きのこの保存でしいたけは?干すのが正解!?干し方と保存方法

きのこは、1年中スーパーなどで購入できるので、料理に使う頻度も高い

ですよね。

お味噌汁や煮物、炒め物など、さまざまな料理に使えます。

なかでも、「しいたけ」は、食卓にはかかせませんよね。

ですが、「しいたけ」って、上手に保存しないとすぐに傷んでしまいます。

そこで、「しいたけ」の保存方法について見ていきましょう。

スポンサードリンク

  

きのこの保存でしいたけは?

きのこ類は、基本的にそのままでは長く保存できません。

” そのまま” というのは、「常温保存」ということなのですが、きのこ類の

なかでも、特に「しいたけ」は、常温保存に向きません

常温に置いておくと、「しいたけ」に含まれているメラニン色素によって、

傘の裏側が黒く変色してしまいます。

このような状態になると、風味も劣り、食感も悪くなります。

   

では、「しいたけ」は、どのように保存するのがよいのでしょうか?

   
冷蔵庫で保存する場合は、湿気に気を付けましょう。

「しいたけ」は、湿気を嫌います。

なので、保存する場合は、キッチンペーパーで包みましょう。

そして、軸を上にしてポリ袋に入れてから、冷蔵庫で保存します。

保存期間は、1週間~10日程度です

   

冷蔵保存よりもおすすめなのが、冷凍する方法です。

きのこ類は、冷凍保存ができます。

ただ、冷凍すると食感が悪くなるので、冷凍保存に向かないきのこもあります。

ですが、「しいたけ」は、冷凍に向いています。

というのも、「しいたけ」は、冷凍すると、旨みが増すのです。

食感も気になりません。

   
おすすめの冷凍方法をご紹介します。
   
まず、濡らしたキッチンペーパーで汚れを拭き取ります。

そして、食べやす大きさにカットするか、薄くスライスします。

これを、ジップロックなどの保存袋に入れて、冷凍庫で保存します。

料理に使う時は、凍ったまま使えます。

スポンサードリンク

冷凍保存の期間は、約1ヵ月です

   

しいたけの保存は干すのが正解!?

「しいたけ」を長期保存するなら、冷凍保存がおすすめとご紹介しましたが、

実は、「しいたけ」をより美味しく保存する方法があるのです!

それは、「干す」という方法です。

   
天日で干した「しいたけ」、つまり「干ししいたけ」は、旨みがぐっと凝縮さ

れているのです。

   

購入して使い切れない「しいたけ」は、数時間でも天日干しすると、傘の裏の

変色を緩やかにしてくれます。

ですが、ある程度しっかり天日で干す方がおすすめです。

保存期間も長くなりますし、何より、旨みと栄養が増します

   
「しいたけ」には、『エルゴステロール』という成分が含まれており、これが、

紫外線を浴びると、『ビタミンD』に変わります。

そして、『食物繊維』や『カリウム』も10倍近くアップするのです。

   

しいたけを長期保存できる干し方と保存方法は?

では、「しいたけ」の干し方と保存方法をご紹介していきます。

   

「しいたけ」は、そのままでもいいですし、薄くスライスして干してもよいです。

   

① 天気の良い日に、ザルに並べた「しいたけ」を干します。

 日光が当たる風通しのよい場所で干します。
   
② 5~7日程度干します。

 (スライスの場合は、3日程度)

   
③ ジップロックなどの保存袋などに入れて、常温で保存します。

 保存期間は、2ヶ月程度です。

   

このように、「干ししいたけ」って、ご家庭でも簡単に作れます。

お店で買うと、結構いいお値段がしますよね。

お得に購入できる時にちょっと多めに買って、「干し」ておいてもいいですね。

   

さいごに

常温保存では傷みやすい「しいたけ」。

上手に保存するには、「干す」のがおすすめです。

干して旨みと栄養がアップした「しいたけ」は、長期保存に最適です。

   

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする