出国税は日本ではいつから?子供も対象!?何歳から徴収される?

「出国税」の徴収が始まりました。

「出国税」とは、日本から出国する際に課せられる国税です。

では、この「出国税」は日本ではいつから徴収がスタートと
なるのでしょうか?

また、家族で出国する場合だと、子供も対象となるのか気に
なりますよね。

今回は、「出国税」の徴収開始と対象についてまとめました。

スポンサーリンク

  

出国税は日本ではいつから?

「出国税」とは、日本からの出国者に課せられる税金です。
正式には、「国際観光旅客税」といいます。

   
「出国税」は、2019年1月7日(月)から徴収が始ま
りました。
   
徴収額は、一人1,000円です。
これは、航空運賃や船舶運賃に上乗せされます

   

ただし、1月7日以降に発券される航空券などが課税の対象
となるため、これ以前に発券された航空券などは非課税とな
ります。
   
なので、1月7日以降の出国でも、これ以前に発券済みの
航空券などは、徴収されません。

   

では、この「出国税」は、何のために新設されたのでしょ
うか?
   

「出国税」の使い道は、3分野となっています。
   

(1)快適な旅行環境の整備

● 顔認証などによる出入国審査を迅速にする
   
・顔認証システムの自動化ゲートを新千歳と那覇空港に新設
 
・すでに設置済みの5空港(成田、羽田、中部、関西、福岡)
 には増設

スポンサーリンク

   
● 訪日客が楽しめる観光地の環境整備

   

(2)日本の魅力発信
   
● 海外での訪日プロモーション

   

(3)旅行者の満足度向上(主に地方対象)

● 文化財や国立公園を活用した観光資源作り

   

「出国税」の年間の見込み税収額は、500億円とのこと
です。
この500億円を、訪日外国人の増加を目的として、上記
の3分野で使われるそうです。

   

出国税は子供も対象!?何歳から?

「出国税」は、日本人も対象となりますが、子供はどうなの
でしょうか?
   
家族旅行などで出国する場合は、人数分必要となれば結構な
金額となるので、気になるところですよね。

   

「出国税」は、子供も対象となります。
ですが、2歳未満の子供は対象外です。
   
飛行機や船の運賃が必要となる2歳以上は、徴収されるのです。

   
ということは、家族全員分徴収されるというご家庭が多いの
ではないでしょうか。
5人家族なら、5千円ですか・・・。
お土産がいくつか買えますね。
ぜひとも、有効に使ってほしいですね。

   

さいごに

いきなり始まった感のある「出国税」ですが、日本から出国する
日本人・訪日外国人に課せられる国税です。

2019年1月7日以降の航空・船舶運賃に上乗せされて徴収さ
れます。

子供も対象ですが、2歳未満は対象外です。

この「出国税」は、訪日外国人を増やすために使われるようです。

   

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする