ときめき情報

日々のお悩みや疑問を『!』にする情報をご提供していきます☆

台風に名前が付けられるのはなぜ?付け方にはルールがある!?

   

「台風○号が発生」というニュースを耳にすると、その後の進路が気になりますよね。

台風接近によって、通学や通勤などに大きな影響が出るだけでなく、接近前の備えを

どうするかも悩むところです。

これらの台風は、日本では「台風○号」という呼ばれ方が一般的ですが、台風それぞれ

には名前が付けられているのをご存知でしょうか?

今回は、台風に名前を付ける理由と、付け方についてご紹介します。

スポンサードリンク
  

台風に名前が付けられるのはなぜ?

台風は、「迷走台風」とか「長寿台風」とか、さまざまな表現がされます。

2017年の台風5号は、まさに「迷走台風」であり、「長寿台風」です。

しかし、この台風5号にも、『ノルー』という名前がちゃんと付けられています。

   

日本では、「台風○号」で十分に通じるのに、なぜ、名前が付けられているのでしょうか?

   

日本は、アジアや太平洋の14か国等で構成されている「台風委員会」に加盟しています。

「台風委員会」っていうのがあったんだ~とまず驚いてしまいますが、各国の政府間組織

となっており、台風防災について連携を図っています。

そして、この「台風委員会」で、2000年(平成12)より東アジア地域の太平洋で発生

した台風には名前を付けることになりました。

   

台風に名前を付ける理由や目的としては、

● 国際標準の世界に通用する名前を付けることで、アジアの地域文化の尊重や委員会加盟国間

 の連帯強化・相互理解を推進する

● なじみやすい名前を付けることで、アジア各国の国民が台風への関心を持ち、防災意識を

 高める

● 複数発生した際の台風情報の混同を避ける

とされています。

台風にも世界に通用する名前を付け、アジアの存在を示し、理解を深めてもらいたいといった

ところでしょうか。

スポンサードリンク

台風の名前の付け方は?

2017年の台風5号の名前は『ノルー』で、「のろ鹿」という意味です。

日本での「台風○号」は、その年に発生した順番に番号が決まっていますが、この『ノルー』などの

名前はどのように付けられているのでしょうか?

   

「台風員会」では、14か国それぞれが10個ずつ台風の名前を決め、それをリスト化しています。

ということは、全部で140個の名前があり、それを順番に使っているということになります。

   
台風に名前が付けられるようになった2000年の台風第1号は、『ダムレイ』と名付けられました。

これは、「象」という意味で、カンボジアが決めたものです。

これ以降、リストによって順番に名前が付けられ、141個めの台風には、最初に戻って『ダムレイ』

と付けられるのです。

   

この名前ですが、各国によって違い、「象」のように動物だったり、花の名前などだったりします。

ちなみに、日本が決めた名前は、『テンビン』『カジキ』『カンムリ』などです。

これは、「てんびん座」「カジキ座」「カンムリ座」といった意味で、星座の名前です。

この他の名前に興味がある方は、気象庁のホームページをご覧ください。

   
また、日本では、甚大な被害をもたらした台風には、これとは別に命名する制度があります。

「伊勢湾台風」などがこれにあたりますが、このような特別な名前は増えてほしくないですね。

さいごに

「台風○号」という呼び方のほうがなじみがありますが、台風の名前もグローバル化しているのですね。

アメリカのハリケーンには、「カトリーナ」などの人名が付けられていますが、たしかに、それぞれに

名前があるほうが、区別はしやすいということでしょう。

今後は、どの名前の台風が接近してくるのでしょうか。

いずれにしても、台風シーズンには、早めの備えで安全に過ごしましょう。

スポンサードリンク

 - 台風 ,