華やかさが重要!ひな祭りのちらし寿司で子供が喜ぶ具材と合う献立は?

冬の寒さが緩み、梅や桃のつぼみが膨らんでくると、「もうすぐ春なんだな~」と

感じるようになりますよね。

我が家には ”ぼけ”の木があり、毎年春の訪れを教えてくれます。

そんな春の大切な行事といえば、『ひな祭り』ですよね。

『ひな祭り』は、女の子の健やかな成長を祝う行事で、女の子が主役の日。

親としては、しっかりお祝いしてあげたいものですよね。

では、今回はそんな『ひな祭り』のお祝いで、定番といっていいほど登場する

「ちらし寿司」についてご紹介していきます。

また、「ちらし寿司」に合う献立についても見ていきましょう。

スポンサードリンク

  

ひな祭りのちらし寿司で子供が喜ぶ具材は?

『ひな祭り』は、女の子が主役の日。

女の子の健やかな成長を祝う、節句の年中行事です。

ちなみに、旧暦では桃の花が咲く季節がちょうど『ひな祭り』の頃にあたるため、

「桃の節句」と呼ばれるようになったそうです。

   

そんな、女の子の大事な行事である『ひな祭り』。

代表的な祝い方といえば、「ひな人形」や「桃の花」を飾ったりします。

また、白酒や春の訪れを感じる旬の食材を使ったお料理でお祝いします。

この他にも、雛あられや菱餅を供えたり、女の子は着物を着たりと、とっても華やか

なお祝いになります。

   

このように『ひな祭り』のお祝いに欠かせないお料理。

中でも、代表的なのが「ちらし寿司」になります。

なぜ、「ちらし寿司」が『ひな祭り』の定番になったのでしょうか?

実は、「ちらし寿司」自体には、特に云われはないのです。

しかし、「ちらし寿司」に使われる「えび(長生き)」や、「れんこん(見通しがきく)」

「豆(健康でまめに働ける)」など、縁起のいい食材をたくさん使っています。

こうような具材での華やかな彩りが、食卓に春を呼んでくれるため、『ひな祭り』の定番

メニューとなったそうです。

そんな『ひな祭り』で、主役のお子さんが喜んでくれる具材といえば、「いくら」や

「エビ」、「サーモン」といった魚介類ですよね。

見た目も華やかですし、「サーモン」は、くるくる巻いてお花のような飾りを作ることが

できます。

また、甘い「桜でんぶ」や「錦糸玉子」も、ちょっと飾るだけで見た目がぐっと綺麗にな

るので人気ですよね。

さらに、「シイタケ」や「かんぴょう」、「レンコン」などをご飯に混ぜこめば、真っ白

なご飯よりもずっと見た目が良くなります。

アクセントに、「絹さや」や「刻みのり」などを散らすだけで、かなり豪華に仕上がります。

主役がお子さんの場合、味もそうですが ” 見た目” もかなり重要となります。

スポンサードリンク

通年出回っている野菜ではありますが、「人参」や「パプリカ」をクッキーの型で抜いて

飾るだけでも、かなり可愛くなりますよ。

美味しく楽しく食べてもらうためにも、色鮮やかで可愛い盛り付けも重視しましょう。

ひな祭りのちらし寿司に合う献立は?

さて、『ひな祭り』の主役級となる「ちらし寿司」ですが、これだけではちょっとお祝い

としては寂しいですよね。
   

では、「ちらし寿司」の他には、一体どんなものを作ってあげたらよいのでしょうか。

今回ご紹介したいのは3品です。

まずは、「ハマグリのお吸い物」です。

ザ・定番といった感じですが、なぜ「ハマグリ」がよいのかを説明いたしましょう。

実は、「ハマグリ」の貝殻は、対になっている貝殻でなければ、ぴったりと合わない作り

になっています。

ですので、” 仲の良い夫婦 ” を表しており、「一生一人の人と添い遂げるように」という

願いが込められた縁起物なんです。
   

2品目は、タケノコや菜の花など、「旬の食材を入れた茶碗蒸し」です。

「茶碗蒸し」というと、作るのが大変そうな印象を持たれる方も多いかもしれません。

ですが、実はフライパンで作ることが出来るくらい簡単なんです。

フライパンに水を3分の1くらい入れ、耐熱用の器に入れた卵液を置き、蓋をして火にかけ、

蒸していきます。

この時、蓋についた水滴が茶碗蒸しに入らないよう、ふきんなどをかぶせておくのがポイン

トです。

   

3品目は、アスパラガスやカブ、キャベツなどの「春野菜を使ったサラダ」もいいですね。

ここに、ホタテやエビなどの魚介類を切って盛れば、カクテルサラダ風に早変わりです。

見た目も鮮やかになりますし、春らしさがプラスされるので、オススメです。

   

また、番外編といたしまして、やっぱりお祝い事には「ケーキ」が欠かせないですよね。

手作りする余裕があるママさんは、お子さんと一緒に作ればいい思い出になりますね。

完全に手作りしなくても、スポンジだけ買ってきて、デコレーションをお子さんと一緒に

するだけでも十分です!

きっと、お子さんも率先してお手伝いしてくれるはずです。

さいごに

いかがでしたか?

『ひな祭り』は、女の子の年に一度のお祝いです。

せっかくなら盛大にお祝いしてあげたいですよね。

「ちらし寿司」は、前日のうちから作っておけますので、当日バタバタしないように

しっかり準備しておきましょう!

おじいちゃんやおばあちゃんを招待すると、ママさんは料理以外にもやらなきゃいけない

ことがあって大変ですよね。

ですが、可愛い我が子のために頑張っちゃいましょう!

きっと素敵な笑顔に出会えるはずですよ。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする