鯉のぼり一覧

鯉のぼりを処分する時期は?供養したほうがよい?自宅でできる供養

男の子が生まれて用意した「鯉のぼり」。 その子の健やかな成長や出世を願って、毎年5月5日の『端午の節句』に あわせて、「鯉のぼり」を飾りますよね。 そんな「鯉のぼり」も、子どもが大きくなってくると、飾らなくなってし まいます。 そして、その役目を終え、処分するときが・・・。 でも、処分って、「いつ」「どのように」したら良いのでしょうか? そのまま捨てちゃうのか、それとも、ちゃんと供養したほうがよいのか。 「鯉のぼりの処分」は、一体どうするのが正解なのかを見ていきましょう。

端午の節句に飾る鯉のぼりの由来!何歳まで?設置時期と夜はしまう?

入園・入学・進級が終わり、新学期が始まった頃にやってくる「鯉のぼり」の季節。 5月5日は『子供の日』で、『端午の節句』ともいいます。 この時に「鯉のぼり」を飾るのはなぜなのでしょうか? また、一体いつから飾って、いつまであげておけば良いのかご存知ですか?そして、何歳まで? 今回は、そんな「鯉のぼり」の由来と、設置する年齢や時期について、ご紹介していきます。