ときめき情報

日々のお悩みや疑問を『!』にする情報をご提供していきます☆

受験生を応援!夜食にはどんなものがよい?簡単メニューは?

   

冬に突入すると、受験生の勉強もいよいよ大詰めに入ります。

そんな受験生のお子さんを、何とか応援したいものですよね。

そのような愛情で、この時期から、一生懸命「夜食」を作ってあげるお母さんも多い

でしょう。

そこで、今回は、受験生の「夜食」には、どのようなものが良いのかをお話していきます。

また、受験生の「夜食」にぴったりの、栄養たっぷりな簡単メニューもご紹介します。

スポンサードリンク

  

受験生を応援!夜食にはどんなものがよい?

この寒い時期に、夜遅くまで受験勉強・・・。

やっぱりお腹が空きますよね。

そこで、お母さん達は「夜食」を用意するでしょう。

でも、「夜食」は、夜遅い時間に食べることになるので、何を食べても良いというわけ

ではありません。

夜遅い時間にものを食べると、太りやすくなってしまうからです。

大抵の場合、「夜食」を食べる前には、もう既に夕食を済ませていますよね。

それ加えて「夜食」を食べるのですから、ただでさえ摂取カロリーが多くなります。

さらに、夜の時間帯は、胃がもたれやすいので、消化がスムーズにできません。

本来であれば夜食は、「太る要素満載」なのです!

   
このようなことから考えると、受験生に出す「夜食」は、できるだけ「低カロリー」

であることが理想です。

なので、油っこいものや甘過ぎるものは控えた方が良いのです。
 

また、「消化の良いものを作る」ということもポイントの1つです。

前に述べたように、夜遅い時間は、胃がもたれ、消化の働きが鈍くなっています。

できる限りすぐに消化されてしまいやすいものが、「夜食」向きだと言えます。

 
具体的には、うどんおじやお餅などが

オススメです。

これらは炭水化物ではありますが、消化が良いので、「夜食」向きの食材です。

ただし、うどんを出す時は、高カロリーの具材を入れないようにしましょう。

 
逆に、夜食に向かない食材は、ラーメン・お菓子類です。

スポンサードリンク

ラーメンは、カロリーが高いため、夜遅い時間に食べると太る原因になります。

お菓子も、高カロリーです。

そのうえ、食感が軽いので、ついついキリもなく食べてしまいがちです。

なので、夜食としてお菓子を食べることはオススメできません。

受験生の夜食にぴったりの簡単メニューは?

ではつぎに、受験生の「夜食」にぴったりなメニューをご紹介します。
   

まずは、「野菜がたっぷり入ったおじや」です。
 

具材に使うたっぷりの野菜を、予め電子レンジで柔らかく温めておきます。

そして、その野菜をおじやに入れれば、米の量が少なくて済みます。

それにより、炭水化物を摂り過ぎることなく、栄養をバランスの良くしっかり摂る

ことができます。

ただし、食物繊維が豊富な野菜は、少しだけにしておきましょう。

なぜなら、このタイプの野菜は、消化があまり良くないためです。

   

つづいては、「ショウガ風味のとろとろ汁のうどん」です。
 

ショウガには体を温める効能があるので、冬の時期の「夜食」にはピッタリです。

すりおろしたショウガをだし汁にいれて、片栗粉でとろみをつけます。

汁がとろとろして、とっても美味しいですよ!

うどんは、できるだけ柔らかく煮込むようにしてください。

もし、「量が多いのでは?」と感じたら、うどんの量を半分に減らしても良いでしょう。

「夜食」の場合は、うどんの量は通常の半分で十分です。

さいごに

受験生の「夜食」には、カロリーが少なく、消化の良いものを出すようにしましょう。

夜遅い時間は食べ物をスムーズに消化しづらいので、太る原因になってしまいます。

また、消化の悪いものは、胃もたれの原因となり、胃腸にも良くありません。

このことから考えると、うどんやおじや・お餅などが最適といえるでしょう。

このような食材を使った温かい料理を出してあげると、受験生の健康も気遣えるでしょう。

そして、空腹を満たされ、お子さんにも喜ばれることでしょう!

スポンサードリンク

 - 赤ちゃん・子供 ,