七夕の食べ物と風習 そうめん以外の献立は?デザートはゼリー!

7月7日は『七夕』ですね。
そんな『七夕』の食べ物が何かご存知ですか?

そして、風習や由来についても案外知らないも
のです。

今回は、『七夕』の食べ物や風習について見て
いきましょう。

また、『七夕』行事食に合う献立やデザートにつ
いてもご紹介していきます。

スポンサーリンク

七夕の食べ物と風習は?

まずは、『七夕』の食べ物について見ていきましょう。

『七夕』の行事食は、「そうめん」です。

「七夕にそうめんを食べる」というのは、とて
も古くからある風習なのです。
「そうめん」のルーツは、中国伝来の小麦料理
「索餅(さくべい)」だと云われています。

古代中国には、「7月7日に索餅を食べると
1年間無病息災で過ごせる」という云い伝えが
あります。

日本に「索餅」が伝わったのは、奈良時代とさ
れています。
これが、宮中行事に取り入れられるようになり、
広まりました。

その後「索餅」は「そうめん」へと変わり、
『七夕』に「そうめん」を食べるようになりま
した。


また、「そうめん」を天の川や織姫の織り糸に
見立てて、『七夕』に食べるという説もあります。

これらのことから、「日本古来から伝わる七夕
の行事には、そうめんを食べましょう」という
活動が広がりました。

そして、7月7日は「七夕・そうめんの日」と
なり、「そうめん」は『七夕』の行事食となっ
たのです。

ですが、この「そうめんを食べる」という習慣
は、全国的に広まっているわけではありません。
主に仙台など、東北地方の習慣のようです。
最近は、学校給食でも食べられるなど、定着し
てきていますね。

つづいて、『七夕』の風習について見ていきま
しょう。

『七夕』は、日本古来の風習と、中国から伝わ
ったものが合わさったものです。

日本では、古来より豊作を祈る祭があり、現在
の「お盆」にあたります。

この「お盆」につながる神事として『棚機(た
なばた)』があります。

棚機津女(たなばたつめ)と呼ばれる女性が、
旧暦の7月6日に神様にお供えする機(はた)を
織りました。

そして、旧暦7月7日の夕方に、笹やお供え物
を海や川に流していました。

これにより、けがれなどを祓い、災難を遠ざけ
ると信じられていたのです。

中国では、『乞巧奠(きこうでん)』という風
習が古くからあります。

こちらは、女性が針などをお供えして、針仕事
の上達を願ったものです。

有名な物語である『織姫と彦星』も中国から伝
わったお話ですが、織姫は、機織り(はたおり)
に秀でていました。

その織姫にあやかって、旧暦7月7日に行われ
ていたのです。
『乞巧奠(きこうでん)』が日本に伝わったの
は、奈良時代です。

このころは、宮中の女性達が、針仕事の上達を
願う女性のお祭りでした。

その後、江戸時代に庶民の間で広まりました。

この時には、針仕事に限らず、書道や芸事など
の上達を願う行事となっていきました。

また、7月7日が『七夕』となったのには、有
名な『織姫と彦星』の物語が関係しています。

この物語は、夫婦となった織姫と彦星が仕事を
しなくなったため、年に1度だけ会うことを許
されていたというお話です。

織姫星のこと座ベガと、彦星のわし座アルタイ
ルが、天の川を挟んで、最も輝く日がめぐり会
いの日と考えられていました。
それが、旧暦の7月7日だったのです。

このように、『七夕』は、日本古来の風習と中
国から伝わったものが一緒になり、現在に至ります。

さて、『七夕』には、短冊を笹に飾りますよね。
これは、日本独自なのだそうです。
「願い事を書いた短冊を笹に飾る」というのは、
全国的に行われていますよね。
この「短冊などを笹に飾る」風習は、江戸時代
から始まったものです。

本来は、書道などの芸の上達を願い、短冊に書
いていたとされています。
現在は、夢や目標などが書かれているのをよく
見かけます。

このような願い事を書いた短冊などで飾り付け
た笹を、7月7日に軒下などに飾ります。

地域によっては、7月7日未明に海に流すのが
一般的な風習でした。

スポンサーリンク

近年では、飾り付けや笹もプラスチック製の物
を使用することもあり、海に流すことは少ない
ようです。

また、地域によっては、雨乞いや虫送りの行事
と融合したものが見られます。

北海道では、七夕の日に「ローソクもらい(ロ
ーソク出せ)」という子供たちの行事が行われ
ています。

▼ 七夕の笹飾りと短冊についての記事はこちら
  をどうぞ。
笹飾りなどの由来や飾る時期、捨て方につい
てご紹介しています。

『七夕飾りの短冊に願い事なぜ?飾り方や片付ける時期その後の処分方法』

七夕の食べ物 そうめん以外の献立は?

