お盆のお供え のしは内か外か?のし紙の書き方と日持ちするもの

お盆に、実家に帰省される際は、お供え物を用意されることでしょう。

そのお供え物に、「のし」は必要なのでしょうか?
また、「内のし」なのか「外のし」なのかも悩むところでしょう。

失礼があってはいけないので、のし紙の書き方も見ておきましょう。

そして、お供え物には日持ちするものが良いのでしょうか?
おすすめのお供え物についてもご紹介していきます。

スポンサーリンク

  

お盆のお供え のしは内か外か?

品物に「のし」をかける場合、「内のし」と「外のし」があります。
   

「内のし」とは、品物にのしをかけ、それを包装紙で包んでしまいます。

一方、「外のし」は、品物を包装紙で包んでからのしをかけます。

   

お盆のお供えには、「外のし」が良いでしょう。

というのも、お盆には親戚など多くの人がお供えするでしょう。
その際に、「外のし」の方が誰からのお供えなのか分かりやすいですよね。
なので、お盆のお供えは「外のし」にしましょう。

   

ちなみに、「内のし」は、どのような時にかけるのでしょうか?

出産の内祝いなどは、「内のし」が多いですね。

また、お供えを宅急便などで贈る場合は、「内のし」が良いケースもある
でしょう。

   

ところで、お盆のお供えには、実は「のし」ではなく、「掛紙」が使われます。

一般的には、慶事用には「のし」、弔事用には「掛紙」を使うのが正しいです。

よって、お盆のお供え物として品物を用意する場合は、「掛紙(かけがみ)」
を品物にかけます。

   

お盆のお供え のし紙の書き方

では、「のし紙」ではなく、「掛紙」の書き方を見ていきましょう
   

● お供え物の掛紙の水引
   
「結び切り」を用います。

色は、『黒白または双銀』、地域によっては『黄白』を使用します。
関西・中国・四国・九州の一部では、『黄白』が多く使われます。

   

スポンサーリンク

● 表書き
   
掛紙の上部「御供」と書きます。

   

● 名入れ
   
掛紙の下部氏名を記入します。

   

表書きや名前を入れない「無地のし」を使ってもよい場合もあります。

・自分の実家用
・日常的にお供え物をしている場合

それ以外の場合は、表書きや名前を入れるのがマナーです。

   

お盆のお供えには日持ちするものがいい?

「お供え物」には、故人や仏様に対して敬意を表し、感謝の気持ち
でお供えするという意味が込められています。
   

ですから、基本的には、『故人が生前好きだったもの』をお供えし
ます。

   
また、それ以外では、『そのご家族が好きな物』も喜ばれます。

この場合、「お盆の期間に仏前にお供えする」ものなので、日持ちす
る物が好まれます

さらに、お寺などにも持って行ける菓子折りなどは、多く選ばれています。
   

【お供え物のお菓子を選ぶポイント】
   
★日持ちするもの
   

★色があまり派手でないもの
   
赤や黄色など派手な色のお菓子は避けた方が良いです。

   

★個別に包装されているもの
   
お盆に親戚が集まると、お供え物でいっぱいになります。
これらのお供え物は、親戚や子供に分けて、持って帰るようになります。
なので、個包装されたものだと、分けやすいですね。

   

さいごに

お盆のお供え物には、「内のし」が良いでしょう。

そんな「のし」ですが、お盆のお供えにかけるのは、「掛紙」になります。
「掛紙」の表書きは「御供」とし、名前をフルネームで記入しましょう。

品物としては、故人が好きだったものや家族が好きなものが喜ばれます。
分けやすいように、個包装されているものもおすすめです。

   

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする