【リネン素材のしわ】洗濯方法と気を付けるポイント!アイロンかけ方

リネン素材の服は、夏にぴったりです。
というのも、リネンの生地は、通気性などに
優れています。
そのため、涼しく着ることができる素材なの
です。
ただ、しわになりやすいのが気になるところ。

なぜ、しわになりやすいのでしょうか?

リネン素材のしわになりやすい特性と洗濯や
アイロンなどの自宅でのお手入れについて
ご紹介していきます。

スポンサーリンク

  

リネン素材はしわになりやすいのはなぜ?

「麻」の1つである「リネン」は、通気性が
よく、吸湿性にも優れています。

なので、夏でも、肌に張りつくことなく、さ
らりと着ることができます。

   

ただ、しわになりやすいのがデメリットでも
あります。
   

「リネン」は、植物から作られているため、
変形すると元に戻りにくいため、しわになり
やすいのです。
   
変形の要因となるのが、洗濯です。
洗濯時に揉まれたり、洗濯後放置したりする
としわになってしまいます。
   
そして、しわになると、自然にしわが消えに
くいという特性があります。

   

リネン素材を洗濯する方法!気を付けるポイントは?

リネンは、ご家庭で洗濯することができます

ですが、気を付けるポイントがあります。
   

◆ しわになりやすい

◆ 色落ちしやすい(特に濃い色や柄物)

   
リネンのしわと色落ちを抑えるには、丁寧に
洗濯する必要があるのです。
   

また、洗濯機でグルグル回して洗うと、摩擦
に弱いリネンは色が白けてきます。

   

では、どのように洗濯をすれば良いのでしょ
うか?

   
まずは、その衣類に付いている洗濯表示の
タグを確認しましょう。
「手洗いマーク」や「洗濯機マーク」の表
示があれば、ご家庭で洗濯できます。

   一方、「ドライマーク」や「水洗い不可」の
表示がある場合は、ご家庭では洗えません。
クリーニングに出しましょう。

   

ご家庭で洗濯できる場合の洗濯方法を見てい
きましょう。

   

<リネンの洗濯方法>

★ 手洗い(つけ置き洗い)がベスト

★ 洗濯機で洗う場合はネットに入れる

★ 透明な洗濯糊を使用する

★ ぬれ干しにする

★日陰に干す 

 
   
★手洗い(つけ置き洗い)がベスト
   
水を張った洗面台などに「おしゃれ着用洗
濯洗剤」を入れます。
畳んだリネンを浸けて、20回以上軽く押
して洗いします。

※リネンは、高温で洗うと縮みやすいので、
 水で洗いましょう。

その後、水を替えて、すすぎます。
優しく押して洗剤を落とします。
2~3回繰り返して、洗剤残りがないよう
にします。

   

★洗濯機で洗う場合は洗濯ネットに入れる
   
洗濯機で洗う場合は、必ずリネンを畳んで
洗濯ネットに入れます。
使用する洗剤は、「おしゃれ着用洗濯洗剤」
です。
   
そして、「手洗いコース」「ドライコース」
で洗います。
ただし、洗濯時間を洗濯機の最短時間に設
定して洗いましょう。

   

★透明な洗濯のりを使用する
   
洗濯後のすすぎの際に、洗濯のりを入れる
と、しわになりにくく、綺麗に仕上げるこ
とが出来ます。
洗濯のりは、「PVA」と書いてあるもの
を使用してください。

スポンサーリンク

   

★ぬれ干しにする
   
リネンのしわは、脱水の際にできる場合が
多いです。
この脱水で出来る「絞りじわ」を防ぐのに
有効なのが、「ぬれ干し」という干し方で
す。
「ぬれ干し」は、ほとんど脱水せずに干す
方法です。

   

(ぬれ干しの方法)
   
① 手洗いで丁寧に洗います。
   

② 薄く糊づけし、洗濯機で10秒ほど脱水
 します。
 高速回転になる前に取り出のがポイント
 です。
 脱水をしなくてもOKです。
   

③ ハンガーに、形を整えて干します。
 この時にしっかりシワを伸ばして干すこ
 とが重要です。

   

★日陰に干す
   
洗濯後は、すぐに干しましょう。
その際、直射日光のあたる場所に干すのはNGです。
色むらになったり、色が褪せたりします。
また、白い服の場合は、黄ばんでしまう原因となり
ます。

   

◆色落ち・色移り対策
   
リネンの色が濃い服の場合は、色落ち・色移
り対策をしましょう。

   
・他の服と一緒に洗わない!
 別々に分けて洗う事を心がけましょう。

   
・洗う際には、水2リットルに対して
「塩 大さじ2杯」を目安にして入れて洗濯
 します。
 塩には、色を閉じ込めて定着させる作用が
 あります。
   

・色落ち対策として使用する洗剤も、中性洗
 剤がおすすめです。
   

・干す時には、半日陰や室内で、裏返しにし
 て干しましょう。

   

ご家庭で洗う自信がないなら、麻素材に慣れ
ている信頼のおけるクリーニング店に出して
洗ってもらうのも一案です。

   

リネンのしわをなくすアイロンの上手なかけ方は?

リネンは、上手に洗濯をすれば、しわも気に
ならずに綺麗に仕上げることが出来ます。
   
ですが、気になるしわが出来てしまった場合
は、アイロンをかけると良いでしょう。
   

ただし、出来てしまったリネンのしわを伸ば
すのは、結構大変です。

なので、アイロンがけには「霧吹き」がマス
トアイテムとなります。

   

では、アイロンを上手にかける方法を見てい
きましょう。

   

① 洗濯表示を確認する。
   
 その表示に従い、アイロンの温度を「中」
 または「高」で設定する。

   

② 設定した温度でしっかり温まったら、リネ
 ンに霧吹きをかけてぬらす。

   

当て布をして、裏からアイロンをかける。
   
 当て布をせずにアイロンしたり、表から
 かけると、テカることがあります。

   

洗濯方法として「ぬれ干し」すると、しわが
出来にくいので、ノーアイロンでも大丈夫で
すが、縫い目部分にアイロンをかけると、よ
り綺麗に形を整えることができます。

   

さいごに

多くのメリットがあるリネン素材ですが、
しわになりやすいという難点もあります。
   
ですが、上手に洗濯することで、しわが気に
ならない仕上がりに出来ます。
   
長く着るほどに着心地が良くなる「リネン」。
洗濯方法を覚えて、少しでも長く着たいもの
です。

   

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする