ときめき情報

日々のお悩みや疑問を『!』にする情報をご提供していきます☆

半夏生の意味は花から!?どんな花?特徴や育て方と管理方法!

      2018/04/15

最近は、スーパーの広告に ” 色々な日” にちなんだ食品が載っています。

そのひとつに『半夏生』があります。

夏の初め頃に「タコ」が売り出されています。

「なぜタコ?」と思うと同時に、「『半夏生』って何?」と疑問を持ちますよね。

『半夏生』って、実はある植物と関係しています。

今回は、この『半夏生』の意味や花についてご紹介していきます。

スポンサードリンク

  

半夏生の意味は花から!?

 
今年(2016年)の「半夏生」は、7月1日です。

(※)2018年は、7月2日です。
   

一年を24等分した節目には、それぞれ名前がついています。

「二十四節(にじゅうしせっき)」と呼ばれるものです。

よく知っている「春分・夏至・秋分・夏至」がこれに該当します。

   

これとは別に、季節の移り変わりを表現するのが「雑節(ざっせつ)」です。

『半夏生』はこの「雑節(ざっせつ)」のひとつです。

『半夏生』は、「夏至から数えて11日目」とされていました。

ですが、現在は「黄経100˚点を太陽が通過する日」となっています。

   

また、『半夏生』は、梅雨の終わり頃を指し、農家にとって大事な日でも

あります。

この日は、田植えの目安とされており、この頃までには田植えや畑仕事を終える

べきとされていたようです。

『半夏生』の慣習は、地方により様々のようですが、近畿地方の一部の地域では

「タコ」を食べるそうです。

   

そして、『半夏生』には、”「半夏生」の花が咲く時期 ”という別の説もあり

ます。

   

半夏生の花ってどんなの?花言葉と特徴

 
では、「半夏生」とはどんな植物なのでしょうか?

   

花言葉は、『 内に秘めた情熱 』『 内気 』です。

これは、葉っぱが白く変化するところからつけられています。
 

半夏生 花 育て方

 

そして、「半夏生」は、「ドクダミ科 ハンゲショウ属」の多年草です。

別名は、「烏柄杓(からすびしゃく)」または「三葉白草(カタシログサ)」です。

開花時期は、6~8月です。

葉は、細長い卵形をしています。

上部の葉の脇から、長さ10~15センチくらいの穂のような形をした総状花序(柄の

ある花が花茎に均等につく)を出します。

スポンサードリンク

ここに白い小花をたくさんつけるのです。

花期になると、上部の葉の表面が白く変色します。

葉が白くなるのは、虫をおびき寄せるために進化したとされています。

このように、葉が白くなるので、「半化粧」とか片白草(カタシログサ)と呼ばれたり

します。

花は独特の香りを持ち、葉&茎は、傷をつけるとドクダミのような香りがします。

   

また、花期が終わると、葉の色は緑色になります。

何とも不思議な植物ですね。

   

※半夏生は漢方薬に用いる薬草ですが、生食すると局部的に強烈な毒作用
 を発します。
 ひどい場合は、呼吸困難に陥ることもあるようなので、口にしないよう
 気を付けてください。

   

半夏生の花の育て方と管理方法は?

 
つづいて、「半夏生」の育て方と管理方法を見ていきましょう。

   

★ 植え付け・植え替え
 
2~3月に植え付けや植え替えをします。

土は、一般的な赤玉土でも育ちますが、粘土質のもののほうが

よく育ちます。

植え付け時には、元肥として緩効性化成肥料を用土に混ぜ込ん

でおきます。

 

鉢植えの場合の植え替えは、根詰まりしている場合に大きめの

鉢に植え替えましょう。

   

★ 日当たり・置き場所
 
「半夏生」は、日当たりの良い湿潤地を好みます。

半日陰でもOKですが、日によく当てたほうが丈夫に育ち、

葉の白斑もきれいに出ます。

   

★ 水やり・肥料
 
「半夏生」は、乾燥を嫌います。

地植えの場合は、湿り気の多い環境が適しています。

なので、常に土が湿っているように水やりをしましょう。

鉢植えの場合は、受け皿に常に一定水位にためておきます。

   

追肥は、地植え、鉢植えともに、春に、緩効性化成肥料か固形の油粕

を土中に混ぜ込みます。

鉢植えの場合は、その後、1か月に1回程度、緩効性化成肥料を施します。

窒素肥料が過剰になると蕾が付かず、白い斑も出ないので注意してください。

   

★ かかりやすい病気・害虫
   
丈夫な植物なので、病気や害虫の心配はほとんどありません。

   

さいごに

 
いかがでしたか?

『半夏生』は、ただ「タコを食べる日」ではなく、農家にとって重要な日だった

んですね。

また、植物の「半夏生」にも由来していたことが分かりました。

葉が白くなり、花が終わると、葉が緑に変わるという不思議な「半夏生」。

そんな「半夏生」の育つ姿からも季節の移り変わりを感じられそうですね。

   

スポンサードリンク

 - 植物 ,