『七夕』には、行事食である「そうめん」を食
べるとして、それ以外の献立は何がよいのでし
ょうか?

「そうめん」といえば、やはり「天ぷら」でし
ょう。(えっ、我が家だけ!?)

「天ぷら」にするなら、輪切りにしたオクラな
どを入れたかき揚げなどいかがでしょうか☆

それに、ブリ大根などの煮物や、豚の生姜焼き
なども合うでしょう。

そうめんがあっさりしているので、濃いめの味
付けのものがあると、夕食として立派な献立に
なりますね。

また、「そうめん」も、ひと工夫するなら、
色とりどりのものにしてはいかがでしょうか。

麺自体に色が付いているので、見た目が華やか
になります。

子供達も喜んで食べてくれそうですよね♪

七夕の食べ物 デザートはゼリーが人気!

『七夕』は、年に1度の行事です。
願い事を書いた短冊などを笹に飾ったりと、
子供にとってもワクワクする行事でしょう。

そんな子供たちにとって、『七夕』は、「きら
きら」したイメージでしょうか。

そこで、『七夕デザート』として「ゼリー」
出したら、子供達、喜ぶと思いませんか♪

お子さんと一緒に作れる簡単なゼリーの作り方
をご紹介します。

★「七夕☆きらきらゼリー」の作り方

七夕ゼリー

【 材 料 】

■ ホワイトのゼリー(下の層)

水  50㏄
牛乳 200㏄
ゼラチン 5g
砂糖 大さじ3

■ グリーンのゼリー(上の層)

水  50㏄
メロンソーダ 200㏄
ゼラチン 5g

■ 飾り用

カラフルスターシュガー 適量
ホワイトチョコ  適量

【 作り方 】

(1)
まずは、ホワイトゼリーを作ります。
水 50ccを鍋に入れ、沸かします。

(2)
湯の温度が80℃以上になったら、火を止め、
ゼラチンを加えます。
混ぜて、よく溶かします。

(3)
砂糖と牛乳を加え、よく混ぜます。

(4)
タッパーや型などに流しいれ、粗熱が取れたら、
冷蔵庫で冷やします。

(5)
ホワイトゼリーが固まったら、グリーンのゼリー
を作ります。
(1)&(2)の手順で、ゼラチンを溶かします。

(6)
メロンソーダを加え、よく混ぜます。

(7)
少し粗熱を取り、(4)のホワイトゼリーの上に
流しいれます。

(8)
カラフルスターシュガーを散りばめます。

(9)
冷蔵庫で1時間以上冷やします。

(10)
器に盛り付け、星形に型抜きしたホワイトチョ
コを飾ります。

今回は、牛乳とメロンソーダを使いましたが、
カルピスなどでも作れます。
分量は変わりません。

希釈タイプのカルピスを使われる場合は、少
し濃いめに作ったカルピスで作るといいですよ。

▼ こだわりゼリーも素敵です!
『七夕ゼリーで子供の喜ぶ笑顔を!簡単に手作りできるレシピは?』

さいごに

『七夕』の食べ物は、「そうめん」です。
これは、中国から伝わった「索餅」に由来します。

『七夕』の風習としては、日本古来のものと中
国のものとが合わさっっています。

そして、『七夕』と言えば、離れ離れになって
しまった織姫と彦星が年に1度会える日という
お話が有名ですね。

7月7日が『七夕』となったのには、この物語
が関係しています。

今年の『七夕』も、そうめんや七夕ゼリーなど
を囲んで、ご家族で楽しい時間をお過ごしくだ
さいね☆

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする