ラグビーW杯の試合時間はどれくらいかかる?人数やルールを簡単解説

ラグビーのワールドカップ(W杯)を観戦する場
合、試合時間がどれくらいかかるものなのか気
になりますよね。

また、応援する際は、ルールも分かっておきた
いところです。

そこで、ラグビーW杯の観戦を楽しむための試
合時間や延長戦、ルールについて見ていきまし
ょう。

スポンサーリンク

  

ラグビーW杯の試合時間はどれくらい?

ラグビーのワールドカップ(W杯)での1試合に
かかる時間はどれくらいなのでしょうか?
   

試合時間は、

前半40分+後半40分=計80分

です。

   

これに、前半終了後のハーフタイム10分と、
ロスタイムが加わるので、合計で100分弱
なります。

ということで、ラグビーの試合時間は、
1試合1時間40分前後かかることになります。

   

ただし、前後半の80分で決着がつかない場合
は、延長戦となり、さらに時間がかかります。
   

まず、5分の休憩後に、20分の延長戦が行わ
れます。
こちらは、前半10分+後半10分の計20分
です。
   

これでも勝敗が決まらない場合は、さらに再延
長戦が行われます。
再延長戦は、延長戦後に5分休憩してから始ま
ります。
そして、こちらは、10分間のサドンデス方式
となります。
サドンデス方式なので、どちらかが得点した時
点で試合終了となります。
   

これでもなお決着がつかない場合は、キッキン
グコンペティションで勝敗を決めることになり
ます。
キッキングコンペティションとは、各チーム5
人が場所を変えながらゴールキックを蹴ります。
その成功した合計本数で競います。
各5人で決まらない場合は、6人目以降はサド
ンデス方式となります。
   

スポンサーリンク

このように、延長戦となると、試合時間がどれ
くらいかかるのか予想つかないということにな
るかもしれません。

   

ラグビーW杯の試合 人数やルールは?

では、ラグビーのワールドカップ(W杯)の観戦
を楽しむために、基本的なルールを知っておき
ましょう。
   

まず、人数ですが、1チーム15人で試合が行
われます。

   

つづいて、「どうなったら得点となるのか?」
について見ていきましょう。
   
ボールをパスやキックでつないでいきます。
ラグビーは、自分より前にボールを投げれない
ので、後ろにパスを出すなどで得点を狙います。

そして、相手陣地の奥にあるインゴールという
エリアにボールを置くと得点になります。

これを「トライ」といいますが、「トライ」で
の得点は、「5点」です。
   

このほか、得点となるのは、「ゴールキック」
などがあります。

【 得点となる方法 】

◆ トライ:5点

相手側のインゴール内にボールを置く

   
◆ ゴールキック(コンバージョン):2点

トライ後のゴールキックが成功

   
◆ ペナルティーゴール:3点

相手チームの反則でのゴールキックが成功

   
◆ ドロップゴール:3点

プレー中にワンバウンドさせてドロップキッ
クが成功

このように、ラグビーはチームでボールをつな
ぎ得点していくというスポーツです。

素晴らしいチームプレーを観れると盛り上がり
ますよね。

W杯という世界大会ですので、レベルの高いプ
レーを楽しめるでしょう。

   

さいごに

ラグビーのワールドカップ(W杯)では、1試合の
時間は、通常80分+ハーフタイムです。

ただし、これで決着がつかない場合は、延長戦に
なり、試合時間が予測できないこともあります。

そして、ルールに関しては、1チーム15人でプ
レーします。

得点は、トライやゴールキックなどで決まります。

世界レベルのプレーを楽しんでくださいね。

   

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする