ハムスターの寒さ対策はカイロで大丈夫?留守中に便利なグッズ!

「ハムスター」は、愛らしくて人気のペットです。
ですが、寒さに弱い動物なので、気温が低くなる季節は注意が必要です。
秋以降は、気温の変化に気を付けなければなりません。

そんな「ハムスター」の寒さ対策はどうすればいいのでしょうか?
ホッカイロでも大丈夫なのでしょうか?

スポンサーリンク

ハムスターの寒さ対策はカイロで大丈夫?

ハムスターは、体が小さいために体温調節が苦手です。
気温が低い状態では、疑似冬眠したり、命を落としたりします。
ですから、寒さ対策必須となります。

ハムスターが快適に過ごせる環境は、
室温『20~25℃』で、湿度『40~60%』です。

室温が『15℃以下』になるようなら、寒さ対策をしましょう

   

エアコンで室温が20℃以上に保たれているのが理想的ですが、
日中、仕事などで外出する場合は、どうすればよいのでしょうか?
   

保温電球型のペット用ヒーターだと、
ケージ全体をソフトに温めることができます。

しかし、火災などへの心配もあります。
留守中の使用は、万が一のことを考えると、あまりおすすめできません。

   

それならば、”使い捨てカイロ”はどうなのでしょうか?

ペット用のカイロケースに入れて使用すれば、
ハムスターがかじる心配はなくなります。

ですが、カイロでは、長時間一定の温度に保つことができません。
外出時間が短いのであれば、カイロでも良いでしょうが、長時間の外出時に
は不向きです。
特に、夕方からは気温がぐっと下がります。
朝用意していったカイロの保温力も、そのころから弱くなります。

自宅に帰るのが夜になるのなら、カイロでの寒さ対策では不十分でしょう。

   

ハムスターの寒さ対策で留守中に便利なグッズは?

では、安全&経済的なハムスターの寒さ対策についてご紹介します。
   
留守中の寒さ対策に便利なグッズは、次の2つです。
   

スポンサーリンク

★ ペット用パネルヒーター

★ ホットカーペット

このどちらかがあれば良いのですが、使用する際には、気を付けることがあります。

   
ペット用パネルヒーター』の場合は、
ケージの中に入れるタイプではなく、下に敷くタイプを選びましょう。
ケージの中に入れるタイプは、事故につながることもあります。

下に敷くタイプのもので、使用時には、ちゃんと温まっているか確認しましょう。

   

ホットカーペット』を使用する場合は、現在お持ちのものでも
良いですが、電気代のことを考えて、小さいサイズのものを購入しても良いでしょう。
   

どちらの場合も、熱くなり過ぎないように温度を設定し、
ケージの半分は、ホットカーペットから外しておきましょう。
このようにすることで、ハムスターが暑いと感じた時の居場所を作ることができます。

   

『ペット用パネルヒーター』または『ホットカーペット』を使用する際には、
保温対策も必要です。

保温対策としては、ケージに毛布をかけたり、段ボールで囲ったりすると良いでしょう。
毛布をかける時は、完全に覆ってしまうと窒息してしまうので、少し隙間をあけておき
ましょう。
毛布や段ボールは、就寝時の対策としても使えます。

これらの対策でも寒そうなら、床材を増やしてみてください。

   

『ペット用パネルヒーター』も『ホットカーペット』も、下から温めるものになるので、
ケージ内が不衛生になりがちです。
臭いや虫が発生しないように、ケージ内は清潔に保つようにしてください。

   

さいごに

仕事から帰ってみたら、ハムスターが動かない・・・なんて悲しいことにならないように、
寒さ対策をしてあげてください。

ぜひ、ハムスターと一緒に暖かな春を迎えてくださいね☆
   

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする