広島アウトレットのスケートは子供の遊び場!服装と料金や親子パック

『THE OUTLETS HIROSHIMA(ジ アウトレット広島)』が
2018年春にオープンしました。

『ジ アウトレット広島』には、子供が楽しめるアミューズメント施設があります。
ここにあるのが、スケートリンクの『ワンダーリンク』。
こちらのスケートリンク、初めての子供でも楽しめるのでしょうか?

そこで、『ワンダーリンク』での楽しみ方や服装・料金についてご紹介します。
お得な「親子パック」についてもお伝えしていきます。

スポンサーリンク

  

広島アウトレットのスケートは子供の遊び場!服装は?

『ジ アウトレット広島』には、子供が楽しめる施設があります。
なかでも、めずらしいのが、スケートリンクでしょう。
広島には大きなスケートリンクがありますが、スケートできる期間が決まっています。
ですが、『ジ アウトレット広島』のスケートリンクは、1年中楽しめるのです

   

アウトレットのなかにあるスケートリンク、気になりますよね。
さっそく、こちらのスケートリンクについて、楽しみ方などを見ていきましょう。

   

『ジ アウトレット広島』にあるスケート『ワンダーリンク』は、正面入り口から
入って直進したところにあるセンターコートのエスカレーターで1階に下ります。
すると、左側にフードコートがあるのですが、その奥にスケートリンクがあります。
フードコートを通り過ぎると、空気が冷たくなった気がするでしょう。

   
スケートリンクに到着したら、まず、チケットを購入します

   

と、その前に、年齢服装について見ておきましょう。

年齢は、4歳から利用できますが、未就学児は保護者同伴での滑走となっています。

   
つづいて、服装についてです。

基本的には、長袖&長ズボンならOKです。

夏は半袖のままでも寒くはありません。
ですが、ケガ防止のために素肌が出ない服装が推奨されています。

スケートをせずに見学される場合は、半袖では肌寒くなるかもしれません。
羽織れる上着があるといいですよ。

   
そして、靴下手袋が必須です。
平日の12時までに入場すると、手袋をプレゼントしてもらえます。

   

では、チケットを購入し、受付をします。

受付後は、再入場ができないので、トイレを済ませておきましょう。

   
そして、受付後、靴のほか、ヘルメットやサポーターを借ります。
奥に進むと、イスがあるので、こちらで準備をします。
コインロッカーもあるので、荷物を預けたい場合は利用しましょう。

   

さあ、準備ができたら、スケートリンクへGO!

スポンサーリンク

こちらのスケートリンクは、あまり広くありません。
ですが、お子さんは十分に楽しめます。

ただ、土日祝日で混雑していると、ちょっと滑りにくいかもしれません。
平日であれば、そんなに混雑していないでしょう。

   

こちらのスケートでは、10:00~17:00と17:30~22:00
まで滑ることができます。
受付は21:00までとなっています。

17:00~17:30は、整氷作業のため滑走できません。
土日祝日の12:30~13:00も整氷作業となっています。

   
平日なら、120分滑走できるので、十分に楽しめますよ。

※土日祝日は、60分となっています。

   

広島アウトレットのスケート料金は?親子で楽しめる!

『ジ アウトレット広島』にある『ワンダーリンク』でスケートをする際に
お得なのが、「スケート親子パック」です。

保護者1名+小学生以下1名で、2,700円です。

これには、2名分の貸靴代も含まれています

   
通常料金は、滑走料金1,200円+貸靴代300円で1人1,500円かかります。

子供もこの金額なので、親子だと3,000円かかることになります。
なので、「スケート親子パック」にすると、300円お得となります!

もし、お子さんが小学生以上で、お子さんだけで滑れる場合は、
同伴者の入場は無料となっています。

   

こちらの料金で、平日は120分滑れるのですが、時間を過ぎると延長料金
かかります。
延長料金は、10分で200円となっているので、時間を過ぎないように気を
付けましょう。

   
▼ 雰囲気たっぷりの照明のもとで滑走!

広島 アウトレット スケート https://tokimekujoho.net/

   

さいごに

広島でも1年中スケートができるようになりました。
『ジ アウトレット広島』にある『ワンダーリンク』は、決して広くはないですが、
子供が楽しむには十分な広さでしょう。

アウトレットにあるスケートリンクなので、スケート後は、フードコートなどで
美味しい食事を食べることもできます。
時間と体力の余裕があれば、お買い物も楽しむこともできますね。

   

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする