ときめき情報

日々のお悩みや疑問を『!』にする情報をご提供していきます☆

白髪は今までと同じヘアカラーで染まる?グレイカラーと改善方法

   

30代後半にさしかかってくると、体の老化が気になり始めます。

「髪」についても悩みが出てきていませんか?

最近「白髪」が増えてきた・・・・とか。

今回は、「白髪」のヘアカラーと改善方法についてご紹介します。

スポンサードリンク
  

白髪は今までと同じヘアカラーで染まる?

「白髪」は、30代になると気になり始める方が多いようです。

そして、40代になると頻繁に美容院通いされる方もめずらしくありません。

では、「白髪」は、今までと同じヘアカラーで良いのでしょう?

24dfb452c4610a8b75cda2b0da135486_s

ヘアカラーには、「おしゃれ染め用」のものと「白髪染め用」のものとがあります。

「おしゃれ染め用」のヘアカラーは、黒髪を染めるために作られています。

そのため、髪の色を明るくする成分が強くなっています。

この成分はダメージが少し大きくなり、また、薬剤が浸透しやすいように作られているので刺激

は強めになります。

カラーバリエーションが多いのが魅力ですが、色を明るくする成分が多いので、色持ちにやや劣

ります。

こちらのヘアカラーは、数種類の薬剤を配合して微妙なカラーにすることが出来ますが、色味に

よっては難しいものもあり、美容師さんの経験や技術によって仕上がりが違ってくる場合があり

ます。

c5ec145a4394b516c117fa8d608b55e5_s

一方、「白髪染め用」は、白髪を染めるために作られています。

なので、白髪に色を入れるように出来ているので、白髪はきれいに染まります。

ただ、カラーバリエーションが少なくなります。

こちらは、あらかじめブラウンが配合されており、色味の調整や薬剤の塗り方も、「おしゃれ

染め用」よりも簡単なので、美容師さんによる仕上がりの違いはほとんどありません。

このように、もともとの目的が違うので、「おしゃれ染め用」と「白髪染め用」のヘアカラーは、

仕組みが違う別のものとなります。

しかし、「白髪」が気になり始めたころは、今までと同じ「おしゃれ染め用」でもきれいに染

まるでしょう。

今後「白髪」が増えてくると、「白髪染め用」の方が良くなるかもしれませんので、その時は、

美容院で相談されると良いでしょう。

白髪にはグレイカラー?

悩みが出てくると、それまで聞き流していた言葉が気になり出すことがあります。

「白髪」に悩み始めると、「グレイカラー」という言葉が気になりませんか?

「グレイカラー」とは、「白髪染め用」のカラー剤のことです。

スポンサードリンク

白髪染めに適した薬剤をあらかじめ配合したカラー剤で、「おしゃれ染め用」と区別するため

に生まれました。

また、白髪染めには、「ヘナ/香草カラー」「ヘアマニキュア」といったカラー剤もあります。

●「ヘナカラー」や「香草カラー」は、天然の染料で作られています。

「ヘナカラー」は、100%天然のもので作られていますが、「香草カラー」は、10%未満

の化学染料が使われています。

天然の染料なので、頭皮や髪には優しいですが、染めるのに時間がかかります。

●「ヘアマニキュア」は、髪の表面に色を付けるものです。

髪の内部に薬剤を浸透させて発色させるカラー剤とは異なり、髪の表面にのみ色を付けるので、

ダメージは少ないです。しかし、色持ちはあまり良くありません。汗を沢山かく季節は、その

汗でも落ちてしまうので、暑い時期は不向きです。

白髪を改善する方法は?

675aa1880872daeecbf362882b93c7f7_s

ヘアカラーで「白髪」を隠しても、「白髪」が減るわけではありません。

ヘアカラーの色が落ちてくると、また「白髪」が気になります。

では、ほかに「白髪」を改善する方法はあるのでしょうか?

「白髪」を改善するには、体の内側からのケアが必要となります。

とっても基本的なことです。

● 質の良い睡眠

● 栄養バランスのとれた食事

● 規則正しい生活

こちらのどれもが大切な要素となります。

● 質の良い睡眠

「ご自分に合った寝具」「電気は消して寝る」「寝る前の飲食・パソコン・スマホは控える」

● 栄養バランスのとれた食事

「野菜を中心にバランスの良い食事」

● 規則正しい生活

「禁煙する」「飲酒はほどほどに」「趣味などでストレスを解消する」「適度な運動」

このような生活を心がけましょう。

「ストレスによって白髪が増えた」といったことを聞いたりしますが、「ストレス」は、

「白髪」に悪影響を与えます。私たちの体は、ストレスを感じると、体内の血流が悪くな

ってしまいます。

この「血流が悪い」という状態は、「白髪」だけでなく、体全体に悪い影響をもたらします。

出来るだけストレスをためない生活をしましょう。

そのためには、「質の良い睡眠」と「栄養バランスのとれた食事」はさらに重要となります。

子育てや家事・仕事で疲れた時は、栄養たっぷりの食事をして、早めに寝ましょう!

そうすると、「白髪」も減るかもしれません。

さいごに

「白髪」に悩み始めると、実際はそんなでもないのに、必要以上に気にしてしまうことがあります。

まずは、ヘアカラーで「白髪」をカバーし、さらに生活を見直して、「白髪」を減らしましょう。

あまり悩むのもストレスになるので、「白髪」を気にせず、規則正しい毎日を送ることを心がけま

しょう☆

スポンサードリンク

 - 生活 ,