素麺と冷麦とうどんの違い|美味しい茹で方や賞味期限も違う?

食欲が落ちる夏は、「素麺」や「冷麦」を食べ
る機会が増えます。

ところで、「素麺」や「冷麦」は、何が違うの
でしょうか?
また、「うどん」との違いは?

そして、茹で方や賞味期限はどうなのでしょうか?

ここでは、「素麺」と「冷麦」の違いについて
ご紹介していきます。

スポンサーリンク

  

素麺と冷麦とうどんの違いは?

「素麺」と「冷麦」は、似ているので何が違う
のかなと不思議に思いますよね。

早速、「素麺」と「冷麦」の違いを見ていきま
しょう。
ついでに「うどん」についても見ていきます。
   

「素麺」・「冷麦」・「うどん」の違いは、
「麺の太さ」「製法」です。
   
一般的には、「麺の太さ」で分類されることが
多いのですが、「製法」にも違いがあります。

   

まずは、「麺の太さ」について詳しく見ていき
ます。
   

●「麺の太さ」の違い

JAS(日本農林規格)では、乾麺の分類をつ
ぎのように規定しています。
   

◆「そうめん」

機械製麺の場合:(角棒状)幅0.7~1.2mm
             厚さ1.0mm未満

        (丸棒状)直径0.8~1.3mm

手延べの場合:1.3mm未満

   

◆「ひやむぎ」

機械製麺の場合:(角棒状)幅1.2~1.7mm

             厚さ1.0~2.0mm

        (丸棒状)直径1.3~1.7mm

手延べの場合:1.3mm~1.7mm

   

◆「うどん」

1.7mm以上(冷麦より太いもの)

   

「手延べ干しめん」以外の「干しめん」は、
『干しめん』と記載することになっています。
ただし、ここでも、太さによって、次のように分類されます。
   

◆「干しそうめん」

長径を1.3㎜未満に成形したもの。

   
◆「干しひやむぎ」

長径を1.3㎜以上1.7㎜未満に成形したもの。

   
◆「干しうどん」

長径を1.7㎜以上に成形したもの。

   

このように、麺の太さで分類されています。
ざっくりとまとめると、1.3mm以下のものが
「素麺」で、1.7mm以上が「うどん」。
「素麺」と「うどん」の間が「冷麦」となります。

   

「麺の太さ」による違いを見てきましたが、そも
そも「素麺」と「冷麦」は「製法」が異なります。
「製法」の違いを見てみましょう。
   

●「製法」の違い

広辞苑にはつぎのように記述してあります。
   

◆「うどん」〔饂飩〕

小麦粉に少量の塩を加え、水でこねて薄くのば
し、細く切ったもの。
茹でて汁にひたして食べる。

   

◆「ひやむぎ」〔冷麦〕

細打ちにしたうどんを茹でて冷水で冷やし、汁
をつけて食べるもの。

   

◆「そうめん」〔索麺・素麺〕

小麦粉に食塩水を加えてこね、これに植物油を
塗って細く引き伸ばし、日光にさらして乾かし
た食品。
茹でる、または煮込んで食べる。

   

このように本来、「素麺」と「冷麦」は、製法
が違うものなのです。

『ひやむぎ』は「細打ちにしたうどん」なのです。

「うどん」は、”小麦粉と塩と水を混ぜたものを
練って延ばして切ったもの”です。

スポンサーリンク

一方、「素麺」は、”小麦に塩と水を加えて練る”
ところまでは同じです。
ですが、「冷麦」のように切らず、”練ったもの
に植物油又はでんぷんを塗り、細く引き延ばし、
天日干しにして作る”のです。

現在は製麺機で作られるので、切って作る「素
麺」もあれば、油を使わず作る「素麺」もあり、
製造工程だけでは区別できなくなっています。

つまり、「素麺」と「冷麦」、「うどん」の違
いは、本来は製法が違うものでした。
現在は、例外も考慮すると、機械麺の場合は
「太さ」を基準にし、機械麺でなければ「製法」
が基準になるということになります。

   

素麺と冷麦の美味しい茹で方は?

「素麺」と「冷麦」の違いは、「麺の太さ」と
「製法」でした。

「麺の太さ」が違うとなると、茹で方も違うの
ではとの疑問が出てきます。
   

そこで、「素麺」と「冷麦」の美味しい茹で方
を見ていきましょう。

   
◆「素麺」と「冷麦」の美味しい茹で方
   
(1)大きめの鍋に多めの水を入れ、沸騰させます。
   

(2)麺がくっつかないようにパラパラと入れます。
  箸でかき混ぜます。
   

(3)茹で時間は、素麺は「3分以下」「冷麦」は
 「約8分」 茹でます。
   

(4)火を止め、ザルに移し入れ、冷水で洗います。
   

(5)器に盛り付けて完成です!

   

「素麺」と「冷麦」の茹で方は、基本的には
一緒です。
違いは、茹で時間です。
茹でる時間に気を付けて、美味しく茹で上げ
てくださいね。

   

素麺と冷麦の賞味期限は?

「素麺」と「冷麦」の賞味期限に違いはある
のでしょうか?
   
「素麺」も「冷麦」も、賞味期限は2年です。

   
●保存期間(賞味期限)の目安

素麺&冷麦の賞味期限・・・2年程度

   
※保存状態が悪いと、賞味期限内であっても、
 カビが生えたり、虫が付いたりします。

※半生タイプのものは、2~3か月が賞味期
 限となります。

   

保存方法についても見ておきましょう。
   

「素麺」・「冷麦」は、基本的には『風通しの
良い冷暗所』で保存します。
冷蔵庫や冷凍庫での保存も可能です。
保存する際は、においが移りやすい食品ですの
で、においの強いものの近くで保存しないよう
注意が必要です。

また、湿気の多いところや室温が高いところ
では、カビや虫が付く原因になるため、注意が
必要です。

“木箱に入っているもの”や”紙箱に入っている
もの”は、そのまま冷暗所で保存します。
出来れば、定期的に箱から出して、天気の良い
日に数時間程度陰干しをすることをおすすめし
ます。
このようにすると、カビや虫が付きにくくなります。

   

さいごに

「素麺」と「うどん」の違いは、見た目から違
いますよね。
でも、「素麺」と「冷麦」はちょっと分かりに
くいですよね。

「素麺」・「冷麦」・「うどん」の違いは、麺
の太さと製法です。

麺の太さが違うことから、茹で時間も異なります。

賞味期限は、「素麺」・「冷麦」も2年です。

どちらも暑い時期にはぴったりなので、夏はど
ちらも大活躍ですね。

   

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする