ときめき情報

日々のお悩みや疑問を『!』にする情報をご提供していきます☆

40代は昼寝をしても疲れが取れない!?どうにかしたい疲れの解消法は?

   

40代になると、「疲れが取れにくくなった」という悩みを抱える人が増え始めます。

いつも慢性的な疲れに悩まされ、毎日を気だるく感じてしまうようになるのです。

休みの日にどんなに昼寝をしても、全く疲れが取れないということも。

では、40代になると、なぜこれほどまでに疲れが取れなくなるのでしょうか?

また、慢性的な疲れを解消するための効果的な方法とは、どのようなものなのでしょうか。

スポンサードリンク

40代 昼寝をしても疲れが取れないのはなぜ?

   
ではまず、40代に入ると、疲れが取れにくくなる原因について説明していきます。
   

最も大きな原因は、ホルモンバランスが不安定になっているということです。

今まで元気に過ごしてきた女性でも、この年代になると、ホルモンバランスが崩れます。

ホルモンバランスが崩れてしまうと、体全体の機能を司っている自律神経も乱れます。

その結果、体内部における、あらゆる回復力が落ちてしまうのです。

当然、疲労からの回復力も落ちてしまい、疲れが抜けない状態が長く続いてしまいます。

特に、更年期障害を患い始めると、この症状が更に悪化します。

人によっては、起き上がれないくらいの疲労感とだるさに襲われる場合もあります。

   
もう1つ考えられる原因は、長年の疲れやストレスの蓄積です。

若い時はどうしても無理をしてしまいますよね。

しかし、その無理がきかなくなるのが、40代以降という年代です。

長年溜め込んだ疲れやストレスに対しても、体が悲鳴をあげ始めてしまうのです。

その結果、何時間昼寝をしても疲れが取れず、常に倦怠感と共に過ごすようになります。

どうにかしたい!疲れが取れない時の解消法は?

   
では、昼寝をしても疲れが取れない時に、ぜひ行いたい解消法をご紹介します。

   
まず、やっていただきたいのは、睡眠の質を良くすることです。

昼寝をしても疲れが取れない場合、睡眠の質が悪いという可能性があります。

睡眠の質が悪いということは、熟睡できていないということです。

これでは、何時間寝ても疲れが残ったままの状態が続いてしまいます。

その結果、だるさから解放されない毎日が続きます。

   
では、具体的に何をしたら、睡眠の質は良くなるのでしょうか。

   
まず1つめは、毎日決まった時間に寝起きをするということです。

スポンサードリンク

就寝と起床のリズムを体に刻み込みましょう。

それによって熟睡できるようになり、その日の疲れを完全に解消できるようになります。

もう1つ行いたいことは、寝る前に脳を刺激しないようにするということです。

スマホやPC・TVから発せられるブルーライトには、特に注意しましょう。

このブルーライトを寝る前に目に入れてしまうと、脳が興奮し、眠れなくなります。

また、寝る前に激しい音楽を聴くことも、脳の興奮に繋がります。

「昼寝 疲れ 取れない 解消法」画像

   

睡眠の質を上げることに加えて、もう1つ行いたいことがあります。
   

それは、ストレスを上手に解消する習慣を作るということです。

現代社会においては、ストレスを避けて通ることはできません。

しかし、ストレスを溜めたままにしておくと、体と脳が常に興奮した状態が続きます。

その結果、熟睡できなくなり、いつまで経っても疲労回復ができないという状態に・・・

なので、意識的にストレス解消のための時間を作り、上手に発散してくださいね。

   

そして、栄養バランスの良い食事を規則正しく摂ることも大切です。

これに、疲労回復に役立つ食材などを積極的に取り入れるようにするとなおよいでしょう。
   

▼ 疲労回復にも役立つ栄養豊富な食材「かぼちゃ」の記事もどうぞ
『夏野菜です!かぼちゃの栄養は?おすすめな効果的な食べ方は?』

さいごに

女性は、40代に入ると、疲れを回復するスピードが落ちてしまいます。

しかし、生活習慣を少しだけ改善することで、その悩みは徐々に解決されていきます。

「もう若くないから仕方ないわ」と諦めず、できることから試してみてください。

毎日の悩みの種だった気だるさが、少しずつ変わり始めていきます。

スポンサードリンク

 - ヘルスケア ,