蔵王で雲海の見られる時期は?お釜と雲海のどちらも楽しめるルート

東北地方にある蔵王は、美しい雲海を見るこ
とができることで人気を集めています。

では、蔵王の雲海は、いつ頃の時期に、どの
あたりの場所で見ることができるのでしょうか。

また、蔵王は、雲海だけでなく、緑色の湖面が
美しい「お釜」も有名なスポットです。

そこで、雲海とお釜の両方楽しむことができる
のかや、おすすめのルート&過ごし方について
も触れていきます。

スポンサーリンク

  

蔵王で雲海の見られる時期は?おすすめルート

宮城県と山形県の県境にまたがる蔵王連峰。
この蔵王では、雲海が出現し、幻想的な光景
を楽しむことが出来ます。
   

蔵王で雲海を見ることができる時期は、
春~11月くらいにかけてです。
例年、5月頃から見られますが、8~9月頃
が最も美しい時期とされています。
   

雲海が見られるのは、「夜明け前~朝」の時
間帯です。
   

発生しやすい条件は、次のようなものです。

・風が弱い雨上がり
・太平洋側から湿った空気が流れ込んでいる

   

雲海の出現率を調べられるサイトもあり、参
考になるでしょう。
このサイトとは、三菱自動車が提供している
『雲海出現ナビ』です。
WEBで「雲海出現ナビ」で検索すると出て
きます。
こちらで、「蔵王」と入力して調べてみてく
ださい。

   

では、雲海を見ることができる場所について
見ていきましょう。
   

車で行く場合、「蔵王エコーライン」という
ドライブコースがおすすめです。
蔵王エコーラインを車で走っていくと、道中
で、見事な雲海に遭遇することができます。

   

また、蔵王周辺にある温泉宿やペンションで
は、雲海をゆっくり楽しむコースを用意して
いることもあります。
このようなコースに申し込むと、テラスでの
んびり雲海を楽しむことができるので、家族
連れの人にはオススメですよ。
特に、長旅で疲れそうなら、宿が主催する雲
海鑑賞コースに参加されると良いでしょう。
この場合、雨が降っても、屋根のある環境で、
濡れずに雲海を楽しむことができます。
   

スポンサーリンク

さらに、蔵王ロープウェイに乗って、ロープ
ウェイの中から、雲海の景色を楽しむことも
できます。
のんびりと幻想的な光景を見るのもいいですね。

体力的に、長距離を歩く自信がないという場
合は、断然、ロープウェイがオススメです。

   

蔵王のお釜と雲海のどちらも楽しめる?

蔵王の「お釜」も人気の自然スポットです。
蔵王のシンボルでもある「お釜」は、エメラ
ルドグリーン等に変化する湖面が美しいです。
   

この「お釜」を楽しめる時期は、
4月下旬~11月初旬にかけてです。
ちょうど雲海の時期と重なっているため、
雲海と一緒に楽しむことができます
   

車でお釜まで行くには、蔵王ハイラインとい
うドライブコースを走っていきます。
蔵王ハイラインは、蔵王エコーラインの延長
線上にある有料道路です。
ちなみに、蔵王ハイラインは、11月上旬~
4月下旬は開通していないので、気をつけて
くださいね。
   
また、車で行かない場合は、白石蔵王駅から
出ている路線バスを使って行きましょう。

   

さて、蔵王ハイラインを登り切った先には、
近くに駐車場があります。
そこから7~8分歩くと展望台に到着します。
こちらの展望台で、ゆっくり寛いでお釜を鑑
賞するという楽しみ方が人気です。
   

さらに、駐車場から2~3分歩くと、レスト
ランが併設されている休憩所もあります。
このレストランでは、「釜カツ丼」というカ
ツ丼が有名なので、ぜひ食べてみてください。

   

さいごに

蔵王で、雲海・お釜の両方が楽しめる時期は、
4月下旬~11月初旬くらいまでです。

雲海を見るには蔵王エコーラインを、お釜を
見るには蔵王ハイラインを通っていきます。

また、雲海を見る場合はロープウェイ、お釜
を見る場合は路線バスというコースもあります。

どちらも、本当に美しい自然文化財なので、
ぜひ一生に1度は見ておきたい場所ですね。

   

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする