ハワイ旅行にESTA(エスタ)は必要?申請方法は簡単!申請後必要?

ハワイへの旅行が決まると、ウキウキで準備などに取り掛かるでしょう。

初めての海外旅行なら、まずはパスポートを申請しないといけません。

無事にパスポートを取得できたらひと安心・・・。

いえいえ、旅行でハワイに行く場合、絶対必要なのものは、パスポートだけ

ではありませんよ。

今回は、ハワイ旅行での「ESTA(エスタ)」について、必要な理由と登録

申請方法について見ていきましょう。

登録申請後についても触れていきます。

スポンサードリンク

  

ハワイ旅行にESTA(エスタ)は必要?

ハワイを含めて米国へ渡航する場合「ESTA(エスタ)」の登録が必要です。

   

2009年1月より、ビザ免除プログラムに基づき、条件を満たす場合に、ビザの

取得が免除されました。

これにより、「ESTA(エスタ)電子渡航認証システム」への登録申請が必須と

なりました。

   

なので、旅行など90日以内の短期滞在での渡航など、ビザが免除となる場合は、

必ず「ESTA」に登録申請しましょう。

   

ハワイ旅行のESTA(エスタ)申請方法は簡単!

「ESTA(エスタ)」は、インターネットで登録申請できます
   

ただ、申請費用の支払いが、クレジットカードかペイパルのみとなっています。

このどちらかの方法で支払いができない場合は、インターネットでの登録申請が

できません。

その場合は、旅行代理店などで代理登録してもらいましょう。

   

さて、「ESTA」登録申請方法ですが、とても簡単です。
   

まずは、登録に必要なものを準備します。

   

【登録に必要なもの】

・パスポート

・ハワイでの滞在ホテルの住所&電話番号

・クレジットカード

   
必要なものが揃ったら、「ESTA」のホームページにアクセスします。

https://esta.cbp.dhs.gov/esta/

上記アドレスにアクセスして、登録を行ってください。

上記以外のサイトから登録すると、手数料が発生する場合があるのでご注意くだ

さい。

   

上記の「ESTA」のホームページにアクセスしたら、まずは、言語を ” 日本語”

にします。
   

” 日本語” に変えるには、画面右上の[ENGLISH(U.S/U.K)] をクリックし

ます。

すると、[日本語]とあるので、これを選択します。
   

スポンサードリンク

そして、画面中央の[新規の申請]をクリックします。

   

その後は、「セキュリティに関する通告」「免責事項」の画面が表示されますので、

「確認&続行」、「” はい” にチェックをして、次へ」と進めていきます。

   
すると、申請者情報などの入力画面になります。

パスポートを見ながら、入力していきましょう。

   

入力して進めていくと、渡航情報の入力画面となり、「米国内の連絡先情報」を入力

します。

ここで、滞在先のホテルの住所と電話番号を入力します。

   

「適格性についての質問に関し、さらに詳しい説明が必要ですか?」という画面に

なります。

それぞれの質問に「はい」か「いいえ」で答えていきます。

ここで、ひとつでも「いいえ」があると、入国を拒否される場合があるそうです。

   

さらに進めていくと、申請内容の確認画面となります。

ここで確認を終えると、支払画面になります。

申請費用として、14ドル必要です。

今すぐ支払う」をクリックして、支払いに関する情報を入力します。

支払いが完了すると、登録申請も完了です。

   

たいていは、短時間で申請が承認されるので、申請内容確認画面を印刷しておき

ましょう。

私の場合も、数分で承認されました。

ですが、なかには、承認に時間がかかる場合もあるようです。

それでも、72時間以内には結果が出るそうです。

なので、時間に余裕を持って登録申請をして、焦らずに結果を待ちましょう。

   

ハワイ旅行でESTA(エスタ)申請後はなにか必要?

「ESTA」を登録申請して承認されたら、申請内容確認画面を印刷しておくことを

おすすめしますが、申請後、これらのコピーなどは必要なのでしょうか?

   

申請内容確認画面で重要なのは、「申請番号」です。

この「申請番号」で、登録内容の確認などができます。

なので、万が一のために印刷しておいた方がよいということです。

   

実は、ハワイへの旅行当日などで、「ESTA」登録申請のコピーなどは必要ありま

せん。

なので、旅行には持って行かなくて大丈夫です。

   

さいごに

ハワイ旅行には、パスポートの他に「ESTA」登録が必要です。

インターネットで簡単に登録できますが、申請に時間がかかる場合もあるようです。

なので、余裕を持って、早めに登録申請しておきましょう。

   

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする