クリスマスリースを子供と楽しく手作り!材料は100均!毛糸もカワイイ

「クリスマス」にツリーを飾られるご家庭は多いと思いますが、リースも人気が

あります。

リースは、簡単に手作り出来るので、お子さんと作られると楽しいでしょう。

今回は、お子さんと一緒に作れる『クリスマスリース』の材料や作り方について

ご紹介します。

スポンサードリンク

クリスマスリースを子供と手作り!

工作が好きなお子さんは多いでしょう。

そんな ” 工作 ” 感覚で、クリスマスリースを作ることが出来ます。

それも、1~2時間程度で作れるので、ちょっと時間を作って、親子で手作りして

みてはいかがでしょうか♪

まずは、材料を揃えますが、高価な材料だと、「そんなに使うなんてもったいない!」

なんて内心思ってしまいます。

それに、高価な材料といえば「プリザーブドフラワー」などがありますが、簡単には購入

出来ません。

また、生花などですと、枯れてしまうので、作る時期を考慮しなければなりません。


なので、今回は、すぐに購入出来、枯れる心配がなくて、しかも、好きなように使わせて

あげれる「100均」の材料で作りましょう!

クリスマスリースを手作りするなら材料は100均で!

最近は、「100均」で本当にいろいろな物を購入出来ます。

今回は、次のような材料を購入しましたが、リースはお好きな材料で作れば良いので、気に

入った物で作ってみると良いでしょう。

img_20161024_215701

   
< 材 料 >

・リース台
・松ぼっくり
・造花
・フェイクグリーン
・毛糸
・リボン

この他に、

・グル―ガン&グル―ガンスティック

・リンゴピック

を用意しましょう。

   
私は、自宅にあったものを使用しましたが、これらも、「100均」で購入することが出来ます。

ただ、「100均」のお店でも、「100円」でない商品がありますよね。

今回購入した造花も、実は、「100円」のものばかりではありません。

中には、「700円」の商品などもありますので、予算に合わせて選んでみてください。

そして、” 毛糸 ” ですが、さまざまなタイプがあります。

今回は、「ぷくぷくのモール」という毛糸を使用しました。

隙間に入れたり、リース台に巻きつけてもカワイイ毛糸ですよ。

スポンサードリンク

img_20161024_223133

クリスマスリースを手作りする作り方は?

では、クリスマスリースの作り方をご紹介します。

(1)まず、材料をばらします。

  今回使用するフェイクグリーンと造花をばらしていきますが、

  フェイクグリーンは、土台になっているグリーンの網から外していきます。

  造花は、花や葉の根元を切って、ひとつひとつのパーツにしておきます。

(2)リース台にどのように配置するかを決めます。

  リース台の外側に並べていき、大体の配置を決めます。

  花や松ぼっくりなどの大きな材料だけでも良いです。

  お子さんには、好きなように決めさせてあげると良いでしょう。

(3)グル―ガンを温めておき、準備が出来たら、リース台に貼り付けていきます。

 グル―ガンは、すごく熱くなるので、やけどしないように気を付けてください

小学校3年生以上のお子さんなら、使用させても大丈夫でしょうが、心配な場合は、

グル―ガンはお母さんが使用してください。

(4)形を整えていき、リボンを飾ります。

  形は、円の内側&外側がきれいな円になるように隙間に葉っぱなどの小さなパーツ

  を足していくと形が整いますよ。
  
  リボンは、普通に蝶々結びをしてリボンの形にしたものを貼り付けましょう。

   
▼ こんな感じで作ってみました。
img_20161023_221112

   
▼ しめ縄も100均で!
『お正月のおしゃれなしめ縄の作り方!100均でも素敵にアレンジするコツ』

さいごに

子供の感性はすごいです!

大人では考え付かないものが出来たりするので驚かされます。

親子で楽しくクリスマスリースを手作りし、お子さんの豊かな感性を感じてみてはいか

がでしょうか☆


▼ 関連記事
『クリスマスはアイスケーキを手作りで!簡単なレシピをご紹介』

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする