松江ホーランエンヤの観覧どこで?場所取りや見どころとアクセスは?

島根県松江市で10年に1度行われる「ホーランエンヤ」。
日本三大船神事のひとつでもあり、勇壮なお祭りです。

そんな「ホーランエンヤ」は、どこで観覧すればよいの
でしょうか?
また、場所取りは必要なのでしょうか?

「ホーランエンヤ」の開催日程&見どころとアクセスに
ついてもご紹介していきます。

スポンサーリンク

  

松江ホーランエンヤの観覧どこで?場所取りは?

「ホーランエンヤ」は、松江市内を流れる大橋川などを
約100隻の大船団が往来します。
   

なので、観覧場所としては、川の護岸橋の上から観る
ことができます。

   

< 観覧できる場所 >

◆ 大橋川、意宇川などの護岸
◆ 松江新大橋
◆ 松江大橋
◆ 宍道湖大橋
◆ 出雲郷大橋

   

そして、場所取りですが、当日早めに場所を確保しましょう
   
前日から敷物などを敷いて場所取りする人はいないようです。
ですが、多くの人出が予想されるので、よく観れる場所を
早めに見つけてキープしておきましょう。
   
その際は、敷物や座布団、帽子などがあるとよいでしょう。
帽子は、風に飛ばされないように気を付けてくださいね。

   

   

松江ホーランエンヤの見どころは?

さて、10年ぶりに行われる「ホーランエンヤ」ですが、
どのようなお祭りなのでしょうか?
   

開催日程見どころについて見ていきましょう。

   

★ ホーランエンヤ 開催日程&見どころ
   

【開催期間】

2019年5月18日(土)~5月26日(日)

   
渡御祭(とぎょさい)2019年5月18日(土)<陸&船行列>
   

城山稲荷神社 ⇒  大橋川  ⇒ 五大地(※)⇒ 阿太加夜神社
(9:20出発) (10:05~12:40) (16:00着)

(※)大海崎地区・大井地区・矢田地区・福富地区・馬潟地区の総称

   

   

中日祭(ちゅうにちさい)2019年5月22日(水)<輿&陸船行列>
   

出雲郷橋 ⇒ 阿太加夜神社
(11:30集合) (14:30着) (16:00祭典終了)

   

   

還御祭(かんぎょさい)2019年5月26日(日)<陸&船行列>
   

阿太加夜神社 ⇒ 大橋川 ⇒ 城山稲荷神社
(9:00出発) (12:20~14:45) (15:45&17:05着)(18:00祭典終了)

   

【開催場所】
   
松江市内(城山稲荷神社~阿太加夜神社とその周辺)

   

【見どころ】
   

櫂伝馬船(かいでんません)
   
「ホーランエーエ、エヤサノサ」と威勢のいい歌声や、船上で
披露される櫂伝馬踊り。
これが何といっても、このお祭りの見どころです。
   
色とりどりの装飾と迫力ある唄と踊りを楽しみましょう。

   
ちなみに、唄の「ホーランエンヤ」は、「豊来栄弥」とも書か
れるそうです。
いかにも縁起良さそうですね。

   

松江ホーランエンヤのアクセス

松江までは、JRで行くのが便利です。
   

JR松江駅から会場となっている大橋川の護岸までは、徒歩で
約5分で着きます。
   
そこから橋の上に行くにはさらに歩きますが、長時間歩く必要は
ありません。

   
また、JR松江駅からシャトルバスの運行も検討されています。
運行が決まれば、シャトルバスで移動が楽になりそうですね。

   

車で行く場合ですが、松江市内では、お祭り用の駐車場はあり
ません。
なので、会場周辺の有料駐車場に停めてください。
ただし、すぐに満車になる可能性が高いので、早めに行くのが
よいでしょう。

東出雲会場では、駐車場を設ける予定のようです。

   

さいごに

島根県松江市で10年に1度行われる「ホーランエンヤ」は、
勇壮な船神事です。
   
改元後の「令和元年」の開催となるため、より一層縁起が良い
お祭りとなりそうです。
    
迫力満点のお祭りを楽みたいですね。

   

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする