自治体から避難に関する情報が出されたら、それに従いましょう。

   

「大雨特別警報」が発表された後では、すでに避難が難しいことも考えられます。

なので、早めの避難が大切です。

また、すでに避難が難しい場合は、建物の2階以上に避難して、少しでも安全な

場所で過ごしましょう。

情報収集や伝達手段が重要となるので、スマホや携帯電話、ラジオなどを手元に

置いておきましょう。

   
避難で浸水している道路を歩く場合は、道路状況に気を付けましょう。

亀裂や陥没していても、濁った水で気付かないこともありえます。

傘や棒などで確認しながら進むようにすると、穴などに気が付きやすくなります。

   
また、大雨により、停電や断水することもあります。

懐中電灯や水の備えも必要になる場合があることも考慮しておきましょう。

   

さいごに

雨が長く続くと憂鬱ですが、「大雨」となると、災害が起こる恐れが出てきます。

普段から災害への備えを確認しておく必要がありますね。

そして、もし「大雨特別警報」が発表されたら、最大限の警戒をしましょう。

落ち着いて行動できるよう、日頃から避難について考えておくとよいでしょう。

そして、少しでも安全な場所で過ごすようにしてください。

   

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする