紫陽花の鉢植えで花が咲かない原因は?剪定が重要!時期や方法は?

梅雨時期に美しく咲いてくれる「紫陽花」。

最近は、『母の日』のプレゼントとしても人気ですよね。

そんな「紫陽花」の鉢植えを大切に育てているつもりなのに、花が咲いてくれない

という悩みが多いようです。

そこで、「紫陽花」の鉢植えで、花が咲かない原因と、花を咲かせるための管理方法

をご紹介していきます。

スポンサードリンク

  

紫陽花の鉢植えで花が咲かない原因は?

「紫陽花」は、病害虫にわりと強く、初心者でも育てやすい植物です。

ですが、鉢植えの場合は、育て方を間違えると、翌年花が咲かないということがよく

あります。

花が咲かないと残念でしかたないですよね。

翌年以降、「紫陽花」の花を咲かせるためにはどうしたらよいのでしょうか?

   

まずは、「紫陽花」花が咲かない原因を見ていきましょう。

   

● 植え替えしていない

鉢植えの「紫陽花」の場合、植え替えが必要です。

購入した鉢植えは、底面給水になっているものが多いです。

底面給水は、土の性質や量などから、家庭での栽培には不向きです。

なので、購入後はすぐにでも植え替えをした方がよいのです。

購入後に植え替えをしていない場合は、葉が落ちた後に植え替えしましょう

ひと回り大きな鉢と、用土を用意して植え替えします。

用土は、「一般的な草花用培養土:赤玉土小粒=3:7」が好ましいです。

適期としては、11月下旬~12月上旬、3月です。

植え替え後は、たっぷりと水を与えましょう。


また、根の成長が早く、根詰まりも起こしやすいので、2年に1回は植え替え

したほうがよいです。

   

● 株が弱って花を咲かせるのを休んだ

『母の日』のプレゼント用などの鉢植えは、花を早く咲かせる処置をしていたり、

花を大きく見せるために、小さな鉢で育てられています。

そのため、株自体に負担がかかり弱ってしまい、花を咲かせるのを休むことがあ

ります。

株が元気になれば、また花を咲かせます。

   

● 剪定していない または 剪定を失敗している

剪定をしていないと、株が弱ったりします

また、剪定で花芽を切り落としている場合なども、花が咲かない原因となります。

   

● 肥料を与え方が間違えている

「紫陽花」の鉢植えは、花芽を作るための肥料が必要です。

スポンサードリンク

ですが、肥料を与えすぎると、蕾がつきにくくなったりします。

また、肥料が足りないと、株が弱ったまま回復しません。

花後のお礼肥として、緩効性化成肥料を一回与えるなどしましょう。

ただし、夏の高温期や冬前は、与えすぎないように気を付けましょう。

そして、2月にも肥料を与えます

   

● 寒さで花芽が傷んだ

せっかく花芽が付いても、寒さで傷んでしまうことがあります。

冬は、乾燥した寒風に当てないように管理しましょう。

   

● 日光不足

「紫陽花」は、日陰でも育ちそうなイメージがありますが、日光不足だと花が咲か

なくなります。

それならばと、日がよくあたる場所に置きっぱなしもNGです。

特に、夏の日差しは強すぎるので、置き場所に注意しましょう。

午前中は日に当て、午後は日陰に置くのが理想的です。

   

紫陽花の鉢植えは剪定が重要!?時期や方法は?

「紫陽花」の花が咲かない原因を見てきましたが、花を咲かせるためには「剪定」

がとても大切です。
   

「紫陽花」「剪定」について詳しく見ていきましょう。

   

まずは、花後花がらを切り落とします

この作業により、枝が伸びて、花芽が付きます

切る位置は、花から2節目の芽の上で切ります。

7月末までに終わらせましょう。

   

そして、秋以降「剪定」をします。

この作業により、細い枝や余分な花芽を取り除き、残した花芽を大きくします。

「剪定」をするのは、11月下旬~3月上旬の期間で、寒すぎない時期が適期と

なります。

「剪定」で取り除く枝は、以下の通りです。

・枯れた枝
・芽の付いていない枝
・内側に伸びている細い枝
・混み合っている枝

   

さらに、「芽かき」をします。

地際にたくさん芽が出てくると、混み合ってしまいます。

芽の付け根から取り除き、芽の数を減らします。

この作業により、よい花を咲かせてくれるようになります。

   

さいごに

見事に咲いた「紫陽花」は、本当に綺麗ですよね。

今年は花が咲かなくても、適した作業で育てると、来年は花を咲かせてくれるで

しょう。

来年こそは、美しい「紫陽花」の花を咲かせてくれますように。

   

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする