ゲノム編集食品とは何|日本ではいつから?安全性や子供大丈夫?

最近耳にする「ゲノム編集食品」。

ゲノム編集食品とはどのようなもので、いつか
ら日本に入ってくるのでしょうか。

また、ゲノム編集食品の見分け方や安全性に関
しては、どうなのでしょうか。
子供に食べさせても良いものなのでしょうか。

ここでは、ゲノム編集食品について、今知って
おきたい情報をまとめました。

スポンサーリンク

  

ゲノム編集食品とは何?日本ではいつから?

「近々、ゲノム編集食品が日本にも入って来る」
今、このことが話題になっています。
   

では、「ゲノム編集食品」とは何なんでしょうか?
   

ゲノム編集食品とは、いわゆる「遺伝子を改変
して出来た食品」です。
   

ここで、「遺伝子組み換え食品は以前からあっ
たのでは」と思われるのではないでしょうか。

ゲノム編集は、遺伝子組み換え技術の中でも最
新の技術として注目されています。
言ってみれば、ゲノム編集食品は、「最新の遺
伝子組み換え技術で作られた食品」なのです。

   

そんなゲノム編集食品ですが、2019年内に
は、日本で販売されると言われています。
すでに厚生労働省では、日本での販売に関して
前向きな検討を進めているようです。

そのため、早ければ2019年の夏頃には、ゲ
ノム編集食品が販売されるかもしれません。

   

そうなると、ゲノム編集食品を見分けられるの
が気になりますよね。
   
ゲノム編集食品とそうでない食品は、どのよう
に見分けたら良いのでしょうか?
   
ゲノム編集食品を販売するにあたっては、その
旨を表示するよう義務化の動きもあるようです。

食品パッケージに表示するように法律で決めて
ほしいといった意見もあるようです。

政府も安全確保するために動いているようです
が、具体的にどんな表示にするかなどは決まっ
ていません。

恐らく、決定次第、ニュースや新聞で報道され
でしょうから、今後の情報をこまめにチェック
したいものです。

スポンサーリンク

   

ゲノム編集食品の安全性は?子供に食べさせて大丈夫?

ゲノム編集食品を生み出すメリットとしては、
「強い作物が作れる」ということです。

これにより、自然災害や害虫などに強い作物が
でき、収穫などにも良い影響が出ると予想され
ています。

農作物は、自然災害や害虫によって、収穫や品
質に影響が出てしまいますよね。

また、食品の栄養価を高めたり、質を向上させ
たりといった開発も進んでいるようです。
アレルギー物質を少なくしたり、毒素を作らな
いようにするなどの食品も考えられています。

そのため、ゲノム編集食品への期待が高まって
いることも、事実であるようです。

   

その一方で、安全性に関しては、今のところ、
まだ保証されていないのが現状のようです。
開発者により、改変した食品が健康に悪影響を
及ばさないとの報告がされているようです。
ですが、アレルギーの誘発有無などをどう確認
したのかなど疑問の声もあります。

本当に安全かどうかは、国民と厚生労働省の間
で、かなり激しい意見の応酬が繰り広げられて
いると聞きます。
現段階では、安全性に関する確かな情報は、公
の場にほとんど出ていません。

今の時点ではこのような現状なので、子供に食
べさせるのは少し不安ですよね。
なので、ゲノム編集食品解禁後に安全性に関す
る情報を確認してから、食卓に取り入れるべき
でしょう。

   

さいごに

ゲノム編集食品は、最新技術の遺伝子改変によ
って作られた新しい食品です。

このままスムーズにいくと、2019年以内、
早ければ夏には日本で解禁されるようです。

ただ、ゲノム編集食品の表示方法など、具体的
な方針がまだ決められていません。

それに加えて、安全性に関しても不透明で、確
かな情報がほとんどないのが現状です。

災害などに強かったり、品質の向上につながる
というメリットはありますが、解禁後、すぐに
食べるのは二の足を踏みますね。
とくに、子供に食べさせたりするのは、確かな
情報が出てからにした方が良さそうです。

   

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする