ランドセルのレインカバーが必要な場合と人気のタイプは?収納!?

新年度がはじまり、小さい1年生が大きな「ランドセル」
を背負って通学している姿を見かける季節となりました。

そんな「ランドセル」、出来れば6年生まで使ってほしい
のですが、梅雨時期などの雨の時などはそのままで大丈夫
なのか気になりますよね。

そこで、「ランドセル」のレインカバーが必要な場合と、
人気のタイプについてご紹介します。
カバーの収納についてもお話していきます。

スポンサードリンク

  

ランドセルのレインカバーが必要な場合とは?

新1年生は、ほとんどの自治体で入学時に黄色いカバーが
配布されます。
1年生の間は、安全のために、この黄色いカバーをつける
ことになっています

   

ですが、2年生になると、その黄色いカバーを外します。
こうなると、ランドセルの扱いに気を遣うようになります。
   

といっても、気を遣うのは親のほう。
子供たちは、家に帰ってくるなり、ランドセルを投げるよ
うに置いたりしますよね。

また、雨の時は、びしょびしょに濡れてしまいます。

   

このような場合、ランドセルのレインカバーは必要なので
しょうか?
   

ランドセルのレインカバーが必要と考えられるのは、次の
ような場合です。

   
◆ ランドセルの素材が本革の場合
   
ランドセルの素材が合皮の場合は、雨に濡れても拭くだけ
で大丈夫です。

しかし、本革の場合、雨で濡れると皮が傷んでしまう恐れ
があります。

最近は、牛革のランドセルも人気なので、お持ちのお子さ
んも多いでしょう。

この場合は、カバーがあった方が安心です。

   

◆ お子さんのランドセルの扱いが粗い場合

ランドセルが気の毒になるような扱い方をするお子さんは
少ないでしょうが、雑に扱う子はいますよね。

雑に扱っていると、ランドセルが傷だらけになってしまい
ます。

6年生までランドセルを使っている子も多いので、我が子
にも6年生まで使ってほしいとお考えなら、カバーがあっ
た方がよいでしょう。
カバーをかけていると、雨のほか、汚れや傷なども防いで
くれるので、ランドセルを長く綺麗な状態に保つことがで
きます。

   

◆ 通学距離が長い場合

近年は、突然のどしゃ降りも珍しくないです。
万が一、通学途中でゲリラ豪雨に遭ってしまうと、ランド
セルの中も濡れてしまうかもしれません。

特に、自宅から学校まで距離がある場合は、この確率が高
まります。

このような場合も、カバーがあると安心でしょう。

   

ランドセルのレインカバーで人気のタイプは?

では、ランドセルのレインカバーにはどのようなタイプが
あるのでしょうか?

   

雨の日用のレインカバーには、3タイプあります。

スポンサードリンク

   
1. カブセタイプ ※カブセ・・・蓋の部分のこと
   
蓋に取り付けて使用します。
通常のランドセルカバーはこのタイプが一般的です。

雨用として使用する場合は、「レインカバー」「雨の日用」
「雨よけ」などの記載があるものを選んでください。

※A4ファイル対応・A4フラットファイル対応等サイズに違い
がありますので間違えないようサイズを確認してください。

   

2. すっぽりタイプ
   
肩ベルト以外のランドセルをすっぽりと覆います。
このタイプだと、横側もしっかりカバーしてくれます。

   

3. レインコートタイプ
    
お子さまと一緒にランドセルを丸ごと雨から守れます。
大雨のときには大活躍しそうです。

※「ランドセル対応」などの記載があるものを選んでください。

   

よく見かけるのは、「カブセタイプ」です
このタイプなら、雨の日だけでなく、日頃からランドセルを
傷などから守ることができます。
何より、着けたり外したりしなくていいので、ラクですよね。
   

▼ 透明タイプなら、せっかく選んだランドセルの色も隠れま
 せん。【 税込 1,836円 】※送料別

Kids Foret(キッズフォーレ) ランドセルカバー(ランドセルレインカバー)

   

ランドセルのレインカバーの収納は?

「カブセタイプ」は、常に着けておくことになるので、収納は
考えなくてもよいです。

ですが、「すっぽりタイプ」「レインコートタイプ」は、
学校で外した後困ります。

これらのタイプのカバーを使う場合は、濡れたカバーを入れる
を持たせてあげましょう。

そして、持って行く用には、100均の巾着などに入れておく
と便利ですよ。

   

さいごに

  
ランドセルは、6年間使うものなので、日頃から大切に扱うよう
にしたいものです。

特に、雨の日などは、本革のものは濡れると傷んでしまう恐れが
あります。

また、雨に限らず、扱いが雑なお子さんの場合も、ランドセルが
傷だらけになるかもしれません。

このような場合は、ランドセルのレインカバーがあると安心です。

ランドセルがいつまでも綺麗だと、贈っていただいた方にも喜ば
れそうですよね。

そして、お子さんが、雨の日でも安全&快適に通学するための
参考にしていただけるとうれしいです。

   

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする