健康保険はいつから変わる?健康保険法改正内容や子どもの留学は?

2019年、健康保険法が改正されることが決
まりました。

健康保険法が改正されたら、それが私たちにど
う影響するのか気になるところです。

ここでは、新しい健康保険法が施行される時期
や、改正される内容について説明していきます。

また、健康保険法改正後、海外に住む場合や、
留学する子どもはどうなるのかについてもお話
します。

スポンサーリンク

  

健康保険はいつから変わる?健康保険法改正の内容とは?

新しい健康保険法は、2020年4月から施行
される予定です。

2019年いっぱいは、従来通りの健康保険法
が適用される形となります。

   

健康保険法が改正された後は、マイナンバーカ
ードを保険証の代わりとして使えるようになり
ます。

マイナンバーカードに保険証機能が付くという
ことですね。
マイナンバーカードを使と、デジタル認証機能
を使うことになります。
これにより、不正利用が減るという狙いもある
そうです。

ですが、従来の保険証も配布されるそうです。
これも使えるので、保険証が2つになるという
ことですね。

ただし、マイナンバーカードを保険証代わりに
使えるのは、2021年3月からになります。

   

さらに、健康保険加入者の扶養家族についても
変更があります。
扶養家族も従来通り健康保険を使えますが、
「日本に在住していること」が条件となるのです。
これは、日本に移住する外国人が、健康保険を
不正利用することを防ぐ目的があるようです。

スポンサーリンク

   

健康保険改正で子どもの留学や海外に住む場合は?

健康保険を使える扶養家族は「日本在住者のみ」
ということは、海外に住む人の健康保険はどうな
るのでしょうか?
   

まず、海外に移住した人の場合、世帯主が健康保
険に加入していれば、扶養家族も健康保険を使え
ます。

例えば、健康保険に加入している世帯主が海外赴
任し、家族がそれに同行する場合は、家族全員健
康保険を使えるのです。

   

一方、子どもが海外に留学する場合も、世帯主が
健康保険に加入していれば、健康保険を使うこと
ができます。
留学だけでなく、ワーキングホリデーで海外に行
く場合も、同様に健康保険を使えます。

   

改正される健康保険法は、「日本在住者のみにこ
だわっている」というイメージが強いですね。
でも、世帯主が健康保険に加入していれば、海外
に住んでいる扶養家族は心配する必要はありません。
この場合は、健康保険を使うことができるので、
安心して海外渡航・移住できますね。

   

さいごに

健康保険法は、外国人などによる健康保険の不
正利用防止のために改正されます。
こちらは、2020年4月から施行予定です。
これにより、マイナンバーカードも保険証とし
て使えますが、これが適用されるのは2021
年3月からです。

また、世帯主が健康保険に加入していれば、海
外にいる扶養家族も健康保険の利用が可能です。
例えば、海外赴任に同行する家族や、留学する
子どもなども、健康保険を使えます。

   

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする