半夏生の花言葉と特徴|白くなるのはなぜ?育て方と管理方法!

「半夏生」という植物をご存知ですか?

最近よく見聞きするようになった『半夏生』
という日は、ある植物とも関係しています。
それが、植物の「半夏生」です。

今回は、「半夏生」の花言葉と特徴、そして
育て方についてご紹介していきます。
「なぜ白くなるのか?」ということもお話し
ていきます。

スポンサーリンク

  

半夏生の花言葉と特徴|どんな花?

『半夏生』は、「雑節」のひとつで、梅雨の
終わりごろを指します。

この頃は、”「半夏生」の花が咲く時期 ”
でもあり、『半夏生』という日にこの植物が
関係しているという説もあります。

   

では、その「半夏生」とはどんな植物なので
しょうか?

   

花言葉 : 『 内に秘めた情熱 』『 内気 』

これは、葉っぱが白く変化するところからつ
けられています。

   

「半夏生」は、
「ドクダミ科 ハンゲショウ属」の多年草です。

別名は、「三葉白草(カタシログサ)」です。
「半化粧」とも表記されます。

   
開花時期は、6~8月です。

   
葉は、細長い卵形をしています。
上部の葉の脇から、長さ10~15センチくら
いの穂のような形をした総状花序(柄のある花
が花茎に均等につく)を出します。

ここに白い小花をたくさんつけるのです。

花期になると、上部の葉の表面が白く変色します

このように、葉が白くなるので、「半化粧」とか
片白草(カタシログサ)と呼ばれる由来となって
います。

花は独特の香りを持ち、葉や茎は、傷をつけると
ドクダミのような香りがします。

   

※半夏生は漢方薬に用いる薬草ですが、生食する
 と局部的に強烈な毒作用を発します。
 ひどい場合は、呼吸困難に陥ることもあるよう
 なので、口にしないよう気を付けてください。

   

ちなみに、「半夏」という植物もあります。
こちらは、「烏柄杓(からすびしゃく)」と
いう別名があり、サトイモ科の植物となります。

   

半夏生の花|白くなるのはなぜ?

「半夏生」は、花が咲くころになると、葉が
白く変化します。

「半夏生」は、虫媒花(ちゅうばいか)です。
虫媒花の植物は、虫によって受粉をします。
そのため、虫をおびき寄せる必要があるので
す。

「半夏生」は、葉が白くなることで、目立ち
やすくなります。
これで、虫が寄ってきやすくなるのでしょう。

スポンサーリンク

そして、花期が終わると、葉の色は緑色にな
ります。
   

何とも不思議な植物ですね。

   

半夏生の花の育て方と管理方法は?

つづいて、「半夏生」の育て方管理方法
ご紹介します。

   

★ 植え付け・植え替え

2~3月に植え付けや植え替えをします。
   
土は、一般的な赤玉土でも育ちますが、粘土
質のもののほうがよく育ちます。
   
植え付け時には、元肥として緩効性化成肥料
を用土に混ぜ込んでおきます。


鉢植えの場合の植え替えは、根詰まりしてい
る場合に大きめの鉢に植え替えましょう。

   

★ 日当たり・置き場所

「半夏生」は、日当たりの良い湿潤地を好み
ます。

半日陰でもOKですが、日によく当てたほう
が丈夫に育ち、葉の白斑もきれいに出ます。

   

★ 水やり・肥料

「半夏生」は、乾燥を嫌います。

地植えの場合は、湿り気の多い環境が適して
います。

なので、常に土が湿っているように水やりを
しましょう。

   
鉢植えの場合は、受け皿に常に一定水位にた
めておきます。

   

追肥は、地植え、鉢植えともに、春に、緩効
性化成肥料か固形の油粕を土中に混ぜ込みま
す。

鉢植えの場合は、その後、1か月に1回程度、
緩効性化成肥料を施します。

窒素肥料が過剰になると蕾が付かず、白い斑
も出ないので注意してください。

   

半夏生 花 育て方

   

★ かかりやすい病気・害虫
   
丈夫な植物なので、病気や害虫の心配はほと
んどありません。

   

さいごに

『半夏生』のころに咲く「半夏生」。
   
花期には、葉が白くなり、花が終わるとまた緑
色に変化する不思議な植物です。
   
丈夫な植物なので、育てるのはわりと簡単です。
   
「半夏生」の変化を楽しみながら、季節の移り
変わりを感じられそうですね。

   

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする