ときめき情報

日々のお悩みや疑問を『!』にする情報をご提供していきます☆

年賀状とは違う「年始状」とは何?いつ出せばよい?書き方について

   

12月になると年賀状の準備を始める方も多いでしょう。

喪中の方は、それ以前に喪中はがきを用意されることと思います。

最近は、「年始状」を贈られる方も増えているようです。

今回は、「年始状」についてご紹介します。

スポンサードリンク

年始状とは何?

あまり聞き慣れないですが、「年始状」とは、どのようなものなのでしょうか?

「年始状」は、「謹賀」「慶賀」などのお祝いの言葉を書かない年始の挨拶状です。

東日本大震災の翌年から利用される方が増えてきました。

地震などで被災された方に出す場合などに利用されることが多いようです。

また、喪中であっても、「喪中はがき」を出すのかどうかを迷うような間柄の方にも出されるようです。

「喪中はがき」では、近況報告の内容を書きませんが、「年始状」には、書いても問題ありません。

年始状はいつ出せばよい?

1151280

では、「年始状」はいつまでに出せば良いのでしょうか?

「年始状」は、お祝いの言葉を控えて「年賀状」の代わりに出すものなので、お正月に届くように

出すと良いでしょう。

ただし、「年始状」は、普通のはがきを使用した方が良いとされているので、早めに出すと、年内

スポンサードリンク

に届いてしまいます。通常は、2~3日で配達されるので、年末に出すとよいでしょうが、

念のため、郵便局で確認されることをおすすめします。

年始状の書き方は?

2770117

「年始状」を書く際のポイントをご紹介します。

●「賀・慶・祝・寿」を含む「謹賀」「慶賀」などのお祝いの言葉は使わない。

● 新年の挨拶文と、近況報告を入れる。

" 新年の挨拶 " の文例としては、つぎのようなものがあります。

・「新春」「初春」「迎春」

・「謹んで新年のご挨拶を申し上げます」

・「あけましてありがとうございます」

・「New Year Greetings」

新年の挨拶文の後には、「お世話になったことへの感謝の言葉」「近況報告」

「本年もよろしくお願いします」といった文章を入れると良いでしょう。

さいごに

最近は、さまざまな新しい習慣が生まれつつあります。

「年始状」もそのひとつです。

「喪中はがき」の代わりに出したり、災害で被災された方へ出したりと、

利用される方がさらに増えてくるのではないでしょうか。

丁寧な新年の挨拶とともに、お互いの近況を報告しあうよい方法だと思います。

スポンサードリンク

 - 季節の挨拶