秋の七草について起源や特徴とは?画像あり!楽しみ方は覚え方!?

「春の七草」をご存知の方は多いでしょう。
その時期になると、スーパーなどで「七草粥セット」を見かけますよね。
なので、毎年食べられている方もいらっしゃるでしょう。

では、秋にも「秋の七草」があるのをご存知でしょうか?
「秋の七草」とはどんな植物なのでしょう。
また、食べられるのでしょうか?

今回は、そんな「秋の七草」について起源や特徴などをご紹介して
いきます。

スポンサードリンク

秋の七草について起源とは?

「秋の七草」は、奈良時代の貴族・歌人であった山上憶良が、『万葉集』にある
歌の中で選定した植物です。

” 秋の野に 咲きたる花を 指折りて かき数ふれば 七種(ななくさ)の花

 萩の花 尾花葛花 撫子の花 女郎花 また藤袴 朝貌(あさがお)の花 ”

こちらが、その『万葉集』の歌になります。
この歌の中で詠まれている7種類の植物が、「秋の七草」です。
「秋の七草」には、秋に花の咲く草花で代表的なものが選ばれています。

「秋の七草」

★ 萩(はぎ)

★ 尾花(おばな)→ 薄(すすき)

★ 葛花(くずばな)→ 葛(くず)

★ 撫子(なでしこ)

★ 女郎花(おみなえし)

★ 藤袴(ふじばかま)

★ 朝貌(あさがお)・・・「桔梗(ききょう)」

この中で、「朝顔」は、もともと日本の植物ではありません。
ですが、この頃にはすでに日本でも広く栽培されていたそうです。
ただ、『万葉集』のなかで詠まれている「朝顔」とは、「桔梗」だったという説
が定説となっています。

一方で、今のアサガオや、ムクゲ、ヒルガオとの説もあります。

秋の七草の特徴は?

このように「秋の七草」を見てみると、よく知っている植物もありますね。
「秋の七草」について、それぞれの特徴を見てみましょう。

★ 萩(はぎ)

秋の七草について はぎ

マメ科ハギ属ヤマハギ亜属の総称。
北海道南部から九州に分布しており、草地や林などでよく見られます。
園芸品種も多く出回っており、庭木にもよく利用されます。

【特徴】

落葉低木。総状花序。花期は7月から9月。紅紫色の小花を咲かせます。

★ 薄(すすき)

秋の七草について すすき

イネ科の多年草。
日本各地の日当たりの良い草地など、山野のいたるところに生えます。
近年は、開発が進む地域で見かけることが少なくなりました。

【特徴】

・多年草
・花期は秋
・茎の高さは1m~1.5mほどになります。

★ 葛(くず)

秋の七草について 葛の花

マメ科のツル植物。
北海道から九州に分布しており、山野のいたるところでよく見られます。
紫色の花が房状に咲きます。根からとったデンプンは、「葛粉」として利用さ
れます。
また、クズの根は、感冒薬の葛根湯(かっこんとう)に用いられています。

【特徴】

・つる性木本
・総状花序 (※)
・花期は7月~9月
・紅紫色の小花を咲かせます。

※総状花序(そうじょうかじょ)・・・主軸が長く伸び、柄のついた花が間隔を
あけて付いているもの。

★ 撫子(なでしこ)

秋の七草について なでしこ

スポンサードリンク

ナデシコ科の多年草。
北海道から九州の日当たりのよい草地や河原に生えます。
多くの園芸品種があります。

【特徴】

・多年草
・花期は7月~9月
・花弁が細かく裂けているのが特徴で、淡紅色の花を咲かせます。

★ 女郎花(おみなえし)

秋の七草について オミナエシ

オミナエシ科の多年草。
日本各地の日当たりのよい山野に生えます。
名前の由来は、粟粒に似た花を咲かせることから「女飯」が変化したものと言わ
れています。

【特徴】

・多年草
・花期は8月~10月
・茎の上部に黄色い小さな花を多数咲かせます。
・花には独特のにおいがあります。

★ 藤袴(ふじばかま)

秋の七草について ふじばかま

キク科の多年草。
関東地方以西の本州と、四国、九州に分布しています。
河川敷や堤防などに生えます。
野生のものは数が減っており、絶滅危惧種に指定されています。
花屋さんで売られているものは、切り花用に改良されたものです。
乾燥させた葉は、良い香りがします。
そのため、中国では古くから香草として使われてきました。
花の形が袴(はかま)に似ているので、藤袴と呼ばれます。

【特徴】

・多年草
・花期は8月~9月
・淡い紅紫色の花を咲かせます。

★ 桔梗(ききょう)

秋の七草について 桔梗

キキョウ科の多年草。
日本各地の日当たりの良い草地に生えます。
自生株が減少しており、絶滅危惧種に指定されています。
「古今和歌集」や「源氏物語」にも登場するほか、家紋として古くから用いられ
てきました。

【特徴】

・多年草
・花期は8月~9月
・茎の先に風船のように膨らんだ蕾が開いて星型の青紫色の花を咲かせます。

▼ 秋の七草の「花言葉」については、こちらの記事でご紹介しています。
秋らしい素敵な花言葉ばかりです!

『秋の七草の花言葉と生け花で楽しむには?中秋の名月に飾りましょう!』

秋の七草の楽しみ方は?

「春の七草」は、「七草粥」にして食べますが、「秋の七草」も食べるので
しょうか?
「秋の七草」には、それぞれに薬効成分が含まれています。

ですが、専門的な知識が必要なので、「秋の七草」は、食べて楽しむものでは
ありません。

では、「秋の七草」の楽しみ方を見ていきましょう。
「秋の七草」は、秋に美しく花を咲かせる植物が多く選ばれています。
なので、鑑賞して楽しむことができるのです。
お気に入りの場所に飾って、ご家族で目で見て楽しんではいかがでしょう。

また、「春の七草」は、小学校によっては、国語の授業で読んで覚えたりし
ます。

同じように、「秋の七草」も、覚えて楽しんでみてはいかがでしょうか?
面白い覚え方があるので、ご紹介しますね。

★「ハスキーなお袋」での覚え方

「ハ」・・・萩(はぎ)
「ス」・・・薄(すすき)
「キ」・・・桔梗(ききょう)
「-」
「な」・・・撫子(なでしこ)
「お」・・・女郎花(おみなえし)
「ふ」・・・藤袴(ふじばかま)
「く」・・・葛(くず)
「ろ」

★「お好きな服は?」での覚え方

「お」・・・女郎花(おみなえし)
「す」・・・薄(すすき)
「き」・・・桔梗(ききょう)
「な」・・・撫子(なでしこ)
「ふ」・・・藤袴(ふじばかま)
「く」・・・葛(くず)
「は」・・・萩(はぎ)

他にも覚えやすい語呂合わせがないか考えてみるのも良いでしょう。
頭の柔らかいお子さんなら、もっと面白い覚え方が見つかるかもしれませんね。

さいごに

秋は、自然を楽しめる季節です。
お月見に「秋の七草」を飾って、秋の風情を堪能してみてはいかがでしょうか。
「秋の七草」は食べられませんが、美しい植物ばかりです。
なので、鑑賞するのにぴったりですよ。

また、お子さんと「秋の七草」ゲーム感覚で覚えるのも楽しいでしょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする