肌弱い赤ちゃんに日焼け止めは使わないほうがよい?塗る量と落とし方

暖かくなってくると、お出掛けする頻度が増えますよね。

でも、そんな季節は「紫外線」が気になります。

とくに、赤ちゃんの紫外線対策は、どうすれば良いのか悩むところでしょう。

上にお姉ちゃんやお兄ちゃんがいると、なおさらお出掛けが増えるので、真剣に考え

なければなりませんよね。

大人は日焼け止めを塗ればいいけど、赤ちゃんには、日焼け止めを塗っっても大丈夫

なのでしょうか?

それに、肌が弱い場合は、どうすれば良いのか気になりますよね。

そこで、今回は、「赤ちゃんの日焼け止め」についてご紹介していきます。

スポンサードリンク

肌が弱い赤ちゃんには日焼け止めを使わない方が良い?

上のお子さんがいらっしゃると、新学期が始まり、さまざまな行事が待っています。

幼稚園児・保育園児や小学生だと、親子遠足や運動会など、親も参加する行事があります

よね。

それには、赤ちゃんも連れて行かれることでしょう。

でも、紫外線が強い時期になるので、「紫外線対策」が気になりますよね。

まずは、赤ちゃんの「紫外線対策」として、「日焼け止め」の使用について

見ていきましょう。

近年は、紫外線が強くなってきています。

そのため、皮膚の表面が日焼けするだけでなく、皮膚の深層にまで紫外線が届くといわれて

います。

これにより、シミができやすいといわれているのです。

また、「紫外線」の影響でアトピーなどになってしまう場合もあるようです。

なので、赤ちゃんにも、「紫外線対策」は必要なのです。

その「紫外線対策」のひとつとして、「日焼け止め」を使用しますよね。

赤ちゃんにも、「日焼け止め」は塗ったほうが良いとされています。

ですが、「日焼け止め」の選び方や使用方法には注意が必要です。

では、肌が弱い赤ちゃんの「日焼け止め」は、どうすれば良いのでしょうか?

肌が弱い赤ちゃんの場合は、まずは、かかりつけの皮膚科で相談するのが一番です。

これまでに、パッチテストで赤く反応したり、肌荒れしやすいと感じたことがあるなら、

肌が敏感な赤ちゃんなのでしょう。

このような赤ちゃんには、いきなり市販の日焼け止めを使用しない方が安全です。

成長とともに、肌も強くなっていきます。

市販品でも大丈夫なようなら、「日焼け止め」の選び方や使用方法に気を付けて、塗って

あげましょう。

また、上のお子さんの行事などとは関係なく外出する場合は、「日焼け予防対策」を行う

と良いでしょう。

「日焼け止め」を出来れば塗りたくないという場合には、ぜひ、取り入れてみてください。

★ 日差しの弱い時間帯に短時間で外出する


★ 日陰を選んで移動する

ベビーカーや抱っこ紐での移動の際、日陰を選び歩く


★ 風通しの良いおくるみや帽子・衣類でカバー

風通しの良い素材の長袖&長ズボンを履かせましょう。

帽子をかぶらせたり、おくるみを日除けに使用しましょう。

タオルでも良いですよ。

赤ちゃんの日焼け止めは肌に優しいものを!

まず、「日焼け止め」は、いつから塗ることができるのか分かりませんよね。

市販品でも、月齢が低いうちから使える「日焼け止め」があります。

しかし、あまり早いうちから「日焼け止め」をベッタリ塗るのはよろしくありません。

生後3ヶ月頃までは長時間の外出を控え、出来るだけ「日焼け止め」を使わないでいいよう

にしましょう。

そして、「日焼け止め」の選び方ですが、大人用の日焼け止めを薄く塗れば大丈夫という訳

スポンサードリンク

ではありません。

赤ちゃんの「日焼け止め」は、肌に優しいものを選んであげましょう。

なので、必ず「ベビー用」と表記されているものを使用してくださいね。

「ベビー用」であれば、無添加・無香料・低刺激のものが多いでしょう。

また、「日焼け止め」に表記されている 『SPF』ですが、これは、「落ちにくさ」の数値

です。

この数値が大きくなるほど、” 落ちにくい” ということになります。

” 落ちにくい” ということは、肌への刺激も強くなってしまいます。

赤ちゃんには、『SPF15』くらいのものが良いとされています。

「石けんで簡単に落とせる」など、いろいろな商品があります。

選ぶ際には、説明をよく読んで購入するようにしましょう。

使用する時には、パッチテストをして、肌に異常が起きないことを確認してから塗って

あげましょう。

▼ 「ALOBABY UV&アウトドアミスト」
天然由来の優しい成分で作られているUVミストです。
純国産で、無添加・無香料・無着色!
『SPF15』で赤ちゃんにも安心して使えます。(税抜価格:2,350円~)

赤ちゃんの日焼け止めを塗る量は?

赤ちゃんに「日焼け止め」を使用する場合、塗る量などが気になりますよね。

では、< 塗る量 >< 塗り方 > を見ていきましょう。

★ 顔に使用する場合

< 適切な塗る量 >

クリームタイプは、パールの大きさの量。

液タイプは、1円玉の大きさの量。

< 塗り方 >

額、鼻の頭、頬、顎に少しずつ分けて乗せて、最後に顔全体に均等に伸ばしてあげます。

これをもう一回、重ねてあげます。

耳と鼻と首は塗り忘れないようにしてあげてくださいね!


★ 腕や足などに使用する場合

< 適切な塗る量 >

顔と同じ量で大丈夫です。

< 塗り方 >

腕に直接日焼け止めを塗り、手首から肘の位置までくるくると回しながら塗っていきます。

外側だけではなく、内側もしっかり塗ってあげてくださいね。

汗をかいたり、擦れたりすると日焼け止めが落ちてしまいます。

2時間を目安に、汗を拭き取り日焼け止めを塗り直してあげましょう。

赤ちゃんの日焼け止めを落とす方法

「日焼け止め」を塗ったら、その日の夜にお風呂できちんと落としてあげましょう。

顔も、ベビー用石けん等で洗ってあげてください。

顔を洗う際に嫌がるかもしれませんが、お水だけで流すより、きちんと落とすことができます。

「日焼け止め」によっては、落とし方が異なる場合もあります。

商品の使用上の注意を、ちゃんと読んでおきましょう。

さいごに

ベビー用の「日焼け止め」だとしても、赤ちゃんによって合う合わないがあります。

必ずパッチテストをして合うかどうか見てあげてから使用しましょう。

また、「日焼け止め」を塗るときは、大人用の日焼け止めを薄く塗れば大丈夫という訳ではあり

ません。

必ず、ベビー用の低刺激の「日焼け止め」を使用しましょう。

「日焼けをするのは健康なしるし!」というのはひと昔前の話です。

昔よりも強くなっている「紫外線」は、大人になってから良いことはありません。

なので、赤ちゃんの「紫外線対策」は、まわりの大人が注意してあげる必要があるのです。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする