セーターを洗濯すると縮む原因は?大切なセーターは手洗いしましょう!

「家でセーターを洗ったら縮んでしまった」という経験はありませんか?

お気に入りのセーターが縮んでしまうと、セーターを家で洗うのが恐くなりますよね。

実は、家での洗濯でセーターが縮むのには、いくつか原因があります。

そこで、セーターが洗濯で縮む原因や、正しいセーターの洗濯方法についてご紹介して

いきます。

スポンサードリンク

  

セーターを洗濯すると縮む原因は?


ではまず、セーターが家での洗濯で縮んでしまう原因についてお話していきます。

セーターが縮む原因は、素材によって違います

   
まず、「ウール」や「カシミヤ」などの『天然繊維』の場合から見ていきましょう。

天然繊維素材のセーターは、洗濯するために水に入れると、いっせいに膨張します

さらに、この膨張した繊維が、洗濯中に絡み合うようになってしまうのです。

この状態のまま洗濯を続けると、絡み合った繊維が摩擦であちこちの方向に移動し

始めます。

そして、絡み合って移動したまま縮んで固くなり、元に戻らなくなるのです。

   
つぎに、「ナイロン」や「ポリエステル」などの『化学繊維』の場合について

お話します。

化学繊維でできたセーターは、洗濯そのものでは縮みません

でもこれらの素材は、熱や極端な乾燥状態に弱いという特徴があります。

そのため、洗濯後に乾燥機に入れたりすると、水分の蒸発や熱によって縮むことが

あります。

   

大切なセーターの洗濯は手洗いで!


「縮みやすい」とはいうものの、セーターを全く洗濯しないわけにはいかないです

よね。

クリーニングに出すのが簡単で安心ですが、料金が結構かかってしまいます。

出来れば家で洗濯したいですよね。

   
では、セーターを縮ませないためには、どんなことに気をけて洗濯したら良いの

でしょうか?

スポンサードリンク

   
まず、全ての素材のセーターに共通することは、「手洗いすること」です。

洗濯機で洗ってしまうと、激しい振動で、大きな摩擦が起きますよね。

なので、丁寧に優しく、手洗いをすることがポイントとなります。

「化学繊維なら、洗濯機でも大丈夫じゃないの?」と思う方もいらっしゃるかも

しれません。

ところが、素材によっては、洗濯機の脱水で縮むものもあります。

そのため、化学繊維であっても、できるだけ手洗いすることが理想です。

   
そして、手洗いする時、「もみ洗い」はせずに、軽く「押し洗い」をしてください。

洗剤は、ニット製品が洗える家庭用洗剤を使用しましょう。

また、洗剤はよく泡立ててから使うようにしてくださいね。

洗剤を泡立てると、繊維との摩擦が少なくなるので、縮みにくくなりますよ!

洗った後は、セーターをタオルに包み、水分をタオルにしみ込ませるのが理想です。

でも、時間がない時は、洗濯機で脱水してしまいたいですよね。

この場合は、セーターをネットに入れ、30秒くらい脱水したらすぐに出すように

しましょう。
   

あとは、セーターを平干しします。

平干し用のネットは、ホームセンターなどで購入できますし、100均にもありますよ。

風通しの良い日陰に干しましょう。

   

さいごに


『天然繊維』のセーターは、洗濯した時の繊維の摩擦が原因で縮んでしまいます。

一方、『化学繊維』のセーターは、洗濯で縮んでしまうことは少ないようです。

でも、乾燥機に長時間入れておくと、乾燥や熱で縮むことがあります。

セーターが縮まないようにするためには、丁寧に手で押し洗いしましょう。

脱水する時だけは、洗濯機に入れても大丈夫ですが、長時間入れっぱなしにしては

いけません。

セーターをネットに入れて、脱水は30秒程度にしておきましょう。

そして、平干しネットで陰干してくださいね。
   

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする