七夕の風習と食べ物の由来は?デザートに子供が喜ぶゼリーを♪

7月7日は『七夕』です。

『七夕』を知っている方は多いですが、由来や風習については案外知らないもの

です。

また、『節分』では「恵方巻き」、『雛祭り』では「ちらし寿司」を食べる事は

よく知られていますが、『七夕の食べ物』はどうなのでしょうか?

今回は、『七夕』の由来・風習や「七夕の食べ物」についてご紹介します。

スポンサードリンク

  

七夕の風習は?由来と短冊飾りについて

まずは、『七夕』の由来や風習について見ていきましょう。
   

『七夕』は、日本古来の風習と、中国から伝わったものが合わさったものです。
   

日本では、古来より豊作を祈る祭があり、現在の「お盆」にあたります。

この「お盆」につながる神事として『棚機(たなばた)』があります。

棚機津女(たなばたつめ)と呼ばれる女性が、旧暦の7月6日に神様にお供え

する機を織りました。

そして、旧暦7月7日の夕方に、笹やお供え物を海や川に流していました。

これにより、けがれなどを祓い、災難を遠ざけると信じられていたのです。
   

中国では、『乞巧奠(きこうでん)』という風習が古くからあります。

こちらは、女性が針などをお供えして、針仕事の上達を願ったものです。

有名な物語である『織姫と彦星』も中国から伝わったお話ですが、織姫は、機織

り(はたおり)に秀でていました。

その織姫にあやかって、旧暦7月7日に行われていたのです。
   

『乞巧奠(きこうでん)』が日本に伝わったのは、奈良時代です。

このころは、宮中の女性達が、針仕事の上達を願う女性のお祭りでした。

それが、江戸時代に庶民の間で広まりました。

この時には、書道や芸事などの上達も願う行事となっていきました。
   

また、『織姫と彦星』の物語は、夫婦となった織姫と彦星が仕事をしなくなった

ため、年に1度だけ会うことを許されていたというお話です。

織姫星のこと座ベガと、彦星のわし座アルタイルが、天の川を挟んで、最も輝く

のが、旧暦7月7日だったので、この日が『七夕』となりました。
   

このように、『七夕』は、日本古来の風習と中国から伝わったものが一緒になり、

現在に至ります。

   

ですが、「短冊を笹に飾る」のは、日本独自なのです。

日本では、「願い事を書いた短冊を笹に飾る」のは、全国的に行われています。

こちらは、『七夕』の行事として、もっともポピュラーですよね。

この「短冊などを笹に飾る」風習は、江戸時代から始まったものです。

本来は、書道などの芸の上達を願い、短冊に書いていたとされています。

このような願い事を書いた短冊などで飾り付けた笹を、7月7日に軒下などに飾

り、地域によっては、7月7日未明に海に流すのが一般的な風習でした。

近年では、飾り付けや笹もプラスチック製の物を使用することもあり、海に流す

ことは少ないようです。

また、地域によっては、雨乞いや虫送りの行事と融合したものが見られます。

北海道では、七夕の日に「ローソクもらい(ローソク出せ)」という子供たちの

行事が行われています。

   

七夕の食べ物と由来は?

では、「七夕の食べ物」には、どのようなものがあるのでしょうか?
   

実は、『七夕』には、「そうめん」を食べるのです!

「七夕にそうめんを食べる」というのは、とても古くからある風習なのです。
   

スポンサードリンク

「そうめん」のルーツは、中国伝来の「索餅(さくべい)」という小麦料理だと

言われています。

古代中国には、「7月7日に索餅を食べると1年間無病息災で過ごせる」という

云い伝えがあります。

日本では、奈良時代に「索餅」が伝えられ、宮中行事に取り入れられるようにな

り、広まりました。

その後「索餅」は「そうめん」へと変わり、『七夕』に「そうめん」を食べるよ

うになったと言われています。

また、「そうめん」を天の川や織姫の織り糸に見立てて、『七夕』に食べるとい

う説もあります。

   

これらのことから、「日本古来から伝わる七夕の行事には、そうめんを食べましょ

う」という活動が広がり、7月7日を「七夕・そうめんの日」となりました。

そして、「そうめん」は『七夕』の行事食となりました。

この「そうめんを食べる」という習慣ですが、全国的に広まっているわけではなく、

主に仙台など、東北地方の習慣のようです。
   

最近の「そうめん」には、色とりどりのものもあるので、お子さんと一緒に「そう

めん」で『七夕』を楽しんではいかがでしょうか♪

   

七夕デザートにゼリーを♪

年に1度の『七夕』。

子供たちにとっては、『七夕』は、「きらきら☆」したイメージが強いのではないで

しょうか。

そこで、「そうめん」の食事後は、『七夕デザート』として「ゼリー」はいかがですか?

お子さんと一緒に作れる簡単な「七夕☆きらきらゼリー」の作り方をご紹介します。

   
★「七夕☆きらきらゼリー」の作り方

七夕ゼリー


【 材 料 】

■ ホワイトのゼリー(下の層) 

水  50㏄
牛乳 200㏄ 
ゼラチン 5g
砂糖 大さじ3

■ グリーンのゼリー(上の層)

水  50㏄
メロンソーダ 200㏄
ゼラチン 5g

■ 飾り用

カラフルスターシュガー 適量
ホワイトチョコ  適量

   
【 作り方 】

(1)まずは、ホワイトゼリーを作ります。

   水 50ccを鍋に入れ、沸かします。


(2)湯の温度が80℃以上になったら、火を止め、ゼラチンを加えます。

   混ぜて、よく溶かします。


(3)砂糖と牛乳を加え、よく混ぜます。


(4)タッパーや型などに流しいれ、粗熱が取れたら、冷蔵庫で冷やします。


(5)ホワイトゼリーが固まったら、グリーンのゼリーを作ります。

   (1)&(2)の手順で、ゼラチンを溶かします。


(6)メロンソーダを加え、よく混ぜます。


(7)少し粗熱を取り、(4)のホワイトゼリーの上に流しいれます。


(8)カラフルスターシュガーを散りばめます。


(9)冷蔵庫で1時間以上冷やします。


(10)器に盛り付け、星形に型抜きしたホワイトチョコを飾ります。

   
※今回は、牛乳とメロンソーダを使いましたが、カルピスなどでも作れます。

 分量は変わりません。希釈タイプのカルピスを使われる場合は、少し濃い

 め作ったもので作られると良いでしょう。
 

   

▼ こんなゼリーも素敵です!
『七夕ゼリーで子供の喜ぶ笑顔を!簡単に手作りできるレシピは?』

   

さいごに

『七夕』と言えば、離れ離れになってしまった織姫と彦星が年に1度会える日

というお話が有名です。

ですが、日本古来の風習も由来しています。

このような『七夕』の話や、短冊に書いた願い事のことなどを話しながら、ご家

族で「七夕の食べ物&デザート」を楽しんではいかがでしょうか☆

   

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする