ときめき情報

日々のお悩みや疑問を『!』にする情報をご提供していきます☆

ほうれい線に効果絶大なのは美顔器?効果がある化粧品選びは?

      2017/05/30

新年度が始まり、進級・進学でバタバタする4月はあっという間に終わります。

これからは、参観日やPTA関係などで、お子さんの学校に行く機会も増えます。

そして、新たなママ友もできることでしょう。

最近は、40代でも綺麗な方をたくさん見かけます。

中には、「美魔女!」と思ってしまうくらい綺麗な方もおられます。

そんな方は、もともとの美しさもありますが、お肌が綺麗でたるんでいません。

うらやましい限りですが、諦めるのはまだ早いですよ!

今回は、お肌のたるみの中でも、特に老け顔に見える『ほうれい線』に効果が

ある美顔器や化粧品選びについてご紹介します。

スポンサードリンク

ほうれい線に効果絶大なのは美顔器?

『ほうれい線』は、口元にできるシワですが、この原因が何かご存知でしょうか?

多くの方は、加齢による「お肌の水分不足」と思われているのではないでしょうか。

でも、実は、『ほうれい線』の原因は、「コラーゲンの減少などによるお肌の弾力不足」です。

お肌の弾力が失われると、頬の脂肪を支えている皮膚がたるんで、『ほうれい線』ができてし

まいます。

「皮膚がたるんでできるのなら、表情筋を鍛えればいいのでは?」と思われる方もいらっしゃる

でしょう。

しかし、間違ったエクササイズやマッサージは、深いシワをつくってしまうことがあります。

口を閉じたまま、舌をぐるぐると動かすエクササイズや、ペットボトルを口にくわえて行う筋トレ

などは、続ければ効果があるでしょう。

続けられる方は、エクササイズでも効果を得られるでしょうが、続けられない方には、「コラーゲン」

を重視したケアがおすすめです。

「コラーゲン」は、お肌の弾力を守ってくれるので、『ほうれい線』のケアをする上ではとても重要

となります。

そして、この「コラーゲン」の生成には「ビタミンC」が欠かせません

しかし、残念なことに、「ビタミンC」は、そのままでは、お肌に吸収されにくいのです。

「ビタミンC]を効率よく吸収させるのに役立つのが、「美顔器」です。

イオン導入器なら、さらに「ビタミンC」が浸透しやすくなります。

イオン導入器以外にも、特殊な電磁パルスで「ビタミンC」などの有効成分を角質層深くまで浸透させ

たり、EMS(エレクトリック・マッスル・スティミュレーション)という電気刺激により筋肉を収縮させて表情筋を鍛える

ものもあります。

このような「美顔器」を使用すれば、1日5分~と短時間でケアできるので、忙しい方でも無理なく続

けることができるでしょう。

「美顔器」でのお肌ケアは、ちょっと贅沢な気分を味わえますよね。

スポンサードリンク

自分へのご褒美としてリラックスタイムに使用すると、優雅な時間を過ごせるのではないでしょうか。

▼ 関連記事
『美顔器は本当に効く?たるみ&ほうれい線に使ってみた!おすすめは?』

ほうれい線に効果がある化粧品選びは?

では、せっかくの「美顔器」を効果的に使用し、また、普段のケアにも効果がある化粧品にはどのよう

なものを選べばよいのでしょうか?

『ほうれい線』のケアには、「コラーゲン」生成に必要な「ビタミンC」が欠かせません。

日頃のケアにも取り入れたい成分です。

ですから、化粧品を購入する際には、「ビタミンC」を浸透しやすくしている「ビタミンC誘導体」

配合されているものを選びましょう。

化粧水なら、「美顔器」との相性もよいでしょう。

ただ、「ビタミンC誘導体」は、お肌が敏感な方には刺激が強い場合があります。

この成分が配合された化粧品を使って、お肌がピリピリするといった経験があるなら、刺激の少ない成分

のものがよいでしょう。

「ビタミンC誘導体」よりも刺激が少なくておすすめの成分は、「ナイアシン」です。

「ナイアシン」は、「コラーゲン」を増やして、肌にハリを与える効果があります。

また、抗酸化作用が強く、細胞を活性化させる働きがあるので、肌荒れにも効果が期待できます。

これらの他には、加齢とともに減少する「エラスチン」「ヒアルロン酸」が配合されてる化粧品

も『ほうれい線』のケアには有効です。

「レチノール」も「コラーゲン」を増やす作用があるので、『ほうれい線』のケアには効果が期待

できる成分です。

このような成分が配合された化粧水や美容液を、日頃のケアに取り入れ、「美顔器」を上手に使う

ことで、『ほうれい線』解消に効果的となります。

▼ 使い心地がよく、高機能な「美顔器」で、『ほうれい線』ケアを!

さいごに

『ほうれい線』の解消には、日頃のケアと、「美顔器」を使った特別なケアを合わせて行うことで、

高い効果が期待できます。

その「美顔器」も使い勝手がよいものだと、継続して使用できるでしょう。

また、シミだけでなく、『ほうれい線』などのお肌のたるみにも、紫外線が大敵となります

春以降の紫外線が強くなる季節は、特に気を付けなければなりません。

『ほうれい線』のケアが無駄にならないよう、紫外線対策もお忘れなく!

スポンサードリンク

 - スキンケア ,