鯉のぼりを処分する時期は?供養したほうがよい?自宅でできる供養

男の子が生まれて用意した「鯉のぼり」。
その子の健やかな成長や出世を願って、毎年5月5日の『端午の節句』に
あわせて、「鯉のぼり」を飾りますよね。

そんな「鯉のぼり」も、子どもが大きくなってくると、飾らなくなってし
まいます。
そして、その役目を終え、処分するときが・・・。

でも、処分って、「いつ」「どのように」したら良いのでしょうか?
そのまま捨てちゃうのか、それとも、ちゃんと供養したほうがよいのか。

「鯉のぼりの処分」は、一体どうするのが正解なのかを見ていきましょう。

スポンサーリンク

  

鯉のぼりを処分する時期は?


『鯉のぼりを処分しようと考えた時』

実は、このときが1番の処分時期かもしれません。
   
というのも、「鯉のぼり」を飾る年齢については、特にきちんとした決まり
がないからなのです。

「鯉のぼり」には、「子どもの健やかな成長を願う」という意味を込めて
飾るものです。

なので、いつまで飾るかはお住まいの地域やその家庭で決めて良いのです。

となると、「一体どのタイミングで処分すればいいの?」と悩んでしまう
人が多いでしょう。

地域によって飾る時期などもまちまちですが、平均的に見ると、だいたい
お子さんが10歳くらいの時に処分される方が多いようです。


その理由は、お子さんが「鯉のぼり」を飾るのを恥ずかしいからと嫌がる
のが、この時期の場合が多いからです。

   
また、「鯉のぼり」が劣化したから、という理由も挙げられます。

毎年「鯉のぼり」を屋外に飾っていると、ちょっとの期間だったとしても、
日焼けや汚れなどでどんどん劣化していきます。

どんなに綺麗にお手入れしていても、これは仕方のないことです。

実は、「鯉のぼり」に良く使われているポリエステルは「5~8年程度」。
そして、ナイロンは「3年程度」で、色褪せや生地の劣化がはじまると
されています。

   

中には、「処分するのはもったいない!」という人もいるでしょう。

しかし、だからといって、ご自身の息子さんや知り合いなどに譲るという
のは、あまりおすすめできません。

「鯉のぼり」は、1人の男の子に対して1つなのです。

その子の身代わりで厄を引き受けてきた物なので、譲るとその厄も引き継ぐ
ことになってしまいます。

それでは、縁起がよくないですよね。

なので、処分の際には、その方法に注意しましょう。

   

鯉のぼりを処分するなら供養したほうがよい?


では、「鯉のぼり」は、一体どのように処分するのが正解なのでしょうか?

実は、「鯉のぼり」の処分には、大きく分けて3つ方法があります。
「寄付する」「神社等で供養」「自宅で供養」といった方法です。

   
★ 寄付する方法

「鯉のぼり」がきれいで、状態が良ければ、ただ捨てるのはもったいない
ですよね。

スポンサーリンク

そんなときは、この方法があります。

「鯉のぼり」はお祝い事に使用するものです。

なので、購入時のお値段はピンキリかもしれませんが、一般的には値の張る
ものです。

そうなってくると、お子さんが生まれても購入できない事情のあるご家庭や
団体もあります。

そんな方々のために、「寄付」という形で、保育園や幼稚園、小学校や各団体
などに譲ることも可能です。

また、地域のイベントに使うために寄付を募っている場合もあります。
「鯉のぼり 寄付 (地名)」で検索してみてください。

   

★ 神社などで供養する場合

最もポピュラーな処分方法がこちらになります。

「鯉のぼり」も、人形などと同じように、「お炊き上げ」で供養をして
もらうことができます。

人形の供養などを行っている神社は、「鯉のぼり」の供養を行っている
事も多いので、事前に確認してから持ち込むようにしましょう。

よく人形には魂が移ると言われていますが、もちろん「鯉のぼり」にも
その子の払った厄などが宿っています。

しっかりと供養して、お子さんの成長を支えてくれたことに感謝しまし
ょう。

また、供養の際は、「供養料」や「初穂料」が必要となります。
こちらも、事前の確認を忘れないようにしましょう。

   

★ 自宅で供養する場合

神社で供養することも出来ますが、実は自宅でも「鯉のぼり」を供養する
事ができます。

これなら供養のための料金がかかりませんので、お財布には優しいですね。

供養の方法は、以下の通りです。

①「鯉のぼり」の汚れを綺麗に落とします。

② 和紙などの白い紙の上に乗せます。

③ 塩を振り、鯉のぼりを清めます。

④ 手を合わせて、今までの感謝の気持ちを述べます。

⑤ ②の紙で鯉のぼりを包みます。

供養自体はこれで終わりで、この後はお住まいの地域のごみの日に
合わせて処分して大丈夫です。

また、「鯉のぼり」についているポールやワイヤーなどについては、
供養する必要はありません。

こちらも、お住まいの地域のごみのルールに従って処分しましょう。
   
今まで何年も自分の子供を支えてくれたものだと思うと、手放すのは
ちょっと辛いかもしれません。

処分する際は、感謝の気持ちをしっかりと伝えましょう。

もちろん、「鯉のぼり」を供養するところは、めったに見ることがで
きないでしょう。

それをお子さんに見せてあげるのも、いい経験になるのではないで
しょうか。

   

さいごに


いかがでしたか?

「鯉のぼり」も人形などと同じで、お子さんの成長を願って飾られる
ものです。

手放す時は、お子さんが小さいころを思い出したり、それももう見る
ことができなくなると思うと辛いかもしれません。

ですが、今までの感謝の気持ちをしっかりと伝えて、お別れをしましょう。

きっと「鯉のぼり」を処分する頃には、お子さんは、随分とたくましく
成長していることでしょう。

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする