パスピーはいつまで使える?どうなる?パスピー廃止で払い戻しや定期は?

広島でバスや路面電車などに乗車する際に便利な「パスピー」が廃止されます。
今のパスピーはいつまで使えるのでしょうか?
また、パスピー廃止後の払い戻しや、定期券としての代替えシステムはどうなのでしょうか?

スポンサーリンク

  

パスピーはいつまで使える?

広島県内で使用できるPASPY(パスピー)は、バスや路面電車、アストラムラインなどの乗車で使えて便利ですよね。
カードで乗車料金を払えるで、小銭の心配もなく、焦らずに済みます。

ですが、このPASPY(パスピー)が、廃止されることとなりました。
その時期は、2025年3月末までで廃止になるということです。

なので、それまではPASPY(パスピー)が使えます!

PASPY(パスピー)が廃止される理由としては、機器が老朽化し、維持するのに多額の費用がかかるとのことです。
   

パスピー廃止で新システムはどうなる?

PASPY(パスピー)に替わる新しいシステムは、スマホで表示させたQRコードをかざすものになるようです。
スマホを持っていない利用者向けに、新たなICカードも開発されるようです。
現金での支払いはできるけど、他のICカードが利用できるかは未定です。
ただし、こちらの新システムは、広島電鉄などが開発中のものです。

スポンサーリンク

アストラムラインを運営している広島高速交通は、この新システムには参加せず、ICOCA(イコカ)を2024年度に導入する方針を表明しています。
   

パスピー廃止で払い戻しや定期は?

PASPY(パスピー)廃止に伴う払い戻しについては、まだ時期など決まっていません。
分かりましたら、随時追記していきます。
   

また、新システムでの定期券についてもまだ不明です。
スマホのQRコードをかざすシステムが開発中とのことなので、定期もこの形になるのでしょう。
ですが、高校生が定期券として使う場合、スマホを必ず持っていないといけないということですよね。
現在は公立高校もスマホを学校に持って行っていいことになっているとは思いますが、スマホを忘れた時や、充電がない時などは困りそうです。
   

スポンサーリンク

さいごに

広島でバスや電車などに乗車する際に便利なPASPY(パスピー)が、2025年3月末で廃止されます。
新システムは、広島電鉄などがQRコードで決済できるシステムを開発中です。
アストラムラインでは、ICOCA(イコカ)に移行していくようです。
PASPY(パスピー)廃止に伴う払い戻し等については未定ですので、分かり次第追記していきます。
   

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする