広島・厳島神社の管絃祭はいつ?開催日程と由来やちょうちん行列参加

広島・宮島の厳島神社では、毎年「管絃祭」が
行われます。

日本三大船神事の一つとされるこの「管絃祭」
はいつ行われるのでしょうか?

また、どのような神事なのでしょうか?

厳島神社「管絃祭」の開催日程や由来について
ご紹介していきます。
ちょうちん行列についても見ていきましょう。

スポンサーリンク

  

広島・厳島神社の管絃祭はいつ?開催日程

広島・宮島の厳島神社で、毎年行なわれる「管絃
祭」は、厳島神社最大の神事とされています。

この「管絃祭」は、毎年旧暦の6月17日に行わ
れています。
2019年は、7月19日(金)となります。

   
では、開催日程を見ていきましょう。

   

◆ 厳島神社「管絃祭」

   
【開催日】

2019年7月19日(金) 15時~23時

   
【場所】

厳島神社・地御前神社および周辺

   

【スケジュール】※予定
   
15:00~ 発輦祭(はつれんさい)

16:00~ 御本殿出御

16:40~ 大鳥居前の儀

19:20  地御前神社

20:40  長浜神社

23:00  御本殿還御 

   
【問い合わせ】

厳島神社(電話):0829-44-2020

   

広島・厳島神社 管絃祭の由来は?

広島・厳島神社の「管絃祭」は、厳島神社最大
の神事であり、日本三大船神事の一つとされて
います。
   
「管絃祭」の見どころは、厳島神社から対岸の
地御前神社までの渡御です。

   

「管絃祭」は、平安時代の「管絃の遊び」を
平清盛が厳島神社で神事として行うようになっ
たのが始まりとされています。

「管絃の遊び」とは、平安時代の貴族が池など
に浮かべた船で管絃を楽しむ優雅な遊びです。

その後、江戸時代以降は大きな船が管絃船に使
われるようになりました。
ある時、地御前神社から宮島へ帰る際に暴風雨
に遭い、管絃船が転覆しそうになりました。
それを阿賀の鯛網船と江波の伝馬船が助けて、
宮島の本殿まで曳航していきました。

スポンサーリンク

このことにより、「管絃祭」の御座船は、阿賀
と江波の船に曳航されるようになりました。

夜の暗闇に浮かぶ御座船は、かがり火に照らさ
れ、幻想的です。

一方、阿賀と江波の船では、太鼓に合わせた漕
ぎ手の「エイヤーエイヤー」の掛け声が響きま
す。
   

「管絃祭」は、このように優雅でダイナミック
な船神事を近くで見ることができる神事なのです。

   

広島・厳島神社 管絃祭のちょうちん行列参加するには?

厳島神社の「管絃祭」では、ちょうちん行列
いった一般の方が参加できるイベントがありま
す。

   
ちょうちん行列では、配布されるちょうちんに
火を灯し、長浜神社に還ってくる御座船をお迎
えします。

その後、ちょうちんを持って、厳島神社に向か
い、本殿でお祓いをしてもらいます。
   

こちらは、誰でも参加ができます
(※火を灯すので、お子さんが参加の場合は保
護者が責任を持って行動しましょう)

予約も不要ですが、ちょうちんの数には限りが
あるようです。

   

◆ 厳島神社「管絃祭」ちょうちん行列

   
【スケジュール】※予定
   
19:30 ちょうちん配布

20:00 採火式

20:30 御座船お迎え

21:00 行列出発(長浜神社→厳島神社)

   
【配布場所】

長浜神社(宮島桟橋から左へ徒歩約3分)

   
【問い合わせ】

宮島観光協会
(電話):0829-44-2011

   

さいごに

広島の宮島では、毎年「管絃祭」が行われます。

この「管絃祭」は、厳島神社最大の神事である
とともに、日本三大船神事の一つでもあります。

優美で勇壮な渡御が見どころですが、誰でも参
加ができるちょうちん行列も楽しいですよ。

   

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする