ママ心配!?赤ちゃんの湿疹が顔にできる原因は?肌に合わせた対処を!

「初めての出産」ということは「初めての子育て」ということですよね。

初めての子育では、沢山の疑問や心配事が出てきます。

私もそうでした。

赤ちゃんのかわいい顔に湿疹が出来でもしたら、「何これ!?大丈夫なの?」と不安

になってしまいます。

そこで、今回は「赤ちゃんの顔にできてしまう湿疹」について原因などをご紹介し

ていきます。

また、赤ちゃんのお肌に合わせた対処法についても見ていきましょう。

スポンサードリンク

  

赤ちゃんの顔にできる湿疹の原因は?


まず、赤ちゃんにできてしまう湿疹を、『乳児湿疹』といいます。

『乳児湿疹』とは、新生児期から乳児期にかけて現れる湿疹の総称です。

生後6ヶ月頃までの湿疹は、原因特定が難しいのです。

そこで、赤ちゃんのお肌トラブルをまとめて、『乳児湿疹』といわれるのです。

その症状は、「カサカサしている」「ジュクジュクになってしまった」「ベタベタし

ている」など、さまざまです。

   

また、「顔」だけではなく、体や手足などあらゆるところに出ることがあります。

   

では、『乳児湿疹』の主な原因とはなんなのでしょうか?

『乳児湿疹』の主な原因は3つあります。

★ 肌が乾燥しやすい

生後3ヶ月を過ぎると、赤ちゃんの皮脂の分泌が落ち着いてきます。

そのため、「乾燥」に弱くなってしまいます。

そして、赤ちゃんの肌が「乾燥」に耐えられなくなって、湿疹が出てきてしまうのです。

この「乾燥」による湿疹は、「乾燥性皮膚炎」といわれます。

特に、「生後3ヶ月以降に冬を迎える」赤ちゃんは注意が必要です。

「生後3ヶ月以降に冬を迎える」とうことは、「7月~10月頃に生まれた」赤ちゃん

ということになります。

   

★ 皮膚の角質層が薄い

肌の角質層には、「潤いを保つ」「有害物質の侵入を防ぐ」などの大切な役割があります。

しかし、赤ちゃんの角質層は、未熟で薄いため、どうしてもダメージを受けやすい肌状況

にあります。

そのため、寒暖差やハウスダスト・ダニなどのアレルギー反応などとしても湿疹が出やす

くなるのです。

新生児から乳児期にかけては、原因を特定するのはとても難しいとされています。

なので、この時期は、『乳児湿疹』とされることが多いのですが、成長するにつれて原因

が特定されてきます。

なかには、『乳児湿疹』だと思っていたものが、「アトピー性皮膚炎だった」という事例

もあります。

「2ヶ月以上もじゅくじゅくの状態が続く」などの症状があるなら、要注意です。

スポンサードリンク

早めに受診しましょう。

   

★ 皮膚と汗の分泌が盛ん

赤ちゃんの肌は、「新陳代謝が活発」です。

特に、新生児期~生後3ヶ月頃までは、ママの女性ホルモンの影響で皮脂が多く分泌されます。

ですが、毛穴は、まだまだ小さいので皮脂がたまりやすいことが原因となります。

「乳児脂漏性湿疹」や「新生児ニキビ」は、このためにできてしまいます。

   

赤ちゃんの顔に湿疹ができた時の対処法は?


では、ご自分の赤ちゃんに『乳児湿疹』ができた場合の対処法を見ていきましょう!
   
『乳児湿疹』のケアは、「清潔に保つこと」と「保湿をしてあげる」ことがとても大切です。

そして、赤ちゃんの肌状態に合わせたケアをしてあげなければなりません。

   

では、具体的にはどのようにすればよいのかをご紹介していきます。
   

★ 赤ちゃんの肌が「乾燥」している時のケア

赤ちゃんの肌が乾燥している時は、低刺激のベビー用ローションなどで保湿をしましょう。

お風呂上がりなども、汗をかいて乾燥しやすくなっています。

きちんとローションや保湿クリームなどで保湿をしてあげてください。

ローションやクリームの量は、お顔なので「一回一円玉くらい」の大きさが目安です。

室内の湿度も気にかけてあげましょうね。

   

★ 「皮脂の分泌が多い」時のケア

「皮脂の分泌が多い」時は、肌の表面に雑菌がつきやすくなっています。

なので、汗をかいた後などは、ガーゼで優しく拭いてあげましょう。

お風呂では弱酸性の石鹸をしっかり泡立てて、泡で優しく洗ってあげます。

石鹸などのすすぎ残しがないように、ちゃんと洗い流してあげてくださいね。

「新生児ニキビ」が顔にできた場合は、入浴時に顔も石鹸の泡で洗ってあげることで、

ブツブツのケアができます。

すすぎの時は、シャワーだけではなく、お湯に浸したガーゼで、泡が残らないように

優しく拭いてあげることも大切です。

   

さいごに


赤ちゃんの湿疹は『乳児湿疹』といわれ、原因は様々です。

もしかしたら、他の理由もあるかもしれません。

今回ご紹介したのは、主な原因になります。

なので、もし他の症状があったり、症状がひどくなる場合などは受診しましょう。

また、保湿ローションなどは、低刺激のもので赤ちゃんにも安心して使えるものを

選んでくださいね。

赤ちゃんのお肌は、とても敏感です。

ママである私たちが守ってあげたいですよね。

   

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする