ときめき情報

日々のお悩みや疑問を『!』にする情報をご提供していきます☆

大洗の潮干狩りはあさりだけじゃない!?バーベキューも楽しめる?

   

春のイベントといえば、お子さんの入園や入学、卒園に卒業、会社や家族でのお花見・・・。
あれっ!?何か忘れていませんか?
春のイベントは、これだけではありませんよね。
そう、「潮干狩り」です。
「潮干狩り」は、春が1番旬の時期を迎えるんですよ!
「潮干狩り」って、なんとなく地味なイメージがあるかもしれませんね。
ですが、実はお子さんも一緒に家族で楽しめる、素晴らしいレジャーなのです。
今回は、茨城県の大洗町にある『大洗サンビーチ』で楽しめる「潮干狩り」にスポットライトを
当てていきますよ。

スポンサードリンク
  

大洗の潮干狩りはあさりだけじゃない!?

さて、「潮干狩り」というと、どんなイメージを持たれているでしょうか。
ずっと座って砂を掘っていて地味?
なんとなく汚れるから嫌?
このように、人によってはあまりいいイメージを持たれていない方もいるでしょう。
 

しかし、「潮干狩り」は、お子さんも楽しめる立派なレジャーです。
そして、特に何も準備しなくても気軽に行うことができると、今ちょっとしたブームを巻き起こ
しているんです。
   

まず、「潮干狩り」とは潮の満ち引きのある砂浜で、潮が引いた時に砂の中にいる貝類を取るこ
とですよね。
つまり、この ” 潮の満ち引き ” が大事になってくるんです。
 

大洗のサンビーチでは、潮見表という潮位や地域ごとの満潮、干潮の時間などが書いてある表が
あります。
お出かけになる際には、是非とも参考にしましょう。
 

今回ご紹介している『大洗サンビーチ』での「潮干狩り」ですが、4月中旬~6月中旬頃まで
ベストシーズンとなります。
4月になったら、潮見表などをこまめにチェックしましょう。
 

『大洗サンビーチ』での貝の種類ですが、「あさり」のほかにも、「ハマグリ」「ホッキ貝」
「コタマ貝」を採ることができます。
どの貝も、肉厚&ジューシーで美味しいですよね。
 

そして、『大洗サンビーチ』の1番の特徴は、” 無料 ” で「潮干狩り」が出来てしまうというと
ころです。
とはいえ、資源保護のための採取制限があります。
採取量は、「1日1人1キロまで」となっています。
『大洗第1サンビーチ』は、保護区域となっています。
「潮干狩り」ができるのは、『大洗第2サンビーチ』となりますので、ご注意ください。
 

スポンサードリンク

もちろん、駐車場も完備されており、駐車料金も ” 無料 ” です。
砂を掘る道具や、貝を持って帰る容れ物さえあれば、OKなんです。

 

『大洗サンビーチ』

(所在地)

茨城県東茨城郡大洗町港中央

 
(お問い合わせ)

大洗観光協会:TEL 029-266-0788

大洗の潮干狩りではバーベキューも楽しめる?

『大洗サンビーチ』の大きな特徴として、無料で「潮干狩り」が楽しめる以外にも、様々な遊びが
楽しめるのです。

目の前は大きな海ですので、海水浴に磯遊び、地引網体験や釣り、マリンスポーツやキャンプまで
体験することができます。
地引網は、大人数で網を引っ張らなければいけないので、団体様のみとなっていますのでご注意く
ださい。
 

また、『大洗サンビーチ』には、キャンプ場も2つ存在します。
「大洗サンビーチキャンプ場」は、潮騒を間近に聞けるようなシーサイド・キャンプグラウンドです。
もう1つの「大洗キャンプ場」は、『幕末と明治の博物館』を包む静かな松林の中にあるのが特徴です。
どちらでもお好みの方で楽しんでください。
 
こちらでは、バーベキューを楽しむことも出来ます。
1区画10名様までで、炭や着火剤などは貸してもらえます。
包丁やまな板がないので、材料と一緒に持って行くのを忘れないようにしましょう。
 

また、その広大な敷地内には、アウトレットや科学館、水族館やマリンタワーまであります。
子供だけでなく、大人も1日居ても飽きませんよ。
まさに、『大洗サンビーチ』は、海で出来ることが何でもできる場所なんですね。
 

まだまだありますよ。
『大洗サンビーチ』の周りには、海ならではの食材を使った飲食店が数多く軒を連ねています。
新鮮な魚介類を楽しめるのも、海の近くならではですね。
 

ここで、1つ注意点です。

『大洗サンビーチ』の駐車場が工事中のため、通常よりも狭くなっています。
お出かけになる際は、ご注意くださいね。

さいごに

今年こそ、念願の「潮干狩り」デビューを考えているあなた。
こちらの『大洗サンビーチ』はいかがでしょうか。
「潮干狩り」ができるのはもちろん、お子様連れでしたら、水族館やマリンタワー、磯遊びなんかも
楽しいでしょう。
ママには、周辺にある海の幸を使った飲食店や、アウトレットもおすすめです。
今年の春夏は、家族全員が楽しめる『大洗サンビーチ』に出かけてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

 - レジャー ,