ときめき情報

日々のお悩みや疑問を『!』にする情報をご提供していきます☆

秋植え球根のチューリップはいつ植える?水やりと寄せ植えについて

   

「チューリップ」といえば、春のお花ですよね。

さまざまな品種があり、姿やカラーも豊富です。

初心者の方でも育てやすいので、とても人気のお花ですが、

春が近づいて「チューリップを育てたいな~」と思っても、もう遅いです!

今回は、「チューリップ」の球根の植え方・育て方についてご紹介します。

スポンサードリンク

秋植え球根のチューリップはいつ植える?

「チューリップ」は、秋に植える ”秋植え球根 ”です。

残暑が和らいだ頃からが植え付けに適した時期となります。

なので、10月~11月に植えつけましょう。

また、「チューリップ」は、日当たりの良い場所を好みます。

そして、しっかりと寒さに当たらないと花が咲かないので、日当たりの良い屋外

適した環境となります。

1265190

では、植え付け方法をご紹介します。

(1)まずは、土を準備します。

庭植えの場合は、よく耕し、庭の土の3割程度の培養土を混ぜておきましょう。

鉢植えの場合は、深めの鉢と、市販の球根用の土を用意すると良いでしょう。
鉢の底に鉢底石を入れ、その上に土を入れておきます。

(2)球根を植えつけます。

球根を植える深さが浅いと、茎がしっかりと伸びません。

庭植えの場合は、深さ:9センチ程度、間隔:球根1個分程度 で植えつけます。

鉢植えの場合は、深めに植えると、根がしっかり張れないので、浅めに植えます。

深さ:3センチ程度、間隔:球根1個分程度で植えつけましょう。

球根には向きがあります。平らな面を前側とすると、その両サイドは、葉が出る

方向となります。この向きを揃えて植えつけると、葉と花の向きが揃ったきれい

スポンサードリンク

な「チューリップ」を楽しむことができます。

(3)球根に土をかぶせたら、たっぷりの水を与えましょう。

チューリップを秋植えしたら水やりが重要!

「チューリップ」は、地中での時期が長いので、芽が出ていない時期は、水やりを

忘れてしまいがちです。

しかし、乾燥しすぎると、生育が悪くなります。

乾燥を嫌うので、適度に水やりすることをお忘れなく!

庭植えの場合は、あまり神経質にならなくても良いのですが、乾燥しているような

ら水を与えてください。

鉢植えの場合は、土の表面が乾いていれば、水を与えましょう。

水やりを忘れないために、ビオラやパンジーなどを植えておくのも良いでしょう。

1320950

秋植え球根の寄せ植えにおすすめなのは?

「チューリップ」だけでも素敵なのですが、他の花を寄せ植えにすると、春爛漫な

お庭になります。

「チューリップ」との寄せ植えに相性が良いのは、ムスカリやフリージアなどです。

他には、

・アイフェイオン
・チオノドクサ
・ホメリア
・イキシア
・ロゼア

などがあります。これらも秋植え球根ですので、同じ時期に植えると良いでしょう。

710330

さいごに

まだ秋ですが、今から春が楽しみになりますね。

しっかり寒さにあて、水やりを忘れずに管理をすれば、きっと素敵に咲いてくれる

でしょう。

きれいな「チューリップ」を咲かせてくださいね☆

スポンサードリンク

 - 植物 ,