赤ちゃん・子供一覧

出産祝いのお返しは両親にはどうする?こんなお返しがおすすめ!

赤ちゃんを出産をすると、出産祝いをいただきますよね。 出産祝いをいただくのは嬉しいのですが、お返しをどうすればよいのか悩みますよね。 なかでも、最も身近な存在である両親へのお返しは、余計に悩むのではないでしょうか。 そこで、両親からお祝いをいただいた時に、お返しをどうすればよいのかをご紹介していきます。

赤ちゃんの衣類洗濯は大人のと一緒で大丈夫?柔軟剤の使用は?

初めての子育てとなると疑問がたくさんありますよね。 そのひとつとして、赤ちゃんの衣類洗濯について、思い悩むことがありませんか? 洗濯の方法や洗剤などについて、どうしたらいいんだろうと、分からないことがあるでしょう。 今回は、このような赤ちゃんの衣類洗濯についての疑問を解決していきましょう。

赤ちゃんの夜泣きでママが睡眠不足!?いつから?原因と対策は?

初めての出産、初めての赤ちゃん。 これといった理由はなくても、不安だらけでしょう。 私も初めての妊娠で出産後のことを考えると、不安で分からないことも多いです。 その中で一番最初にぶち当たる壁といえば、赤ちゃんの「夜泣き」ではないでしょうか。 「夜泣き」で寝不足になったりするとよく耳にします。 そこで、今回は、「夜泣き」の時期や原因、そして対策についてみていきましょう。

小学校に入学すると名前付けが大変!靴下にも!?簡単で便利なアイテム

小学校に入学すると、一気にお子さん自身のものが増えますよね。 ノートに教科書、お道具箱に上履きや靴下・・・ 数えただけでも、ものすごい量になりそうです。 これら1つ1つに名前を書かないといけないなんて、世のお母さん方、本当にお疲れ様です。 今回は、小学校入学時の「名前付け」についてのお悩みを解決していきましょう。

小学校に入学する子供のランドセルは祖父母に買ってもらう?購入時期

今どきのランドセルって、カラフルでどれも可愛いですよね。 男の子用も女の子用も、デザインや機能が豊富で、本当に今の小学生たちがうらやましいです。 さて、そんな小学生の必須アイテムである『ランドセル』。 一体「誰」が「いつ」買うのがベストなんでしょうか?

口臭が気になる子供に親がしてやれることは?原因と対策!

毎日しっかり歯磨きしているはずなのに、「なんとなく子供の口が臭う・・・」 と気になったことがありませんか。 実は、「口臭」は大人だけの問題ではありません。 そして、本人が気にしていないからと、放っておくのも良くないのです。 それに、病気が隠れている場合もあるので、たかが口臭と思っていると、トラブルの元に なりかねないのです。 今回は、そんな『お子さんの口臭』に対して、私たち親に出来ることを探っていきましょう。

赤ちゃんの寒さ対策!寝るときと昼間の部屋ではどうすればよい?

初めての妊娠って、不安だらけですよね。 また、初めての子育てを頑張っているママにとっても、分からないことだらけでしょう。 今からの時期、どんどん寒くなってきますよね。 赤ちゃんの寒さ対策は、どうしたらいいのか悩まれることもあるでしょう。 今回は、そんなママ達のために、赤ちゃんの寒さ対策についてご紹介していきます。

子供にお餅は何歳から?安全に食べさせる工夫と万が一詰まったら?

お餅って頻繁には食べないけど、食べるとやっぱり美味しいですよね。 しかし、そんなお餅。 実は結構危険だったりするんですよね。 お年寄りや小さいお子さんが、お餅をのどに詰まらせる事故が残念ながら 毎年起こっています。 では、お子さんのお餅デビュー、いつから始めたらよいのでしょうか。 今回は、子供にお餅を食べさせる年齢や食べさせる際の工夫についてご紹介 します。 お餅を詰まらせた時の対処法についてもお話していきます。

赤ちゃんが夏に寝るときの暑さ対策!あせもの対策はどうすればよい?

赤ちゃんって大人よりも体温が高いですいし、体温調節が上手ではありません。 しかも、まだしゃべれないので、自分で「暑い!」と意思表示することもできません。 だからといって、暑いのは可哀そうだし、熱中症も心配ですよね。 さらに赤ちゃんはお肌も弱く、ちょっとした汗でもあせもになりやすいもの。 夏本番の暑い時期を快適に過ごすには、一体どうしたらいいのでしょうか? 今回はそんな、赤ちゃんの夏の寝る時の暑さ対策と、あせも対策について一緒に 勉強していきましょう。

中学生のお子さんは視力低下しやすい!?どのくらいでメガネ?視力回復法

この春 中学校に進学されたお子さんをお持ちのお母さん にとっては、急に大人びてきたお子さんの成長に驚かれて いるのではないでしょうか。 また、部活が始まり、忙しい日々をお過ごしのことでしょう。 そんな中、学校から持ち帰る学校検診の結果に戸惑われる ことがあるかもしれません。 特に「視力」に関しては、親としては敏感になってしまいます。 今回は、中学生のお子さんの「視力低下」についてご紹介します。