広島レモンの食べ方で骨健康に!?皮も美味しく食べる方法と選び方は?

レモンの産地といえば広島県ですが、こちらの産地では、
美味しい食べ方で健康に過ごしている方が多いそうです。

ビタミンCだけではない、レモンのすごい栄養を摂る食
べ方とはどんな料理なのでしょうか?

また、栄養が多く含まれている皮を美味しい食べる方法
と、新鮮なレモンの見分け方もご紹介していきます。

スポンサーリンク

  

広島レモンの食べ方で骨健康に!?美味しいレシピ

レモンの栄養といえば、『ビタミンC』ですよね。
『ビタミンC』は、美容や健康に役立つ栄養です。
   

しかし、レモンの栄養は、それだけではありません。
なんと、骨と血圧にも効果が期待される栄養が含ま
れています。
   
レモンに含まれている『クエン酸』は、『カルシウム』
の吸収を高めてくれます。
   
なので、『カルシウム』を多く含む食材とレモンを
一緒に食べると、『カルシウム』の吸収を良くして
くれるので、骨の健康に役立つのです。
骨粗しょう症の予防にも効果が期待されるので、骨
の健康を保ちたい方にはおすすめの食材なのです。

   
というのも、『カルシウム』を効率よく摂るのに、
レモンの『クエン酸』が大活躍なのです。
   
通常、『カルシウム』の含まれた食材を食べても、
7割程度は、体外に排出されてしまいます。
   
ですが、レモンと一緒に摂ると、『クエン酸』が
『カルシウム』を包み込み、水と溶けやすくなり、
腸での吸収を良くしてくれるのです。
   

実際、レモンの消費量が多い、広島県大崎上島では、
骨密度年齢が実年齢よりも若い人が多いのです。

   

では、その食べ方として、農家で食べられている
「レモン鍋」をご紹介します。
   
クリーミーでさっぱりとした味わいです。

   

◆◆◆ 牛乳レモン牛乳鍋 ◆◆◆
   
● 材 料
   
・レモン輪切り
・豚バラ肉
・野菜(もやし、キャベツ、ニンジンなど)

・牛乳
・味噌・・・牛乳200mlに対して大さじ1/2を
      目安に味を見ながら調整してください

   

● 作り方
   
(1)お好みの野菜を千切りにして、鍋に山盛りに
   入れる。
   
(2)野菜の周りに豚肉を巻きつけるように入れる。
   
(3)味噌と牛乳を溶いて、鍋に入れる。
   
(4)レモンを豚肉に貼り付けて、火にかける。

   

スポンサーリンク

レモンの食べ方~皮も美味しく!

レモンには、骨の健康に役立つ栄養が多く含まれてい
ますが、それだけではありません。
   
なんと、血圧にも効果が期待できる栄養素も含んでい
るのです。
   
レモンには、『エリオシトリン』という成分が含まれ
ています。
この成分は、血圧を下げる働きがあります
さらに、この『エリオシトリン』は、レモンの皮に
多く含まれています。
なので、皮ごと食べると、健康効果アップにつながり
ます。
   

ただ、レモンの皮には、苦味成分が多く、食べにくで
すよね。
この苦味を消す簡単な方法があります。
   

まずは、レモンの皮の苦味を消す方法から見ていきましょ
う。
   
レモンの皮を千切りにして、お湯で茹でます。
グツグツと沸いたら、その湯を捨て、再度お湯で
茹でます。
これを3回すると、苦味が消えるのです。

   

では、苦味の消えたレモンの皮を使った高血圧予防に
なる料理をご紹介します。

   

◆◆◆ レモンの皮のかき揚げ ◆◆◆
   
● 材 料
   
・レモンの皮のスライス
・野菜(玉ねぎなど)
・エビなど

・冷水
・小麦粉

   
● 作り方
   
(1)材料を混ぜ合わせ、レモンの皮を入れる。
   
(2)油で揚げる。
   
(3)レモン果汁をかけていただく。

   

新鮮レモンの選び方は?

栄養豊富なレモンですから、今日からでも食事に取り
入れていきたいものです。
   

そこで、スーパーなどで購入する際の新鮮なレモンの
見分け方を見ておきましょう。

   
収穫後まもないレモンは、ヘタが緑色をしています。
なので、購入時は、ヘタをチェックしましょう。
   
このヘタが茶色く枯れているものは、避けます。
出来るだけヘタが緑色のものを選んでください。

   

さいごに

健康効果の高いレモンですが、食べ方には悩みます。
   
でも、案外いろんな食べ方があるので、試して見たい
ですね。
   
なかには、健康効果を高めてくれる食べ方もあります。
   
レモンを上手に普段の食卓に取り入れて、骨も血圧も
健康な状態で過ごしていきたいものです。

   

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする