ときめき情報

日々のお悩みや疑問を『!』にする情報をご提供していきます☆

彼岸花を庭に植えるには?育て方で鉢植えの場合と花後の手入れ

   

秋の花である『彼岸花』は、園芸では『リコリス』と呼ばれます。

その品種はさまざまありますが、初心者でも栽培できるのでしょうか?

今回は、『彼岸花』の栽培についてご紹介します。

スポンサードリンク
  

彼岸花を庭に植えるには?

彼岸花2

『彼岸花』は、夏植え球根で、5~6月の間に球根を掘り起し、7月以降に店頭に並びます。

病害虫に強くて管理も簡単なので、初心者にも育てやすい植物です。

では、庭に地植えする場合の育て方をご紹介します。

★ポイント★

・植え付けは、7~9月に行います。

・日当たりのよい場所を好みます。
 ※品種によっては、明るい半日陰でも育ちます。

・過湿を嫌います。水はけの良い場所で、乾燥気味に育てます。
 
・根を深くまではります。

★育て方★

(1)お好みの球根を購入したら、すぐに植えつけます。

   庭の植えつける場所を、深めに耕しておきます。

   堆肥や腐葉土の有機質を多めに混ぜ込んでおきます。

(2)球根を植える際は、球根サイズの2~3個分の間隔をあけます。 
 
  球根1個分の深さに植えつけます。

(3)市販の球根は、乾燥しているので、植え付け後は、たっぷり水を与えます。 

★水やり・追肥★

・庭植えの場合の水やりは、基本的には不要です。

 乾燥しすぎる場合は、水を与えてください。

・追肥は、植えつけた年は不要です。

 翌年以降は、寒肥(かんぴ)します。12~2月に植え付け時と同じ有機質の肥料を少量与えます。

 また、葉っぱの時期に、液体肥料を薄めて与えると、花が咲きやすくなります。

★その他★

・葉が育つ時期は、雑草を取り除いてください。雑草が多いと、成長が悪くなります。

彼岸花の育て方~鉢植えの場合~

『彼岸花(園芸名:リコリス)』は、鉢植えでも育てることができます。

鉢植えでの育て方をご紹介します。

栽培のポイントは、前章と同じなので、ご参考になさってください。

★育て方★
   
(1)根を深くはるので、深めの鉢かプランターを用意します。

   市販の花と野菜の培養土を鉢またはプランターに入れます。

スポンサードリンク

(2)5~6号鉢の大きさなら1~3球が目安です。

   球根の頭が隠れるくらいの深さに植えつけます。

(3)市販の球根は、乾燥しているので、植え付け後は、たっぷり水を与えます。

彼岸花(ダイヤモンドリリー)

★水やり・追肥★

・鉢植えの場合の水やりは、土の表面が乾いたら、十分に水を与えます。

 葉も何もない時期は、水やりを忘れがちです。

 球根にも水が必要なので、忘れずに水やりを行ってください。

・葉っぱの時期に、液体肥料を薄めて与えると、花が咲きやすくなります。

彼岸花の育て方~花後の手入れ~

2138497

植え付け後、花がきれいに咲いてくれるとうれしいですよね。

花が咲き終わった後は、どのように手入れをすればよいのでしょうか。

★花がらは?

・球根の養分を奪わないためにも、花が終わったら摘み取りましょう。

 『彼岸花』のように花だけを付ける茎を「花茎(かけい)」といいますが、

 花が終わった後の花びらを、花茎の先の花がついている少し下の部分(花首)で

 摘み取るとよいでしょう。

★植え替えは?

・庭植えの場合は、数年間はそのまま植えっぱなしの方が良いようです。

・鉢植えの場合は、小さめの鉢なら、6~8月に一回り大きな鉢に植え替えます。

 球根を傷つけないように、鉢から外す様に取り出し、そのまま根鉢を崩さずに、植え替えます。

★その他

・強風で葉が倒れても、そのままにしておきましょう。

 葉が無いと、光合成ができず、球根の養分が不足してしまいます。

 葉は、枯れてしまうまでは放っておいてください。

さいごに

『彼岸花』は、初心者でも育てやすい植物です。

しかも、植え付けから開花までの期間が短いので、楽しみがすぐにやってきます。

上手に育てると、球根が自然にどんどん増えるので、翌年以降も楽しめますよ。

スポンサードリンク

 - 秋の植物 ,