ときめき情報

日々のお悩みや疑問を『!』にする情報をご提供していきます☆

成人式で振袖を着た時の防寒対策は必要?防寒に便利なアイテム

   

『成人式』を迎えるお子さんがいらっしゃる方にとっては、準備もほぼ終わり、

当日の晴れ姿を楽しみにしておられる頃でしょう。

娘さんが、「振袖」を着られる予定なら、段取りが大変だったのではとお察しします。

振袖選びから、着付けの予約など、早くから手配された方もいらっしゃることでしょう。

あとは、『成人式』当日になるのを待つのみ・・・

でも、当日の天候については大丈夫でしょうか?

『成人式』が行われる頃は、年末年始よりも寒いことがあります。

「振袖」での「防寒対策」はどうされますか?

今回は、「振袖」を着る時の「防寒対策」についてご紹介します。

スポンサードリンク

成人式で振袖を着る時の防寒対策は必要?

最近は、年末年始がわりと暖かくて過ごしやすいことが多いですよね。

しかし、『成人式』の頃は、雪があまり降らない地域でも、雪がちらついたりと寒くな

ることがあります。

このように寒くなった場合、「振袖」での「防寒対策」は必要なのでしょうか?

 

「振袖」を着る場合、

肌襦袢(はだじゅばん)→ 長襦袢(ながじゅばん)→ 振袖

といった順番で着ます。

補正用のタオルも巻くので、上半身はわりと暖かいです。

ですから、上半身の「防寒対策」はしなくても大丈夫でしょう。
 

しかし、下半身は、「防寒対策」が必要でしょう。

冷え性の女性も多いので、足先は寒さを感じやすく、「防寒対策」をした方が良いです。

この場合、階段を上がる時などに見えないよう、丈に気を付けて着用しましょう。

 

また、「振袖」を着る場合、衿の部分を開けるので、” 首の後ろ” が寒いです。

スポンサードリンク

ショールやストールがあれば風を防げるので、「防寒対策」となるでしょう。
 

そして、” 腕” も寒さを感じる部分となります。

袖から風や冷気が入ってくるので、腕を覆うことができるアイテムを準備しておくと安

心です。

成人式の振袖での防寒に便利なアイテム

では、「振袖」での「防寒対策」に便利なアイテムをご紹介します。
 

和装用スリップ

肌襦袢と裾よけが必要なくなります。

「防寒対策」になりますし、着替えも楽になります。
 

ハーフ丈のレギンス

丈が長いと、見えてしまうことがあるので、ハーフ丈のものを選びましょう。
 

5本指タイプのストッキング

足先の「防寒対策」に役立ちます。

肌に近い色のものを選びましょう。
 

冬用足袋&足袋カバー

足先は、外気にさらされるので、しっかり「防寒」したいところです。

裏起毛の足袋など、冬用の足袋があると便利です。

また、防水タイプの足袋カバーがあると、雨や雪などの日でも足先が濡れません。
 

ロング手袋 & アームウォーマー

レースがついたアームウォーマーならお洒落に着用できます。

” 腕” や” 手” は、冷たい外気が直接肌にあたりやすい部分ですので、必須アイテムです。

さいごに

『成人式』はあっという間に終わってしまうでしょうが、人生の節目にふさわしい素敵な

時間を過ごしてもらいたいですよね。

風邪を引いたりしないよう「防寒対策」をして、身も心も温かな記念日となると良いですね。

スポンサードリンク

 - 行事 ,