ときめき情報

日々のお悩みや疑問を『!』にする情報をご提供していきます☆

かつおは美容にいい?!旬はいつなの?その栄養価については?

   

スーパーでよく見かける『かつお』ですが、
とても栄養価の高い食材なのをご存知ですか?
この『かつお』についてご紹介します。

スポンサードリンク
  

かつおは美容にいい?!

かつおには、美容にいい成分が含まれています。
ビタミンB群の含有量が豊富です。
中でも、ビタミンB6は、腸で吸収され皮膚の内部に到達し、
ダメージを受けた細胞に働きかけて細胞分裂を促す働きがあ
ります。
よって、お肌のターンオーバーを整え、お肌を再生してくれ
るのです。

かつおの旬はいつ?

美肌に効果的なら、美味しく食べて美しくなりたいですよね。
では、かつおの旬はいつなのでしょうか?

かつおの旬は1年に2回あります。

☆3月~5月にかけて旬を迎える「初かつお(上りかつお)」

☆9月~10月に旬を迎える「戻りかつお」

「初かつお」

赤道付近での産卵後、海流にのり、日本海にやってきます。

身は引き締まっていて、あっさりしています。

さっぱりしたのがお好きなら、こちらがおススメです。

「戻りかつお」

日本の東北あたりまで北上して餌を沢山食べて、産卵のために、

赤道付近まで南下していきます。

脂がのっているので、「とろかつお」 とも言われます。

濃厚な赤身が特徴です。

かつおの栄養価について

かつおは大変栄養価が高い魚です。

○良質なたんぱく質が豊富

 ・・・たんぱく質は筋肉や臓器をつくるもととなり、
    イワシやアジに比べて、1.5倍の含有量です。

○ビタミンやミネラルが豊富

 ・・・ビタミンでは、B群・Dが豊富で、ビタミンB12
    は魚肉の中ではトップです。
    ミネラルでは、カルシウム、カリウム、亜鉛など
    がバランスよく含まれています。
    特に、鉄分は血合いの部分に豊富に含まれており、
    レバーに匹敵するほどです。

スポンサードリンク

○かつおの脂は、血液をサラサラにしてくれるEPA
 &脳の働きを活性化するDHA を多く含んでいます。

 ・・・体内で血栓になりにくいので、動物性の脂を取
    るより健康的です。

○タウリンも多く含む

 ・・・肝機能を高める効果があり、かつおの血合の部分
    含まれる量は、魚のなかでもトップです。

○アンセリンも含んでいる

 ・・・2種類のアミノ酸がつながったイミダゾールペプチド
    の一種で、疲労時の栄養補給に良いです。

 → 高血圧・動脈硬化・肝臓疾患などの生活習慣病・悪性貧血
   ・子どもの発育不全・女性の不妊症・ボケなどの症状を予防
   する効果のある食品として近年注目されています。

☆女性にうれしい栄養素:特に血合いの部分に集中しています。

・ビタミンB1・・・疲労回復や神経に作用
・ビタミンD・・・は骨粗鬆症を防ぐ効果あり
・EPA・・・血液をサラサラに保つ
・鉄・・・貧血を防ぐ効果あり
・タウリンは・・・血液中のコレステロールを減らし、血圧降下の
         効果あり。動脈硬化の予防になる。

 → 更年期障害にはピッタリの食品と言えます。

まとめ

かつおには、美肌にいいだけでなく、女性にうれしい栄養素が
たくさん含まれています。
子育てで忙しくて、自分の事は後回しになりがちでも、これなら
手軽に実践出来るのではないでしょうか。
生活習慣病を予防したい方や貧血でお悩みの方、疲れやすい方、
骨や歯を強くしたい方にも効果があります。
今晩の夕食に、高たんぱく&低カロリーの旬の「かつお」をおす
すめします!

スポンサードリンク

 - 生活