年賀状を上司へ出す際に一言添えるのは必要?おすすめの文例

上司に年賀状を出す場合、一言添えた方が良い
のでしょうか?
そして、一言添える場合、どんな文章を書けば
良いのか悩みますよね。

ここでは、上司に出す年賀状への一言添えは必
要なのかについて見ていきましょう。
そして、上司に添える一言として、おすすめの
文例もご紹介していきます。

スポンサーリンク

  

年賀状を上司へ出す際に一言添えるのは必要?

上司に年賀状を出すのであれば、できる限り、
手書きで一言書き添えることをおすすめします。
   

印刷された文章しか並んでいない年賀状では、
気持ちは伝わりにくいものです。
   
年賀状とは、新年の挨拶と、日頃の感謝の気持
ちを伝えるものですよね。
なので、短い文章でもかまわないので、あなた
の言葉を、手書きで一言二言伝えるようにした
いものです。

   

ちなみに、一言添えないのであれば、思い切っ
て、年賀状を出すこと自体をやめても問題あり
ません。
本来、職場でいつも顔を合わせる上司には、改
めて年賀状を出す必要はないとされています。
ですから、「一言添えるのが面倒だな」と感じ
たら、年賀状は出さなくても良いでしょう。
そのかわり、新年の初出勤日には、口頭でしっ
かり新年の挨拶をしましょう。

   

年賀状 上司へ一言添える場合の文例は?

では次に、上司への年賀状一言添える場合の
文章について見ていきましょう。
おすすめの文例も紹介しますので参考にしてく
ださいね。
   

まずは、旧年中の感謝の気持ちを表す一言を添
えると、気持ちがきちんと伝わります。

スポンサーリンク

「昨年は色々とお世話になり、本当にありがと
うございました」と、シンプルに書くと良いで
しょう。

もっと格式的な表現もありますが、それだと
ちょっと堅苦しくなりますね。
これでは、素直な気持ちが伝わりづらいかもし
れません。
なので、シンプルでわかりやすい表現で書いて
てください。

   

そして、新年から仕事にどう取り組もうとして
いるのか、あなたの意気込みを、ぜひ明るく
伝えたいですね。

この場合は、「今年も精一杯努力致しますので、
どうぞよろしくお願い致します」というような
内容が良いでしょう。
   

また、もし仕事で目標があるのなら、それにつ
いて一言書くというのも良いでしょう。

例えば、「今年は~を達成できるよう、一生
懸命努力したいと思っております」といった一
言です。
この場合、くどくならないよう、シンプルにま
とめるようにしましょう。

   

基本的に、上司への年賀状に添える一言は、こ
の程度に留めておけばOKです。
長い文章を添える必要はなく、シンプルな文章
で、気持ちがきちんと伝わる一言を意識してく
ださい。

もちろん、上司は目上の人ですから、失礼があ
ってはいけません。
敬語の使い方や誤字脱字に注意するなどの配慮
は忘れないようにしましょう。

   

さいごに

上司に送る年賀状は、印刷されたものをそのま
ま送るよりも、一言添えるのが理想です。

長い文章を考える必要はないので、失礼のない
内容でシンプルにまとめましょう。

こちらで紹介した文例を参考にしながら、あな
たの気持ちが伝わる文章を考えてみてください。

そして、相手に失礼がないように、落ち着いて
丁寧に書くことも大切ですよ。

   

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする