紫陽花を広島で楽しめるスポット!広島市植物公園の楽しみ方は?

「6月の花」といえば、「紫陽花」を思い浮かべる方も多いのではないでしょう。

最近ではさまざまな品種があり、ますます魅力いっぱいの「紫陽花」。

そんな「紫陽花」を、広島市内でのんびり楽しみたい方におすすめなスポットが

あります。

広島市佐伯区にある『広島市植物公園』です。

駐車場もあるので、気軽にお出掛けしやすいですよ。

そんな『広島市植物公園』の「紫陽花」の見頃と、園内の楽しみ方をご紹介して

いきます。

スポンサードリンク

  

紫陽花を広島で楽しめるスポット!見頃は?

『広島市植物公園』は、『MAZDAスタジアム広島』の約5倍の広さで、

園内ではのんびりと過ごすことができます。

   
では、早速「紫陽花」を鑑賞できるスポットを見ていきましょう。

正門から入園すると、「大花壇」の色とりどりのお花が迎えてくれます。

こちらを直進すると、階段があり、この上に「大温室」があります。

この「大温室」を通り過ぎて、さらに歩いたところに「日本庭園」があります。

この「日本庭園」周辺に「紫陽花」が咲き乱れます。

こちらでは、アナベルなどの西洋アジサイのほか、山アジサイやガクアジサイ

など、様々な品種を鑑賞することができます。

その数は、なんと「140品種」です!

そして、株数は「約1800株」です。
   

こちらの「紫陽花」の見頃は、5月下旬~6月中旬となっています。
   

植物公園全体を見ようと思ったら、結構歩かないといけませんが、「紫陽花」を

メインで見るなら、そんなに歩かなくても楽しめます。

そして、休日でも混雑するほどではないので、ゆっくりと見て回れます。

なので、雨の日でも十分楽しめるのでおすすめですよ。

   

『広島市植物公園』

● 開園時間

9:00~16:30(入園は16:00まで)


● 休園日

毎週金曜日(祝日やイベント開催時は開園)、年末年始


● 入園料

中学生以下:無料

高校生または相当年齢:170円

大人:510円

65歳以上:170円

スポンサードリンク

   
● 駐車場

普通車:450円


● 住所・電話

広島市佐伯区倉重3-495

TEL:082-922-3600

   

広島市植物公園の楽しみ方は?

『広島市植物公園』には、他にもおすすめのスポットがあります。
   

話題となっている「大温室」の” バオバブ ” も迫力あるので、ぜひとも

実物をご覧になってください。

   

そして、個人的におすすめなのが「ベゴニア温室」です。

少し大ぶりの「ベゴニア」の花達が、すご~く綺麗です!

写真がお好きな方にもおすすめしたい場所です。

こちらの「ベゴニア」は、通年楽しめます。

   

▼ 5月上旬に撮影した「ベゴニア」です。
   
あじさい 広島 植物公園 おすすめ ベゴニア

   
ちょっと休憩したいなという場合には、「ベゴニア温室」の近くにある

「森のCafe ログハウス」はいかがでしょうか。

コーヒーやジュースの他、パスタセットや定食などの食事メニューもあります。

こちらのソフトクリームも美味しいですよ。

   

また、季節ごとにイベントが開催され、冬季のイルミネーションは、毎年人気

です。

   

さいごに

綺麗なお花には癒されますよね。

特に、梅雨時期は、「紫陽花」が見頃となります。

様々な品種の「紫陽花」を鑑賞して、お気に入りを見つけるのも良いですね。

写真が趣味というわけではなくても、美しいお花達を前にすると、つい夢中で

撮影してしまいます。

ぜひ、『広島市植物公園』でのんびりと美しいお花達を鑑賞してみてください。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする