神奈川・大山の登山コースで子連れにおすすめは?服装や持ち物

神奈川県にある大山は、親子連れでも、無理
なく楽しく登山できる山です。

でも、初めて子供を連れて行くとなると、や
はり事前に色々な情報を知っておく必要があ
りますね。

そこで、子連れで大山を登山する際の、登山
時期やおすすめコースをご紹介していきます。

また、子連れでの登山の服装や持ち物につい
てもお話していきます。

スポンサーリンク

  

神奈川・大山の登山コースで子連れにおすすめは?時期は?

神奈川県・大山(おおやま)は、標高1,252m
のファミリーでも登山しやすい山です。
   

子供と大山を登る場合、時期としては、春、
もしくは秋の初めくらいがおすすめです。
   
基本的には、大山は、初心者でも親しみやす
い山なので、1年中登ることができます。
   
ですが、夏の暑い時期はかなり汗をかきます。
体力も消耗します。
なので、子供にはきついかもしれません。
体力のあるお子さんであれば、夏のチェレン
ジも検討してみると良いでしょう。
   
また、秋の終わりから冬にかけての時期は、
かなり寒くなります。
この時期も、子供には負担が大きいでしょう。

   

さて、子供と一緒に登山する場合、大山では
どのコースを登れば良いのでしょうか?
   

大山には、初心者向け~上級者向けのコース
があります。
子連れで登るなら、やはり初心者コースです。
この初心者コースは、山の中腹までケーブル
カーで行けるコースです。
ケーブルカーを降りてからは、徒歩で山頂を
目指します。
山頂までの登山時間の目安は、約1時間30
分です。
このぐらいの時間なら、子供にもちょうど
いいですよね。

   
初心者コースで登るには、まず、こま参道
と呼ばれる参道を登って行ってください。
このこま参道を登っていくと、終点に大山
ケーブル駅があります。
そこから、ケーブルカーで標高700mくらい
の山の中腹までいけるので、これに乗って
しまいましょう。
   

ケーブルカーに乗ったら、自然の光景を楽し
く眺めながら、阿夫利神社駅まで行きます。
乗車時間は、6分間です。

   

そして、阿夫利神社の左脇に、山頂に通じる
登山道の入り口があります。
そこから歩いて山頂に向かいます。
   
大人であれば、ケーブルカーに乗らず、歩い
て頂上まで行くことができます。
ですが、子供連れであれば、体力面も考慮し
て、阿夫利神社まではケーブルカーを使った
方が良いでしょう。

   

登山道入り口から山頂までは、約1時間30
分歩きます。
   
山頂には、阿夫利神社本社や売店、トイレが
あります。
ベンチもあるので、お弁当を食べることもで
きます。

   

スポンサーリンク

山頂からの下山は、美晴台を通るコースも検
討してはいかがでしょうか。
   
途中、滑りやすい場所もありますが、十分に
気を付ければ、子供でも下りられるコースで
す。
   
美晴台にもベンチがあるので、こちらで少し
休憩をしてから、無理せずゆっくりと下山す
ると良いでしょう。

   

ただし、帰りのケーブルカーの時間には気を
付けてください。
土日祝日で、17時までとなっています。
必ず、ケーブルカーに乗れるように時間に余
裕を持って、下山しましょう。

   

神奈川・大山登山に適した服装や持ち物は?

では、子連れで大山登山に行く場合の服装
見ていきましょう。
   

大山登山に適した服装は、大人・子供ともに、
ジーンズ以外の長袖・長ズボンです。
   
ジーンズ素材は、雨が降ってきた時に、濡れ
て重くなるので、避けてくださいね。
   

そして、山は平地よりも冷えるので、必ず上
着を1枚持って行ってください。
撥水性のある薄手のものなどが良いですね。
気候によっては、防風できるタイプなどがあ
ると良いでしょう。
   

靴は運動靴(スニーカー)を履くようにし、か
かとの高い靴や、歩きづらい靴はNGです。
大山は、子供でも登山しやすいコースですが、
滑りやすいところもあります。
なので、滑りやすい靴底のものも避けましょう。

   

つづいて、持ち物ですが、絶対に欠かせない
のが、飲料です。
これは少し多めに持って行きましょう。
登山をする場合、特に子供は水分が不足する
と、後で大変な事態になるケースがあります。
蒸し暑い日などは、熱中症の危険が高まるの
で、多めが安心です。

   

そして、急に雨が降ることもあるので、折り
たたみ傘とポケットタイプのレインコートは
必須です。
タオルも忘れずに持って行きましょう。

   

さらに、お弁当と、小腹が減った時のための
おやつを少し持って行くと良いですよ。
ちなみに、おやつは、すぐにエネルギーにな
るバナナやチョコレートがオススメです。

   

ほかには、ビニール袋を多めに持って行くと、
いざという時に使えて便利ですよ。
   
日差しが強い時期なら、汗ふき用タオル・日
焼け止め・着替え用の下着なども持って行く
といいでしょう。

   

さいごに

神奈川県の大山は、ケーブルカーを使えば、
子供でも負担なく登ることができます。

道もかなり整備されているので、デコボコし
ておらず、歩きやすいですよ。

そして、服装はジーンズ以外の長袖・長ズボ
ンに、運動靴(スニーカー)を履いていきましょう。

持ち物は色々ありますが、上着と多めの飲料
や食料品は必携と考えてください。

神奈川県・大山は、子供でも登りやすい山で
すが、油断は禁物です。
お子さんと離れず、安全に登山してくださいね。

   

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする