お盆にお墓参りしないとダメ?お墓参りなぜ?マナーやお供え物

お盆といえば、「お墓参り」ですよね。
お墓を掃除して、お供えして準備をします。

ところで、お盆にお墓参りはしないとダメなのでしょうか?

また、お盆にお墓参りをするのはなぜなのでしょうか?
お墓参りのマナーやお供え物についても見ていきましょう。

スポンサーリンク

  

お盆にお墓参りしないとダメ?なぜするの?

赤ちゃんがいたり、小さな子供がいる場合など、お墓参りに行くの
を躊躇することもあるでしょう。

そのような場合でも、お盆のお墓参りは、しないといけないのでし
ょうか?
   
望ましいのは、やはり、お盆のお墓参りはした方が良いでしょう。
   
というのも、お盆のお墓参りでは、ご先祖様を敬い、日頃の感謝を
伝えることができるからです。
今、平穏に過ごせているのはご先祖様のお蔭かもしれませんよ。

ただ、無理をしてまでお墓参りするのも考え物です。
この場合は、状況を考慮して、別の機会にお墓参りすることを検討
しても良いでしょう。

   

では、「お盆」にお墓参りをするのは、なぜなのでしょうか?
   
「お盆」とは、正式には『盂蘭盆会(うらぼんえ)』といいます。
『盂蘭盆会』とは、ご先祖様の冥福を祈る行事です。

お盆の期間は、一般的には8月13日~16日までの4日間です。
まず、13日に「迎え火」を焚いてご先祖様を迎え入れます。
そして、16日に「送り火」を焚いて送り出します。
   

現在では、「お盆」は、”先祖供養のためにお墓参りをする時期”
というのが一般的です。

お盆には、ご先祖様が家に帰って来られます。
この間に、お墓参りをして、お墓を綺麗にしておくという意味合い
もあるようです。

宗教により、お盆にお墓参りに行く理由については様々な考え方が
あります。
お墓参りで大切なのは、「ご先祖様を敬う気持ち」です。
健康に過ごせているなどの日頃の感謝の気持ちを、お墓参りをする
ことでお伝えする良い機会としたいですね。

   

お盆のお墓参りのマナーは?

では、お盆のお墓参りのマナー(作法)についてご紹介します。
   
★お盆のお墓参りのマナー

お盆だけの特別なマナーはありません。
お盆に限らず平素からの墓参りでも、
「ご先祖様に心より感謝して、先祖霊に合掌する真心」が大切です。

   
<お墓参りの基本的な心得や手順>

スポンサーリンク

お墓参りする時の服装は、正装でなくても大丈夫です。
掃除や墓石に水をかける場合は、多少汚れても良い服装が適している
でしょう。
   
◎持ち物:生花、線香、ロウソク、お供え物とそれを置くための半紙、
     数珠、マッチかライター、手桶とひしゃく(またはヤカン)
   
※掃除をする場合は、タワシやほうき、ゴミ袋などを持参すると良い
 でしょう。

※寺院内の墓地では、まずは本堂のご本尊をお参りしましょう。
 ご住職へのご挨拶も忘れずにしましょう。

   

◎墓参りの作法と手順

① 手桶に水を汲みお墓に参ります。
② 合掌して礼拝してから墓地の掃除をします。
③ 花立ての水を入れ替えます。
④ 生花を飾ります。
⑤ 半紙を敷き、その上に、お供物の菓子や飲み物をお供えします。
⑥ 線香に火をつけます。香炉の場合は立て、線香皿の場合は横
 に寝かせます。
⑦ 合掌して冥福を祈ります。

   
※線香の火を口で吹き消す行為は、マナー違反です。
 ローソクにしても手であおいで消しましょう。

※合掌の仕方は、数珠をかけて、手を胸の前で合わせ、
 軽く目を閉じ、 頭は30度ほどの角度で傾けます。
 そして、しゃがむなどして、墓石よりも体を低くして
 合掌するのがマナーです。

   

お盆の墓参りでのお供え物は?

お墓参りでするお供え物はどんなものが良いのでしょうか?

   
基本的には、故人が好きだった食べ物が良いでしょう。
その他は、季節の果物などが良いでしょう。
地域によっては、お米とサイの目に切ったなすを混ぜたもの
(水の子)を一緒に供えるところもあります。

最近は、カラスなどに荒らされないように、個包装された小さな
お菓子を供えることも多いようです。

また、お花はそのままにして良いです。
ですが、お供え物は、その場で食べたり、持ち帰ったりするところ
も多いようです。
カラスや小動物が食べ散らかしたり、腐敗して周りのお墓に迷惑を
かけないようにとの配慮からのようです。

お供え物を供えた後はどうすればよいのか、ご両親に確認されると
よいでしょう。

   

さいごに

「お盆」は、家族が集まって、近況報告をしあったり、故人の思い出
話をしたり出来る特別な期間です。

この時に皆でお墓参りをして、ご先祖様に感謝の気持ちと、今後の
家族の健康をお祈りしましょう。

   

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする