宇品の広島みなと夢花火大会の混雑と渋滞は?花火が見える場所!

今年も宇品の広島港で『広島みなと夢花火大会』が開催されます。

毎年多くの人で賑わう広島を代表するイベントです。

なので、混雑や道路の渋滞が気になってしまいますよね。

また、1万トンバース以外で花火を見れる場所もご紹介していきます。

スポンサードリンク

  

宇品の広島みなと夢花火大会の混雑は?

毎年7月の土曜日に開催される『広島みなと夢花火大会』。

広島の花火大会の中でも人気が高く、40万人以上の人々で賑わいます。

そのため、会場周辺はかなり混雑します。

   

今年(2018年)は、有料の観覧席が変更になりました

今まで無料で観覧できた1万トンバースが有料となりました。

こちらは、事前に協賛金を払って観覧席券を持っている場合に入場できます。

   

では、無料で見るには、どこで見れば良いのでしょうか?
   

1万トンバースよりも広島港側の「中央物揚場(ちゅうおうものあげば)」

で観覧できます。

ただし、昨年までの1万トンバースでの観覧と同様で、入場制限があります

定員が約2,000人となっていますが、当日に配布されるリストバンドを持

っていないと入場できません

リストバンドは、正午から配布される予定です。

毎年早くに無くなるので、「中央物揚場」で観覧したい方は、早めに受け取り

ましょう。

   

▼ 大会の詳細や協賛席についてはこちらの記事をどうぞ。

『広島みなと夢花火大会の宇品港での有料席に変更あり!?日程と穴場』

宇品の花火大会の渋滞は?

会場周辺には駐車場がありません
   

そのため、途中まで車で行って、公共交通機関を利用するか、最初から公共交

通機関で行くかになります。

   

途中まで車でとお考えの場合は、交通規制と道路の渋滞に注意しなければなり

ません。

   
会場周辺は、17:00より交通規制が実施されます。

広島高速3号線の宇品出入り口と出島出口は、通行止めになります。

また、広島港周辺と競輪場周辺の道路も通行止めになります。

少し離れていますが、黄金山までの道路も通行止めとなります。

   
このように、会場周辺は、車が通行できないエリアがあります。

交通規制の時間は、17:00~23:00です。

花火の打ち上げが終わった後もしばらく通行できないということになります。

   
そして、車の渋滞ですが、市内中心部から離れた場所でも、お昼過ぎから交通

量が多い状態となります。

16:00頃からは、西広島バイパスをはじめ、その周辺道路も大渋滞となり

ます。

いつもの2~3倍の所要時間がかかると思って、早めに出掛けたほうが良いで

しょう。

あまりにも渋滞しているので、たどり着けるのか不安になってしまいます。

   

ということで、毎年、公共交通機関で行かれる方が多いようです。

路面電車は増便となりますし、広島駅からはシャトルバス(有料)が運行され

ます。

広島駅経由で行き帰りが可能なら、シャトルバスを利用する方がスムーズに帰

れるようです。
   

シャトルバスは、広島駅南口Aホームの1・2番のりばから出ます。

時間は、16:00~19:45頃までです。

帰りは、会場近くから広島駅直行便が出るようです。

   

宇品の花火が見える場所は?吉島ボートパークで見てみました!

宇品で観る『広島みなと夢花火大会』は、花火が近くて迫力満点です!

音楽などの演出も楽しめるので、ぜひとも、会場で観たいものです。
   

スポンサードリンク

ですが、お子さんが小さいなどで、会場で観れない場合もあるでしょう。

そんな場合は、少し離れた場所で花火を見るのもおすすめです。
   

★ 吉島ボートパーク

★ 広島マリーナホップ

★ ゆめタウンみゆき店

★ 広島市役所 中工場

   
「広島市役所 中工場」は、ゴミ処理場ですが、綺麗な施設です。

海に面しており、芝生に座って花火を見ることができる場所です。

   
「広島マリーナホップ」では、ショッピングやお食事後に見て帰ることも

できます。

   
そして、「吉島ボートパーク」でも食事後や食事を楽しみながら花火を見れ

ちゃいます。
   
2016年ではありますが、『広島みなと夢花火大会』を「吉島ボートパーク」

から見ました。

その感想などをお伝えしておきます。

   

主催者の発表では、この年の人出は「約44万人」。

晴天に恵まれ、予定通りの日程で開催されました。

★ 開催日程:2016年7月23日(土)20時~ 花火打ち上げ

会場では、音楽とともに、色とりどりの花火に大歓声があがっていたようです。

原爆ドームと厳島神社が世界遺産に登録されて20年になる節目の年でもあり、

これを記念する特別な花火も上がりました。
   

私は、吉島のレストランで食事をして、ボートパークから花火を観ました。

ここからの花火は、低いものだと高いビルに隠れて見えづらいのですが、高く

あがるものはバッチリ観れました

ただ、思っていたよりも遠いので、初めての方にとっては、少し期待外れと感じ

るかもしれません。

しかし、大きな花火はしっかり観れるので、ゆっくり観たい方には良い場所でし

ょう。

フィナーレの花火は、本当にすごかったですよ。

皆さんから歓声があがっていました。

会場のように音楽は聞こえませんが、花火の大音響はしっかり聞こえるので、

音の迫力と美しい花火に大満足です。

この日は、風も適度にあり、わりと涼しかったので、快適に楽しむことができま

した。
   

こちらは、駐車場(※)もありますし、トイレもすぐに行けるので、小さなお子

さんと一緒でも安心して観れる場所でしたよ。

   
※花火大会当日は、こちらの施設利用者のみが駐車場を利用することができます。

 警備員さんがチェックをされていました。

「吉島ボートパーク」にあるレストランで食事後に花火大会を観るなら予約必須

です。

早めに予約をしておきましょう。

   

「吉島ボートパーク」からの帰りも少し渋滞します。

駐車場からは、わりとスムーズに出ることができます。

しかし、そこから、吉島橋のある道路までが渋滞し、約20分かかりました。

この日は土曜日で、翌日は特に予定がなかったので、車内で子供たちと楽しく会話

をしながら帰りました。

気持ちに余裕を持つというのは大切ですね。

   
▼ ちょっと画像がキレイではないのですが、こんな感じで見れます。

IMG_20160724_151646
   

さいごに

『広島みなと夢花火大会』の花火は、会場で観るのが迫力満点です。

ですが、少し離れたところでも見ることができます。

「吉島ボートパーク」で観たときは、車で行ったので、行くときは渋滞で大変でした。

ですが、素晴らしい花火でしたよ。

お子さん連れや初めて行かれる方のご参考になれば幸いです。

   

 

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする