ビニールプールで遊んだ後は毎回空気抜く?保管場所と保管方法

家庭用ビニールプールでの水遊びは、子供達の
夏のお楽しみですよね。

ただ、遊んだ後の片付けは面倒です。

家庭用ビニールプールで遊んだ後は、毎回空気
を抜いた方が良いのでしょうか?

また、保管はどのようにすれば良いのでしょうか?

今回は「家庭用ビニールプール」の遊んだ後の
保管についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

  

ビニールプールで遊んだ後は毎回空気抜く?

家庭用ビニールプールで遊ばせるには空気を入
れなければいけません。
これ、サイズが小さいものでも、結構時間かか
りますよね。

なので、遊んだ後もそのままにしておきたいと
ころです。
   
ただ、そのままにしておくのにはいくつか心配
があります。
   

まずは、ビニールプールの劣化です。
   
空気を入れたままだと、保管場所が限られてし
まいます。
すると、日があたる場所に置かざる負えない場
合もあるでしょう。
長時間日光にあたると、ビニールが劣化してし
まいます。
その結果、翌年はもう使えないという状況を招
いてしまいます。

空気を入れたままでは日があたる場所にしか置
けないという場合は、空気を抜いて保管するの
がおすすめです。

   

そして、保管中に風に飛ばされないかという心
配もあります。
   
水を抜いてどこかに置いておく場合、軽くなっ
ているので、風に飛ばされやすいですよね。
空気が入っている状態だと余計に飛ばされやすいです。

空気が入ったままのビニールプールを確実に固
定できるなら、そのままでも良いでしょう。

ですが、飛ばされないよう固定できない場合は、
やはり空気を抜いて物干し竿などに干す方が良
いでしょう。
その際は大きめの洗濯ばさみで固定するように
しましょう。

   

スポンサーリンク

ビニールプールの保管場所は?保管方法

家庭用ビニールプールで遊ぶ際は、水は毎回替
えるのが理想です。
なので、遊んだ後は水は抜きましょう。
そして、乾燥させてから保管するのが望ましい
です。
   
では、保管場所について具体的に見ていきましょう。

空気が入ったままのビニールプールなら、車庫
や倉庫などで日が当たらない場所が良いですね。
庭にそのままにする場合は、大きめのビニール
シートを被せるようにしましょう。

壁などに立てかける場合も、荷造り用ロープな
どで固定するようにしましょう。

   

つづいて、夏の間遊んだ後の片付け方について
ご紹介していきます。
   
ひと夏使ったビニールプールは、汚れているの
で、きれいに洗いましょう
ぬるぬるするところが残らないように中性洗剤
などで洗いましょう。
   

その後は、しっかり乾燥させます。
ただし、ここでも日光に長時間当てないように
しましょう。
風通しの良い日陰に干すのが理想的です。
短時間で乾きそうにない場合は、タオルなどで
拭いてから干すといいでしょう。
水分が残っていると、カビが発生してしまうの
で、気を付けましょう。
   

そして、空気をしっかり抜いて畳んで保管します。
この時に、ベビーパウダーを軽くつけておくと
ビニール同士のくっつきを防ぐことができます。

   

さいごに

家庭用ビニールプールの準備で空気を入れるの
結構大変です。
出来れば遊んだあともそのままにしておきたい
ですよね。
ですが、保管場所や方法によっては劣化の原因
などになってしまいます。

そのままでも保管できるスペースがあれば、空
気が入ったままでもいいです。
スペースがない場合は、空気を抜いて保管しましょう。

そして、夏の間遊んだ後は、きれいに洗って、
しっかり乾燥させてから保管してくださいね。

   

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする